○あま市庁舎管理規則

平成26年1月15日

規則第1号

(目的)

第1条 この規則は、庁舎の使用の規制及び秩序の維持について必要な事項を定め、もって庁舎における公務の円滑かつ適正な執行を確保することを目的とする。

(用語の意義)

第2条 この規則において「庁舎」とは、市において市の行政事務及び業務の用に供する建物、建物以外の工作物及びそれらの敷地をいう。

(管理責任者)

第3条 市長の委任を受けて庁舎の使用の規制及び秩序の維持を行わせるため、別表に定める区分に従い、管理責任者を置く。

2 管理責任者に事故があるときは、あらかじめ管理責任者の指定する職員がその職務を代理する。

(庁舎の出入り)

第4条 管理責任者は、庁舎に出入りしようとする者に対し、必要があると認めるときは、その氏名及び出入りの目的を明らかにすることを求めることができる。

(出入口の開閉)

第5条 庁舎の出入口の開閉時刻は、次のとおりとし、あま市の休日を定める条例(平成22年あま市条例第2号)第1条第1項各号に掲げる日については、開扉しないこととする。ただし、管理責任者が特に認めたときは、この限りでない。

(1) 開扉時刻 午前8時30分

(2) 閉扉時刻 午後5時15分

2 前項の規定にかかわらず、管理責任者は、特に必要があると認めるときは、別に庁舎の開閉時刻を定めることができる。

(火器の使用制限等)

第6条 庁舎においては、管理責任者の承認を受けないで暖房器その他の火器を使用し、又はたき火等をしてはならない。

(放送施設の使用)

第7条 庁舎の放送施設を使用しようとする者は、あらかじめ管理責任者の承認を受けなければならない。

(会議室の使用)

第8条 庁舎の会議室を使用しようとする者は、あらかじめ管理責任者の承認を受けなければならない。

(許可行為)

第9条 庁舎において、次の各号のいずれかに掲げる行為をしようとする者は、あらかじめ管理責任者の許可を受けなければならない。ただし、市長が別に指定した行為については、この限りでない。

(1) 物品の販売その他これに類する商業的行為をすること。

(2) ポスター、看板、旗、けん垂幕その他これに類するものを掲示、貼付等の方法により公衆の目に触れる状態に置くこと。

(3) 所定の場所以外に工作物を設置し、又は物件を置くこと。

(4) 市の機関以外の者が主催して集会を開き、又は管理責任者が定める規模以上の集団で庁舎に入ること。

(5) 危険物を庁舎に搬入すること。

2 管理責任者は、必要と認めるときは、前項の許可に条件を付することができる。

(禁止行為)

第10条 庁舎においては、次の各号に掲げる行為をしてはならない。

(1) みだりに庁舎に立ち入ること。

(2) 示威又はけん騒にわたる行為をすること。

(3) 面会の強要、乱暴な言動又は他人に嫌悪の情を催させる行為をすること。

(4) 通行の妨害となる行為をすること。

(5) 庁舎又はそれに附属する物件を汚損し、又は損傷すること。

(6) 爆発又は引火のおそれがある物件の付近で火気を取り扱うこと。

(違反者に対する処置)

第11条 管理責任者は、次の各号のいずれかに該当すると認める者に対し、庁舎への入場を拒否し、許可若しくは承認を取り消し、行為を禁止し、又は退去若しくは物件の撤去を命ずることができる。

(1) 第4条の規定による管理責任者の求めに対して、氏名及び出入りの目的を明らかにしない者

(2) 第6条第7条第8条第9条第1項又は前条の規定に違反した者

(3) 第9条第2項の規定により付せられた条件に違反した者

2 前項の場合において、物件の撤去を命ぜられた者が任意に物件を撤去しないときは、市長は、当該物件を撤去することができる。

(拾得物の届出)

第12条 庁舎において遺失物を拾得した者は、直ちに当該遺失物を管理責任者に届け出なければならない。

(盗難等の届出)

第13条 庁舎において盗難その他の事故があったときは、直ちにその旨を管理責任者に届け出なければならない。

(その他)

第14条 この規則に定めるもののほか、庁舎の管理について必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成30年規則第10号)

この規則は、平成30年4月1日から施行する。

別表(第3条関係)

区分

管理責任者

本庁舎

総務課長

七宝庁舎

総務課長

甚目寺庁舎

甚目寺市民サービスセンター課長

上記以外の施設

当該施設の長

あま市庁舎管理規則

平成26年1月15日 規則第1号

(平成30年4月1日施行)