○赤磐市水道料金滞納整理事務取扱要綱

平成24年9月1日

告示第92号

(趣旨)

第1条 この告示は、赤磐市水道条例(平成17年赤磐市条例第214号。以下「水道条例」という。)第24条に規定する料金についての滞納整理事務に関し、水道条例及び赤磐市水道条例施行規則(平成17年赤磐市規則第238号。以下「施行規則」という。)に定めるもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(事務の範囲)

第2条 滞納整理事務は、収入すべきものとして調定を行った料金を納付期限までに納入しない者に対し、更に納付期限を指定して督促し、これが完納されるまでの一連の事務をいう。

(督促)

第3条 督促は、施行規則第2条に定める納期までに完納しない者に対し、納付期限を指定して督促状を発送する方法により行う。この場合において、指定納付期限は、発行の日から14日とする。

(催促)

第4条 催促は、督促状の指定納付期限までに完納しない者に対し、納付期限を指定して、催告状を発送する方法により行う。

(分割納入)

第5条 経済事情その他の理由で一時に納入することが困難であると認められるもので、納入に誠意があり、かつ、徴収上有利であると認められるものについては、誓約書を提出させることにより、分割納入を認めることができるものとする。

2 分割納入の回数、金額及び納付期日は、使用者の支払能力等を勘案して決定するものとし、6箇月以内で当該年度中に完納する範囲内で認める。ただし、これによりがたいときは、この限りでない。

(異議申立ての処置)

第6条 滞納料金の異議申立てを受けた場合は、よく事情聴取の上、使用実績を調査する等必要な措置をとり、その徴収解決に努める。

(転居先不明者の調査と処理)

第7条 使用者の住所、居所又は事業所が明らかでない場合は、近隣、家主及び管理人等で調査し、なお転居先が不明な者については、必要に応じて住民台帳を閲覧して転居先を調査し、徴収に努める。

(給水停止予告)

第8条 水道法(昭和32年法律第177号)第15条第3項及び水道条例第37条第1号の規定に基づき、次の各号のいずれかに該当する者に対し、納付期限を指定して給水停止予告書を発行するものとする。この場合において指定納付期限は、発行の日から14日以内とする。ただし、分割納入を承認した者で誓約を履行しないものに対しては、改めて予告しないものとする。

(1) 再三の納入催促にもかかわらず、納入しない者

(2) 滞納常習者と認められる者

(3) その他管理者が必要と認められる者

(給水停止の一時保留)

第9条 水道条例第37条第1号に該当する使用者に対して、次の各号のいずれかに該当するときは、事実関係を調査し、給水停止執行の一時保留等の処理を行うことができるものとする。

(1) 集合ビル等における入居者の一部の者又は管理人、所有者等が、料金不払い等により滞納を継続している場合

(2) 入院患者のいる病院

(3) 漏水等により高額料金を滞納しているが、支払いの意志を示している場合

(4) その他管理者が認める場合

(給水停止の留意事項)

第10条 給水停止の対象となる使用者については、滞納理由、交渉経過並びに発送した督促状及び給水停止予告書が確実に使用者等に届いていることを確認し、やむを得ないと認められるものについて給水停止を行うものとする。

(給水停止の執行)

第11条 給水停止予告書の納付期日が過ぎても納入しない場合は、給水停止伺により決裁を受け、決裁後は、使用者等に給水停止通知書を送達し、次の各号に該当する事項に留意し給水停止執行書により執行するものとする。

(1) 停止する止水栓又はメーターが当該使用者のものであることをメーター番号その他で確認する。

(2) 水道による水冷式の冷凍機等を使用していると思われる生鮮食料品店及び飲食店等については、あらかじめ店主に給水停止の日時を連絡して執行する。

(3) 受水槽等を有する給水装置の一括メーターの停止に当たっては、家主又は管理人に連絡して、揚水ポンプのモーターの焼損防止のため、その電源を切る等の措置を要請する。

2 執行は、2名1組でメーターの取外し又は止水栓(閉栓キャップ盗水防止型止水栓)止めにより行う。

3 給水停止を執行した場合は、管理者は給水停止執行簿に必要事項を記入し、管理する。

(給水停止の解除)

第12条 給水停止の解除は、次の各号のいずれかに該当する場合に行うものとする。

(1) 滞納料金を完納した者

(2) 分割納入を承認した者。ただし、2箇月分以上の納入を前提とする。

(3) その他管理者がやむを得ないと認める者

(交渉経過の記録)

第13条 交渉の経過については、交渉の日時及び相手並びに交渉内容を記録して管理する。

(補則)

第14条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、管理者が別に定める。

附 則

この告示は、公表の日から施行する。

赤磐市水道料金滞納整理事務取扱要綱

平成24年9月1日 告示第92号

(平成24年9月1日施行)