○あま市福祉事務所処務規則

平成22年3月22日

規則第44号

(趣旨)

第1条 この規則は、あま市福祉事務所設置条例(平成22年あま市条例第92号)第5条の規定に基づき、あま市福祉事務所(以下「福祉事務所」という。)の組織、事務分掌その他必要な事項に関し定めるものとする。

(組織)

第2条 福祉事務所に次の担当及び課を置く。

(1) 福祉担当

 社会福祉課

 高齢福祉課

(2) 児童担当

子育て支援課

(事務分掌)

第3条 前条の各担当及び課の事務分掌は、次のとおりとする。

(1) 福祉担当

 社会福祉課

(ア) 社会福祉に関すること。

(イ) 生活保護に関すること。

(ウ) 障害者福祉に関すること。

 高齢福祉課

(ア) 高齢者福祉に関すること。

(イ) 介護予防に関すること。

(2) 児童担当

子育て支援課

(ア) 児童福祉に関すること。

(イ) 母子、寡婦及び父子福祉に関すること。

(職制)

第4条 次の表の左欄に掲げる組織にそれぞれ同表中欄に掲げる職を置き、その職務は、それぞれ同表右欄に掲げるとおりとする。ただし、組織の実情に応じ、次長については、置かないことができる。

組織

職務

福祉事務所

所長

福祉事務所の事務を総括し、所属職員を指揮監督する。

次長

所長を補佐し、所長に事故があるとき、又は所長が欠けたときは、その職務を代理する。

課長

上司の命を受け、課の事務を掌理し、所属職員を指揮監督する。

課長補佐

課長を補佐し、課長に事故があるとき、又は課長が欠けたときは、その職務を代理する。

上司の命を受け、係の事務を処理する。

(職員)

第5条 所長は、あま市事務分掌規則(平成22年あま市規則第3号)第2条に規定する福祉部の部長の職にある者をもって充てる。

(事務の分担)

第6条 課長は、所属職員の事務の分担を定めなければならない。

(専決)

第7条 所長及び課長の専決事項は、あま市決裁規程(平成22年あま市訓令第5号)の規定を準用する。この場合において、同規程の規定中「部長」とあるのは、「所長」と読み替えるものとする。

(事務処理)

第8条 この規則に定めるもののほか、文書の取扱いその他事務処理については、市長の事務部局の例による。

附 則

この規則は、平成22年3月22日から施行する。

あま市福祉事務所処務規則

平成22年3月22日 規則第44号

(平成22年3月22日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第1節
沿革情報
平成22年3月22日 規則第44号