○安中市災害援護見舞金支給要綱

平成18年3月18日

安中市告示第18号

(目的)

第1条 この告示は、本市住民が火災、風水害等(以下「災害」という。)に遭い、現に居住している家屋が焼失し、又は倒壊し、居住に不都合を来した場合又は死傷者を出した場合、その家族に対し、緊急に援護することを目的とする。

(援護の範囲)

第2条 市長は、災の程度により、次に掲げる基準に従い見舞金を支給するものとする。

(1) 居宅被害

 全焼又は全壊(流失を含む。)

普通世帯 50,000円以内

単身世帯 30,000円以内

 半焼又は半壊(床上浸水を含む。)

普通世帯 30,000円以内

単身世帯 20,000円以内

(2) 死傷者を出した場合

 災家族が死亡したとき 1人30,000円

 災家族が重傷のとき 1人10,000円

 災時に第三者が死亡したとき 1人30,000円

 災時に第三者が重傷を負ったとき 1人10,000円

2 前項に定めるもののほか、特に市長が援護を必要と認めたときは、その都度臨機の処置を行うものとする。

(災程度の認定)

第3条 前条に規定する援護の範囲の認定は、警察署、消防署等の公的機関の認定に従うものとし、死傷の場合は、医師の診断書等を考慮の上決定する。

2 前項の認定によることが困難なときは、連絡区長及び民生委員の意見を参考にして、市長が程度を決定することができる。

(調書)

第4条 災害の状況等については、調書を作成し、災程度を認定した書類又は負傷の程度を証する証明書等を添付しなければならない。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成18年3月18日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の日の前日までに、合併前の松井田町災害援護見舞金支給要綱(昭和60年松井田町要綱第3号)の規定によりなされた決定、手続その他の行為は、この告示の相当規定によりなされたものとみなす。

安中市災害援護見舞金支給要綱

平成18年3月18日 告示第18号

(平成18年3月18日施行)

体系情報
例規集/第9編 生/第1章 社会福祉/第1節
沿革情報
平成18年3月18日 告示第18号