○赤磐市隣保館条例施行規則

平成17年3月7日

規則第118号

(趣旨)

第1条 この規則は、赤磐市隣保館条例(平成17年赤磐市条例第141号)第11条の規定に基づき、隣保館の運営管理に関し必要な事項を定めるものとする。

(開館期間及び開館時間)

第2条 隣保館の開館期間及び開館時間は、次のとおりとする。ただし、特別な理由があるときは、変更することができる。

(1) 開館期間 1月4日から12月28日まで

(2) 開館時間 午前9時から午後5時まで

(休館日)

第3条 隣保館の休館日は、土曜日、日曜日及び国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日とする。

(隣保館の利用)

第4条 隣保館は、館務に支障のない範囲内において利用させることができる。

2 前項の規定により、隣保館を利用しようとする者(以下「申請者」という。)は、隣保館利用許可申請書(様式第1号)を市長に提出し、その許可を受けなければならない。

3 市長は、前項の許可をしたときは、利用許可書(様式第2号)を申請者に交付する。

(職員)

第5条 隣保館に次の職員を置く。

(1) 館長

(2) 事務職員 若干人

2 館長は、市長の命を受け館務を掌理し、隣保館の行う各種の事業を企画実施し、職員を指導監督する。

3 職員は、館長の命を受け所掌業務に従事する。

(簿冊及び報告)

第6条 館長は、次の簿冊を備え、常に執務の状況を明らかにしておかなければならない。

(1) 事務日誌

(2) 文書受発件名簿

(3) 出勤簿

(4) 会議の議事録

(5) 事業計画書綴

(6) 備品台帳

(7) 前各号に掲げるもののほか、隣保館の事務処理上必要な簿冊

(その他)

第7条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年3月7日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の熊山町円光寺隣保館設置条例施行規則(昭和50年熊山町規則第5号)又は吉井町文化会館運営規則(昭和50年規則第7号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの規則の相当規定によりなされたものとみなす。

画像

画像

赤磐市隣保館条例施行規則

平成17年3月7日 規則第118号

(平成17年3月7日施行)