○赤磐市吉井きのこ館条例施行規則

平成17年3月7日

規則第161号

(趣旨)

第1条 この規則は、赤磐市吉井きのこ館条例(平成17年赤磐市条例第164号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(利用の範囲)

第2条 赤磐市吉井きのこ館(以下「きのこ館」という。)は、おおむね次の目的に利用する。

(1) 農林産物の加工作業

(2) 農林産物加工技術の研修会等の開催

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が特に認める諸活動

(利用の許可)

第3条 きのこ館を利用しようとする者は、あらかじめ指定管理者の許可を受けなければならない。

(利用の制限)

第4条 きのこ館を利用する者が次の各号のいずれかに該当するとき、又は管理上支障があると認めるときは、きのこ館の利用を許可しない。また、既に許可を受けた者であっても許可の条件に違反したときは、前条の許可を取り消し、又は中止を命ずることができる。

(1) 公の秩序又は善良な風俗を乱すおそれがあるとき。

(2) 施設、備品を損傷し、又は滅失するおそれがあるとき。

(3) 前2号に掲げる場合のほか、指定管理者において利用させることが適当でないと認めるとき。

(利用者の義務)

第5条 きのこ館を利用する者は、利用許可の条件及び指定管理者の指示に従わなければならない。

2 利用者は、次に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 利用時間を厳守すること。

(2) 他人に迷惑を及ぼす行為をしないこと。

(3) 利用後は、清掃し、備品類は、所定の場所に返還すること。

(4) 利用後は、燃料及び施錠を点検し、安全を確認の上、備付けの利用簿に利用状況を記入すること。

(5) 前各号に掲げるもののほか、利用に関しては、指定管理者の指示に従い承認を受けること。

(損傷又は滅失の届出)

第6条 きのこ館の利用者が、施設を損傷し、又は滅失したときは、速やかに管理責任者に届け出て、その指示に従うものとする。

(その他)

第7条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長の承認を得て指定管理者が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年3月7日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の吉井町きのこ館の管理及び運営に関する規則(平成6年吉井町規則第5号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成18年6月30日規則第81号)

この規則は、平成18年9月1日から施行する。

赤磐市吉井きのこ館条例施行規則

平成17年3月7日 規則第161号

(平成18年9月1日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第2章 林/第1節
沿革情報
平成17年3月7日 規則第161号
平成18年6月30日 規則第81号