○あま市廃棄物の処理及び清掃に関する条例

平成22年3月22日

条例第121号

(趣旨)

第1条 この条例は、廃棄物の処理及び清掃に関する法律(昭和45年法律第137号。以下「法」という。)及び浄化槽法(昭和58年法律第43号)に定めるもののほか、市の一般廃棄物(以下「廃棄物」という。)の処理及び清掃に関し必要な事項を定めるものとする。

(事業者の責務)

第2条 事業者は、その事業活動に伴って生じた廃棄物(以下「事業系一般廃棄物」という。)について自らの責任において適正に処理しなければならない。

2 市長は、事業者が行う廃棄物の処理に関し必要な助言を与えることができる。

(清潔の保持)

第3条 土地又は建物の占有者(占有者がない場合は管理者。以下同じ。)は、その土地に面する地域の清掃、廃棄物及び雑草の除去等清潔の保持に努めなければならない。

2 法第16条に規定する投棄禁止地域における土地又は建物の占有者は、境界に板塀、有刺鉄線等によりみだりに廃棄物が捨てられないよう適正な管理に当たらなければならない。

3 何人も廃棄物の不法投棄の誘発、市の美観の汚損を招く行為をしてはならない。

4 建物の占有者は、法第5条第3項の規定により市長の指定する方法により大掃除を実施しなければならない。

5 土地又は建物の清潔保持のため市長は、特に必要な事項について占有者に勧奨することができる。

(廃棄物収集区域)

第4条 法第6条の2第1項の廃棄物の収集区域は、あま市の全区域とする。

(廃棄物処理計画の公示)

第5条 市長は、廃棄物の処理計画を毎年4月に公示しなければならない。

(委託)

第6条 市長は、廃棄物の処理計画の範囲内において必要と認めたときは、その収集、運搬及び処分の全部又は一部を市以外の者に委託することができる。

2 委託に係る委託料金は、市長が別に定める。

(住民の義務)

第7条 住民は、その土地又は建物内の廃棄物のうち生活環境の保全上支障を生じない方法で容易に処分することができるものは自ら処分に努めるとともに、処分が困難な廃棄物については、分類、容器の収納、粗大ごみの指定場所への搬出など市長の指定する方法に従わなければならない。

(廃棄物の自己処理)

第8条 廃棄物を自ら処理するものは、法第6条の2第4項に定める基準に準じ処理しなければならない。

(事業系一般廃棄物の受入基準)

第9条 事業者から事業系一般廃棄物の収集、運搬の委託を受けた者は、事業系一般廃棄物を市長が指定する処理施設に運搬する場合には、規則で定める受入基準に従わなければならない。

2 市長は、前項の事業者が同項の受入基準に従わない場合には、当該事業系一般廃棄物の受入れを拒否することができる。

(廃棄物の処理に係る手数料の額)

第10条 廃棄物の収集、運搬及び処分については、別表に定める額の手数料を徴収する。

(手数料の減免)

第11条 天災その他特別の事情があると認めるとき、市長は、前条に定める手数料を減免することができる。

(廃棄物処理業の許可)

第12条 法第7条第1項の規定による廃棄物処理業の許可を受けようとする者は、別に定める許可申請書を市長に提出しなければならない。

2 許可を受けた内容の一部を変更しようとするときも、同様とする。

(浄化槽清掃業の許可)

第13条 浄化槽法第35条第1項の規定による浄化槽清掃業の許可申請は、前条の定めに準ずる。

(許可申請手数料)

第14条 前2条の申請をしようとする者は、申請の際1件につき5,000円の申請手数料を納入しなければならない。

2 許可証の交付を受けた者で、許可証の再交付を受けようとするものは、1件につき2,000円の再交付申請手数料を納付しなければならない。

(許可証の交付)

第15条 市長は、第12条及び第13条の許可をしたときは、申請者に許可証を交付する。

(許可業者の変更、廃業等の届出)

第16条 法第7条の2第3項から第5項まで並びに浄化槽法第37条及び第38条の規定による届出を行おうとする者は、別に定める届出書を市長に提出しなければならない。

(技術管理者の資格)

第17条 法第21条第1項の規定に基づき設置する技術管理者に係る同条第3項の条例で定める資格は、廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行規則(昭和46年厚生省令第35号)第17条第1項に定める資格とする。

(委任)

第18条 この条例の施行に関し必要な事項は、市長が定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成22年3月22日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の七宝町廃棄物の処理及び清掃に関する条例(昭和48年七宝町条例第6号)、美和町廃棄物の処理及び清掃に関する条例(昭和49年美和町条例第12号)又は甚目寺町廃棄物の処理及び清掃に関する条例(昭和49年甚目寺町条例第7号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成23年条例第10号)

この条例は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成24年条例第35号)

この条例は、平成25年4月1日から施行する。

附 則(令和元年条例第15号)

この条例は、令和元年12月14日から施行する。

別表(第10条関係)

廃棄物処理手数料

種別

単位及び金額

ごみ処理手数料

家庭系一般廃棄物

可燃ごみ

専用指定袋 大1袋(10枚入り)につき 200円

専用指定袋 小1袋(10枚入り)につき 150円

不燃ごみ

専用指定袋 大1袋(10枚入り)につき 200円

専用指定袋 小1袋(10枚入り)につき 150円

プラスチックごみ

専用指定袋 大1袋(10枚入り)につき 200円

専用指定袋 小1袋(10枚入り)につき 150円

粗大ごみ

シール 1枚につき 200円

事業系一般廃棄物(市長が指定する処理施設で処分するとき。)

1キログラムまでごとに、35円の範囲内で規則で定める額

あま市廃棄物の処理及び清掃に関する条例

平成22年3月22日 条例第121号

(令和元年12月14日施行)