○赤磐市高等学校等通学費補助金交付規則

平成30年3月30日

教育委員会規則第3号

(趣旨)

第1条 高等学校等に通学する生徒等の保護者に対し、通学に係る経済的負担の格差を緩和するため、通学に要する費用の一部について予算の範囲内で高等学校等通学費補助金(以下「補助金」という。)を交付するものとし、その交付に関しては、この規則に定めるもののほか、赤磐市補助金等交付規則(平成17年赤磐市規則第56号)に定めるところによる。

(定義)

第2条 この規則において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 高等学校等 高等学校等就学支援金の支給に関する法律(平成22年法律第18号)第2条に規定する高等学校等(通信制の課程を除く。)をいう。

(2) 生徒等 赤磐市内(以下「市内」という。)に住所を有し、現に居住している高等学校等に通学する生徒及び学生をいう。

(3) 保護者 生徒等を保護する義務がある者のうち、市内に住所を有し、現に居住しているものをいう。

(4) 通学に要する費用 高等学校等に通学するための移動に係る最短の経路に係る費用をいう。

(5) 市税等 市税(赤磐市税条例(平成17年赤磐市条例第55号)に規定する市税をいう。)、国民健康保険税、介護保険料、水道使用料、下水道使用料、保育料、住宅使用料及び学校に支払うべき費用等をいう。

(補助対象)

第3条 補助金の交付を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、次の各号の全てに該当する保護者とする。

(1) 生徒等の通学に要する費用を負担していること。

(2) 申請者及び世帯員が、市税等を完納していること。

(3) 生活保護法(昭和25年法律第144号)の規定による高等学校等就学費に定める通学のための交通費を受給していないこと。

(4) 他の法令等により通学費の補助金等による負担軽減を受けていないこと。

(補助金の交付申請等)

第4条 申請者は、高等学校等通学費補助金交付申請書兼請求書(様式第1号)に在学証明書及びその他教育委員会が必要と認める書類を添えて、教育委員会に提出しなければならない。

2 申請者は、前項に規定する申請の後、その内容に変更を生じたときは、速やかに教育委員会に届け出なければならない。

(支給区分)

第5条 補助金の支給区分は、次の各号に定めるところによる。

(1) 前期(4月から9月まで)

(2) 後期(10月から3月まで)

(3) 通期(4月から3月まで)

2 補助金の申請期間は、別に定めるところによる。

(補助金)

第6条 補助金の額は、別表の額に対象月数を乗じて得た額とする。

2 補助金の対象月数は、前期、後期ともに5箇月を上限とし、通期は10箇月を上限とする。

3 月の中途で転入、転出、転居、休学、停学又は退学したことにより、通学日数が1箇月の通学日数に満たない月の補助金は、交付しない。

(補助対象期間)

第7条 補助の対象となる期間は、生徒等が中学校卒業後3年度間とする。

(補助金の交付決定)

第8条 第4条の規定による交付申請があったときは、当該申請に係る書類を審査の上、交付の可否及び交付すべき補助金の額を決定し、高等学校等通学費補助金交付決定通知書(様式第2号)又は高等学校等通学費補助金不交付決定通知書(様式第3号)により申請者に通知する。

(補助金の交付)

第9条 補助金の交付は、申請者が指定した金融機関の口座に振り込む。

(補助金の返還)

第10条 申請者が次の各号のいずれかに該当し、既に補助金が交付されているときは、補助金の全部又は一部の返還を命ずることができる。

(1) 不正の行為があると認められたとき。

(2) 前号に掲げる場合のほか、教育委員会が補助金の交付を不適当と認めたとき。

(その他)

第11条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、教育委員会が別に定める。

附 則

この規則は、平成30年4月1日から施行する。

附 則(平成30年6月21日教委規則第6号)

この規則は、平成30年7月1日から施行する。

別表(第6条関係)

地域

地区

補助月額

南行(赤磐市の南北の中心より南に位置する高等学校等に通学する場合)

北行(赤磐市の南北の中心より北に位置する高等学校等に通学する場合)

山陽小学校地域

馬屋 和田 岩田 穂崎 長尾 立川 河本 下市 熊崎 南方 斎富 沼田 中島 日古木 二井 高屋 上市 正崎 五日市 尾谷 津崎 神田 鴨前 西中 下仁保 上仁保 斗有

10,000円

(ただし、津山・柵原・吉井線共同バス利用者は5,200円)

山陽西小学校地域

山陽1丁目 山陽2丁目 山陽3丁目 山陽4丁目 山陽5丁目 山陽6丁目 山陽7丁目 下市733番地4

10,000円

(ただし、津山・柵原・吉井線共同バス利用者は5,500円)

山陽東小学校地域

桜が丘西1丁目 桜が丘西2丁目 桜が丘西3丁目 桜が丘西4丁目 桜が丘西5丁目

10,000円

(ただし、津山・柵原・吉井線共同バス利用者は5,100円)

山陽北小学校地域

桜が丘西6丁目 桜が丘西7丁目 桜が丘西8丁目 桜が丘西9丁目 桜が丘西10丁目

10,000円

(ただし、津山・柵原・吉井線共同バス利用者は5,000円)

石相小学校地域

町苅田 大苅田 東窪田 西窪田 由津里 山口

10,000円

(ただし、岡山県立林野高等学校は9,100円、津山・柵原・吉井線共同バス利用者は3,900円)

軽部小学校地域

西軽部 東軽部 南佐古田 北佐古田 今井 多賀

200円

10,000円

(ただし、岡山県立林野高等学校は7,900円、岡山県立勝間田高等学校は9,300円、津山・柵原・吉井線共同バス利用者は2,700円)

笹岡小学校地域

小原 坂辺 惣分 大屋 山手

1,200円

(ただし、岡山県立岡山御津高等学校は500円)

9,500円

(ただし、岡山県立林野高等学校は6,700円、岡山県立勝間田高等学校は8,100円、津山・柵原・吉井線共同バス利用者は1,500円)

豊田小学校地域

円光寺 吉原 河田原 釣井 徳富 小瀬木 松木 勢力 千躰 奥吉原

10,000円

(ただし、岡山県立林野高等学校は8,600円、津山・柵原・吉井線共同バス利用者は3,400円)

磐梨小学校地域

可真下 可真上 弥上 野間 稗田 石蓮寺 沢原 殿谷 佐古 岡 酌田

10,000円

(ただし、岡山県立林野高等学校は8,100円、岡山県立勝間田高等学校は9,500円、津山・柵原・吉井線共同バス利用者は2,900円)

桜が丘小学校地域

桜が丘東1丁目 桜が丘東2丁目 桜が丘東3丁目 桜が丘東4丁目 桜が丘東5丁目 桜が丘東6丁目

10,000円

(ただし、岡山県立林野高等学校は9,800円、津山・柵原・吉井線共同バス利用者は4,600円)

城南小学校地域

河原屋 草生 周匝 福田 是里 滝山 黒本 黒沢 中山 稲蒔 光木 石 八 島田 暮田

6,700円

(ただし、岡山県立岡山御津高等学校は4,800円、岡山白陵高等学校及び岡山県立和気閑谷高等学校は4,200円)

4,600円

(ただし、岡山県立林野高等学校は1,800円、岡山県立勝間田高等学校は3,200円、津山・柵原・吉井線共同バス利用者は0円)

仁美小学校地域

戸津野 中勢実 塩木 平山 仁堀東 仁堀中 仁堀西 合田 中畑 石上 小鎌 西勢実 広戸

2,900円

(ただし、岡山県立岡山御津高等学校は800円)

8,100円

(ただし、岡山県立林野高等学校は5,300円、岡山県立勝間田高等学校は6,700円、津山・柵原・吉井線共同バス利用者は100円)

画像画像

画像

画像

赤磐市高等学校等通学費補助金交付規則

平成30年3月30日 教育委員会規則第3号

(平成30年7月1日施行)