○赤磐市結婚祝金交付規則

平成28年3月31日

規則第46号

(目的等)

第1条 この規則は、赤磐市結婚祝金(以下「祝金」という。)の交付に関し必要な事項を定め、もってその婚姻を祝福するとともに経済的な支援を図ることで住民の増加及び定住化を促進することを目的とする。

2 祝金の交付に関しては、予算の範囲内において交付するものとし、その交付に関しては、この規則に定めるもののほか、赤磐市補助金等交付規則(平成17年赤磐市規則第56号)に定めるところによる。

(受給資格)

第2条 祝金を受給できる者は、次の各号に掲げる要件を全て満たすものとする。

(1) 赤磐市が主催又は共催する婚活イベントに参加し、当該婚活イベントで出会った者と婚姻届を提出し、受理されていること。

(2) 夫又は妻が赤磐市以外に居住していた者であること。

(3) 婚姻届が受理された日から起算して2箇月を経過した日までにおいて、夫婦のいずれもが赤磐市に住所を有し、かつ、居住していること。

(4) 赤磐市に婚姻後2年以上住所を有すること、かつ、居住することを確約すること。

(5) 夫婦のいずれにも市町村民税に滞納がないこと。

(6) 暴力団員等(赤磐市暴力団排除条例(平成23年赤磐市条例第18号)第2条第3号に規定する暴力団員等をいう。)でないこと。

(7) 生活保護法(昭和25年法律第144号)の規定による住宅扶助、その他公的制度による家賃補助等を受けていないこと。

(8) 夫又は妻が既に祝金を受給していないこと。

(祝金の額)

第3条 祝金の額は、1組20万円とする。

(交付申請)

第4条 祝金の交付を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、赤磐市結婚祝金交付申請(兼請求)(様式第1号)及び居住確約書(様式第2号)を婚姻した日から2箇月以内に市長に申請しなければならない。

(交付決定)

第5条 市長は、前条の規定に基づく申請があった場合は、速やかに申請内容を審査し、赤磐市結婚祝金(交付・不交付)決定通知書(様式第3号)により申請者に通知する。

2 祝金を交付することを適当と認めた場合は、第3条に定める額の祝金を交付するものとする。

(祝金の支出)

第6条 市長は、前条による交付の決定を行った場合は、速やかに支払うものとする。

(祝金の返還)

第7条 市長は、虚偽の申請その他不正な手段により、祝金の交付を受けた者があるときは、既に交付した祝金を返還させることができる。

(その他)

第8条 この規則に定めるもののほか、祝金の交付に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

赤磐市結婚祝金交付規則

平成28年3月31日 規則第46号

(平成28年4月1日施行)