○朝日町森林総合利用施設設置条例施行規則

昭和55年3月31日

規則第4号

(目的)

第1条 この規則は、朝日町森林総合利用施設設置条例(昭和55年朝日町条例第12号。以下「条例」という。)の施行に関し、必要な事項を定めるものとする。

(利用期間)

第2条 朝日町森林総合利用施設「三峯グリーンランド」(以下「三峯グリーンランド」という。)を利用できる期間は、毎年5月1日から10月31日までとする。

2 町長は、特に必要があると認めたときは、臨時に前項の期間を変更することができる。

(利用の承認)

第3条 前項に規定する施設を利用しようとする者は、あらかじめ利用承認申請書(様式第1号)を町長に提出して利用承認書(様式第2号)の交付を受けなければならない。

2 前項の規定により施設利用の承認を受けた者が、利用を取消し又は変更しようとするときは、速やかに町長に届け出なければならない。

(使用料の減免)

第4条 朝日町森林総合利用施設使用料条例(昭和59年朝日町条例第8号)第4条の規定による減免の範囲及び割合は次のとおりとする。

(1) 町が直接事業で使用するとき 全額

(2) 町内の学校が教育上使用するとき 全額

(3) 町内の社会体育団体及び社会教育団体が使用するとき 5割

(4) 国、県の機関が主催で使用するとき 5割

(5) 町が共催又は後援するとき 5割

(6) 町長が認める団体が使用するとき 5割

(行為の制限)

第5条 三峯グリーンランドにおいて物品の販売その他これらに類する行為をしようとする者は、町長の許可を受けなければならない。

2 前項の許可を受けようとする者は、行為許可申請書(様式第3号)を町長に提出して、行為許可書(様式第4号)の交付を受けなければならない。

(禁止行為)

第6条 三峯グリーンランドにおいては、何人も、次に掲げる行為をしてはならない。

(1) 施設を損傷し、又は汚損すること。

(2) 竹木を伐採し、又は植物を採集すること。

(3) その他管理上支障があると町長が認める行為をすること。

(利用者の義務)

第7条 三峯グリーンランド利用者は、次に掲げる事項を守らなければならない。ただし、町長の承認を受けたときは、この限りでない。

(1) 利用目的以外に使用しないこと。

(2) 町長が指定する区域外でキヤンプ、たき火又は炊事等をしないこと。

(3) 町長が指定する場所以外に汚物又は廃物を捨て又は放置しないこと。

(4) 施設、器具等の現状を変更しないこと。

(5) その他町長が特に指示した事項

(利用の取消等)

第8条 町長は、三峯グリーンランドの利用者(以下「利用者」という。)が、この規則に違反したとき又は施設の管理上特に必要があると認めたときは、その利用の承認を取り消し、若しくは利用を制限することができる。

(損害賠償)

第9条 利用者は、故意又は過失により三峯グリーンランドの施設を損傷し、又は滅失したときは、これによつて生じた損害を賠償しなければならない。

(細則)

第10条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、町長が定める。

附 則

この規則は、昭和55年4月1日から施行する。

附 則(昭和59年規則第4号)

この規則は、昭和59年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

朝日町森林総合利用施設設置条例施行規則

昭和55年3月31日 規則第4号

(昭和59年3月31日施行)