○あま市美和文化会館の管理及び運営に関する規則

平成22年3月22日

教委規則第15号

(趣旨)

第1条 この規則は、あま市文化の杜条例(平成22年あま市条例第86号。以下「条例」という。)第16条の規定に基づき、あま市美和文化会館(以下「文化会館」という。)の管理及び運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(職員)

第2条 条例第5条の規定に基づく文化会館の職員は、次のとおりとする。

(1) 館長

(2) 係長及び主査

(3) 主事

2 前項に定めるもののほか、文化会館に館長補佐を置くことができる。

(館長等の職務)

第3条 館長は、上司の命を受け、文化会館の事務を掌理し、所属職員を指揮監督する。

2 館長以外の職員の職務は、次の表に掲げるとおりとする。

職名

職務

館長補佐

館長を補佐する。

係長及び主査

上司の命を受け、その係に属する事務を処理する。

主事

上司の命を受け、事務をつかさどる。

(休館日)

第4条 文化会館の休館日は、次のとおりとする。

(1) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日を除く月曜日

(2) 1月1日から同月3日まで及び12月29日から同月31日まで

2 あま市教育委員会(以下「教育委員会」という。)は、必要があると認めるときは、前項の規定にかかわらず、休館日を変更し、又は休館日を設けることができる。

(開館時間)

第5条 文化会館の開館時間は、午前9時から午後9時までとする。

2 教育委員会は、必要があると認めるときは、前項の規定にかかわらず、開館時間を変更することができる。

(利用期間)

第6条 文化会館の利用期間は、引き続き3日を超えることができない。ただし、アートスペースMを利用する場合は、引き続き14日を限度とする。

2 教育委員会は、必要があると認めるときは、前項の規定にかかわらず、利用期間を変更することができる。

(入館の制限)

第7条 館長は、次の各号のいずれかに該当する者に対しては、文化会館への入館を拒否し、又は退館を命ずることができる。

(1) 酒気を帯びている者その他他人に迷惑をかけるおそれのある者

(2) 他人に危害を及ぼし、又は迷惑をかけるおそれのある物品若しくは動物を携行する者

(3) 公の秩序又は善良な風俗を乱すおそれのある者

(利用の手続)

第8条 条例第6条第1項の許可を受けようとする者は、次に定める期間内にあま市公共施設予約システムによる利用許可の申請をしなければならない。

大ホール

アートスペースM

利用日の属する月の9箇月前の初日から利用日の1箇月前まで

その他の施設

利用日の属する月の3箇月前の初日から利用日の7日前まで。ただし、大ホール又はアートスペースMと同時に利用するときは、利用日の属する月の9箇月前の初日からとする。

2 館長は、前項の規定により施設の予約申請をした者について利用を許可したときは、利用許可書(様式第1号)を交付するものとする。

(利用権の譲渡等の禁止)

第9条 条例第6条第1項の許可を受けた者(以下「利用者」という。)の文化会館を利用する権利は、他人に譲渡し、又は転貸することができない。

(利用の変更の許可)

第10条 利用者は、利用期間その他利用許可書に記載された事項を変更しようとするときは、あま市美和文化会館利用変更許可申請書(様式第2号)に利用許可書を添えて館長に提出し、その許可を受けなければならない。

(利用の取消し)

第11条 利用者は、文化会館の利用の取消しをしようとするときは、あま市美和文化会館利用取消承認申請書(様式第3号)に利用許可書を添えて速やかに館長に提出し、その承認を受けなければならない。

(事前打合せ)

第12条 利用者は、文化会館の利用方法その他必要な事項をあらかじめ文化会館の職員と打ち合わせなければならない。

(遵守事項)

第13条 利用者又は入館者は、次に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 収容人員が利用施設の定員を超えないこと。

(2) 利用者は、文化会館の秩序及び安全確保のため、必要に応じ整理員を置くこと。

(3) 許可を受けない施設及び附属設備等を利用しないこと。

(4) 所定の場所以外で飲食し、又は火気を使用しないこと。

(5) 許可を受けないで物品の展示、販売又は寄附募集行為をしないこと。

(6) 施設及び附属設備等を毀損し、又は汚損しないこと。

(7) その他文化会館の職員の指示に従うこと。

(指示及び調査)

第14条 館長は、文化会館の秩序の維持及び管理上必要があると認めるときは、利用者又は入館者に対し、文化会館の利用に関し指示をし、又は利用中の施設に職員を立ち入らせ、利用の状況を調査させることができる。

(使用料の還付)

第15条 条例第8条の規定による使用料の還付は、次の各号のいずれかに該当するときに行うものとする。

(1) 利用者の責めによらない理由により利用することができなくなったとき。

(2) 教育委員会の都合により利用の許可を取り消したとき。

(3) 大ホール及びアートスペースMは利用日の1箇月前まで、その他の施設は利用日の7日前までに利用の取消しを申し出て、市長が相当の理由があると認めたとき。

2 前項により使用料の還付を受けようとする者は、あま市美和文化会館使用料還付請求書(様式第4号)により市長にその請求をしなければならない。

(使用料の減免)

第16条 条例第9条の規定により使用料の減額又は免除(以下「減免」という。)を受けることができる団体等は、次の各号のいずれかに該当するものとする。

2 前項の規定に該当する団体等で使用料の減免を受けようとするものは、あらかじめあま市美和文化会館前項の規定に該当する団体等で使用料減免申請書(様式第5号)を提出し、市長の承認を受けなければならない。

(1) 市又は教育委員会

(2) 別表に掲げる団体等

3 市長は、前項の規定による減免の申請があったときは、その内容を審査し、減免の承認又は不承認の旨を通知するものとする。

(指定管理者に利用料金を当該指定管理者の収入として収受させる場合の読替え)

第17条 条例第11条第1項の規定により指定管理者に利用料金を当該指定管理者の収入として収受させる場合における第15条及び第16条の規定の適用については、これらの規定(見出しを含む。)中「使用料」とあるのは「利用料金」と、「条例」とあるのは「条例第11条第6項の規定により読み替えて準用する条例」と、「市長」とあるのは「指定管理者」と読み替えるものとする。

(利用後の届出)

第18条 利用者は、文化会館の利用を終わり、又は利用を中止したときは、速やかに利用した設備を原状に回復し、その旨を館長に届け出なければならない。

(損害賠償)

第19条 利用者又は入館者は、故意又は過失によって文化会館の施設及び附属設備等を損傷し、滅失し、又は亡失したときは、それによって生じた損害を賠償しなければならない。

(指定管理者による管理の場合の適用除外)

第20条 条例第12条第1項の規定により指定管理者に文化の杜の管理を行わせる場合にあっては、第2条及び第3条の規定は適用しない。

(その他)

第21条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、館長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成22年3月22日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の美和町文化会館の管理及び運営に関する規則(平成6年美和町教育委員会規則第4号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成24年教委規則第2号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成28年教委規則第2号)

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成30年教委規則第4号)

(施行期日)

1 この規則は、平成30年3月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則による改正後のあま市美和文化会館の管理及び運営に関する規則様式第1号については、平成30年6月1日以後のあま市美和文化会館の利用に係る許可について適用し、同日前のあま市美和文化会館の利用に係る許可については、なお従前の例による。

附 則(令和元年教委規則第4号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(令和2年教委規則第4号)

この規則は、公布の日から施行し、令和2年4月1日から適用する。

附 則(令和3年教委規則第4号)

(施行期日)

1 この規則は、令和3年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際現に改正前の各規則の規定に基づいて作成されている申請書その他の用紙は、改正後の各規則の規定にかかわらず、当分の間、使用することができる。

別表(第16条関係)

減免額

団体等

全額免除

(1) 市内の地区、行政区等

(2) あま市スポーツ協会及びあま市文化協会

(3) 社会福祉又は青少年健全育成を目的としており、全額免除とすることが適当であると市長が認めた団体等

(4) 公益を目的としており、全額免除とすることが適当であると市長が認めた団体等

(5) その他全額免除とすることが適当であると市長が認めた団体等

半額免除

(1) あま市スポーツ協会及びあま市文化協会に加盟する団体等

(2) その他半額免除とすることが適当であると市長が認めた団体等

備考 条例第11条第1項の規定により指定管理者に利用料金を当該指定管理者の収入として収受させる場合にあっては、この表中「使用料」とあるのは、「利用料金」とする。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

あま市美和文化会館の管理及び運営に関する規則

平成22年3月22日 教育委員会規則第15号

(令和3年4月1日施行)

体系情報
第7編 育/第3章 社会教育
沿革情報
平成22年3月22日 教育委員会規則第15号
平成24年1月23日 教育委員会規則第2号
平成28年3月23日 教育委員会規則第2号
平成30年2月23日 教育委員会規則第4号
令和元年12月18日 教育委員会規則第4号
令和2年7月1日 教育委員会規則第4号
令和3年3月25日 教育委員会規則第4号