○あま市美和総合福祉センターすみれの里条例施行規則

平成30年3月26日

規則第30号

あま市美和総合福祉センターすみれの里条例施行規則(平成22年あま市規則第49号)の全部を改正する。

(利用の申請)

第2条 条例第10条第1項の許可(以下「利用許可」という。)を受けようとする者は、利用しようとする日(以下「利用予定日」という。)の属する月の3箇月前の月の初日から当該利用予定日の10日前までにあま市美和総合福祉センターすみれの里利用申請書(様式第1号)を市長に提出しなければならない。

(利用の許可)

第3条 市長は、前条の申請書を提出した者について利用許可をしたときは、あま市美和総合福祉センターすみれの里利用許可書(様式第2号。以下「利用許可書」という。)を交付するものとする。

(利用の取消し)

第4条 利用許可を受けた者が利用の取消しをしようとするときは、速やかにあま市美和総合福祉センターすみれの里利用取消届(様式第3号)に利用許可書を添えて市長に提出しなければならない。

(利用証の交付等)

第5条 市長は、交付を申し出た市内に住所を有する満60歳以上の者に対し、あま市老人福祉施設利用証(様式第4号。以下「利用証」という。)を交付するものとする。

2 利用証を交付された者は、利用証を職員に提示することによりあま市美和総合福祉センターすみれの里(以下「すみれの里」という。)の施設(利用許可に係る施設を除く。)を利用することができる。

3 利用証を交付された者は、市内に住所を有しなくなったときは、速やかに利用証を市長に返還しなければならない。

(遵守事項)

第6条 すみれの里の施設を利用する者は、次に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 許可を受けないで物品を展示し、若しくは販売し、又はこれらに類する行為をしないこと。

(2) 許可を得ないで印刷物を掲示し、又は配布しないこと。

(3) 施設又は設備を損傷し、又は滅失しないこと。

(4) 騒音を発し、暴力を用いる等他人に迷惑を及ぼすような行為をしないこと。

(5) 所定の場所以外で飲食し、喫煙し、又は火気を使用しないこと。

(6) 飲酒をしないこと。

(7) 施設の利用後は、直ちに清掃すること。

(8) その他管理上必要な指示に反する行為をしないこと。

(浴室の利用制限)

第7条 次の各号のいずれかに該当する者は、すみれの里に設ける浴室を利用することができない。

(1) 感染症の病原体保有者及び感染性疾病者

(2) 高血圧症、心臓疾患者等、医師に入浴を止められている者

(3) 酒気を帯びた者

(4) 浴室の管理上必要な指示に従わない者

(5) その他浴室を利用することが適当でないと認められる者

(損傷等の報告)

第8条 利用者は、すみれの里の施設又は設備を損傷し、又は滅失したときは、直ちにその旨を市長に報告しなければならない。

(指定管理の場合の読替え)

第9条 条例第18条第1項の規定により指定管理者にすみれの里の管理を行わせる場合における第2条から第4条までの規定の適用については、これらの規定中「市長」とあるのは「指定管理者」と読み替え、前条の規定の適用については、同条中「市長」とあるのは「指定管理者を経て市長」と読み替えるものとする。

(その他)

第10条 この規則に定めるもののほか、すみれの里の管理に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成30年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日前に、この規則による改正前のあま市美和総合福祉センターすみれの里条例施行規則の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

画像

画像

画像

画像

あま市美和総合福祉センターすみれの里条例施行規則

平成30年3月26日 規則第30号

(平成30年4月1日施行)