○赤磐市頑張る地域応援事業補助金交付要綱

平成25年11月22日

告示第108号

(趣旨)

第1条 この告示は、市内の過疎化、高齢化の進行等により集落機能や基幹産業である農林水産業の活力が低下しつつある中山間地域において、創意工夫を生かした活性化の取組を総合的に支援し、自立的な発展を促進するため、予算の範囲内において赤磐市頑張る地域応援事業補助金(以下「補助金」という。)を交付するものとし、その交付に関しては、赤磐市補助金等交付規則(平成17年赤磐市規則第56号。以下「規則」という。)に定めるもののほか、この告示の定めるところによる。

(補助対象事業等)

第2条 補助金の対象となる事業は、岡山県が実施する頑張る地域応援事業補助金交付要綱に定める、次の各号のいずれかに該当するものとする。

(1) 安全・安心な暮らしの確保に向けた取組

(2) 経済基盤の確立に向けた取組

(3) 交流・定住の促進に向けた取組

(4) その他中山間地域の活性化に特に必要と認める取組

2 補助対象経費は、前項に規定する事業の実施に真に必要な経費とする。ただし、収入金(寄附金、参加料等)がある場合は、当該経費からその収入金を控除した経費とする。

(補助対象者)

第3条 補助金の交付対象者は、前条に規定する補助対象事業を実施する市内に活動場所を有する団体とする。

(補助金の額)

第4条 補助金の額は、補助対象経費の10分の10以内とし、予算の範囲内において市長が定める額とする。ただし、補助金の交付は、同一事業に対し1回限りとする。

(交付の申請)

第5条 補助金の交付を受けようとするものは、赤磐市頑張る地域応援事業補助金交付申請書(様式第1号)に赤磐市頑張る地域応援事業計画書(様式第2号)を添えて、市長に提出しなければならない。

(交付の決定)

第6条 市長は、前条の規定による申請があったときは、これを審査し、補助金の交付の適否を決定し、補助金等交付決定通知書により通知するものとする。

(実績報告)

第7条 補助金の交付決定を受けたもの(以下「交付決定団体」という。)は、補助事業が完了したときは、赤磐市頑張る地域応援事業補助金実績報告書(様式第3号)に赤磐市頑張る地域応援事業実施結果調書(様式第4号)を添えて、市長に報告しなければならない。

(補助金の額の確定)

第8条 市長は、前条の規定による実績報告書の提出があったときは、その内容を審査し、適正であると認めたときは、交付すべき補助金の額を確定し、補助金等確定通知書により交付決定団体に通知するものとする。

(補助金の請求)

第9条 前条の確定通知書を受けた交付決定団体は、補助金の交付を受けようとするときは、補助金等交付請求書(規則様式第6号)を市長に提出しなければならない。

2 交付決定団体は、市長が事業の遂行上必要と認める場合は、規則第19条第1項ただし書により補助金の概算払を受けることができるものとする。この場合において、概算払を受けようとする交付決定団体は、前項に規定する請求書により市長に請求しなければならない。

(補助金の経理)

第10条 補助金の交付を受けた者は、補助金に係る経理について、帳簿等を事業完了後5年間保存しなければならない。

(その他)

第11条 この告示に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この告示は、公表の日から施行する。

画像

画像画像

画像

画像画像

赤磐市頑張る地域応援事業補助金交付要綱

平成25年11月22日 告示第108号

(平成25年11月22日施行)