○あま市保健センター条例

平成22年3月22日

条例第120号

(設置)

第1条 住民の健康づくりを推進するため、健康診査、健康相談、健康教育等の保健サービスを総合的に行うとともに、地域住民の自主的な保健活動の場に資するため、保健センターを設置する。

(名称及び位置)

第2条 保健センターの名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

あま市七宝保健センター

あま市七宝町桂弥勒28番地

あま市美和保健センター

あま市花正中之割2番地

あま市甚目寺保健センター

あま市西今宿馬洗46番地

(事業)

第3条 あま市保健センター(以下「保健センター」という。)は、次に掲げる事業を行う。

(1) 健診及び検診に関すること。

(2) 健康相談及び健康教育に関すること。

(3) 保健指導に関すること。

(4) 予防接種に関すること。

(5) 歯科衛生に関すること。

(6) 健康増進及び栄養改善に関すること。

(7) 前各号に掲げるもののほか、保健予防に関すること。

(利用者等の義務)

第4条 保健センターを利用する者及びその関係者(以下「利用者等」という。)は、保健センターの利用に際しては、市長の指示に従わなければならない。

(利用の中止命令)

第5条 市長は、利用者等が次に掲げる行為をしたときは、利用者等に対して利用の中止を命ずることができる。

(1) 物品の販売、宣伝、勧誘その他これらに類する行為

(2) 広告物(ビラ、ポスターその他これらに類するものを含む。)をまき、又は配布すること。

(3) 前2号に掲げるもののほか、管理上必要な指示に反する行為

(推進協議会の設置)

第6条 保健センターの適正な管理、運営及び保健事業を行うため、あま市保健対策推進協議会を置く。

(損害賠償)

第7条 利用者等は、故意又は過失によって保健センターの施設、附属設備等を損傷し、又は滅失したときは、その損害を賠償しなければならない。ただし、市長が損害を賠償させることが適当でないと認めたときは、この限りでない。

(委任)

第8条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成22年3月22日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の七宝町保健センターの設置及び管理に関する条例(昭和61年七宝町条例第12号)、美和町総合福祉センターの設置及び管理に関する条例(昭和62年美和町条例第1号)又は甚目寺町保健センターの設置及び管理に関する条例(平成18年甚目寺町条例第3号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされたものとみなす。

あま市保健センター条例

平成22年3月22日 条例第120号

(平成22年3月22日施行)