○朝日町林道管理規程

昭和49年9月30日

告示第2号

(趣旨)

第1条 この規程は、朝日町林道の管理に関し、必要な事項を定めるものとする。

(管理の範囲)

第2条 町長は、別表1に掲げる林道(以下「林道」という。)を管理する。

(維持又は修繕)

第3条 町長は、林道を常時良好な状態に保つように維持し、修繕し、もつて交通に支障のないよう努める。

(道路標識等の設置)

第4条 町長は、林道の構造の保全及び交通の安全を図るため、必要な場所に道路標識その他の標識を設置する。

(通行の禁止又は制限)

第5条 町長は、次の各号のいずれかに該当する場合においては、林道の構造を保全し、又は交通の危険を防止するため、区間を定めて林道の通行を禁止し、また制限することができる。この場合において林道の起点その他必要な場所にその旨を掲示するものとする。

(1) 林道の破損、欠壊その他の理由により交通が危険であると認められるとき。

(2) 林道に関する工事のため、やむを得ないと認められるとき。

2 町長は、林道の保全を害するおそれがあると認められる車両に対しては、その通行を禁じ、又は積載物の軽減、徐行その他通行の方法について必要な措置をすることを命ずることができるものとする。

(禁止行為)

第6条 何人も林道において、次の各号に掲げる行為をしてはならない。

(1) みだりに林道を損傷し、又は汚損すること。

(2) みだりに林道に木材、土石等の物件を放置し、その他林道の構造又は交通に支障を及ぼすおそれのある行為をすること。

2 町長は、前項の規定に違反した者に対し、必要な措置を講ずべきことを命ずることができる。

(占用の許可)

第7条 林道に次の各号のいずれかに該当する工作物又は施設を設け、継続して林道を占用しようとする者は、町長の許可を受けなければならない。

(1) 林産物又は土石の集積場又は積載施設

(2) 工事用施設又は工事用材料置場

(3) 電柱、電線

(4) 用排水路、水管

(5) 前各号に掲げる施設の類する施設

2 町長は、前項の許可をする場合においては、管理上必要な条件を付することができる。

3 第1項の許可を受けようとする者は、次の各号に掲げる事項を記載した申請書を町長に提出しなければならない。

(1) 林道占用の目的

(2) 林道占用の場所

(3) 林道占用の期間

(4) 工作物、物件又は施設の構造

(5) 工事の実施方法

(6) 工事の時期

(7) 林道の復旧方法

4 町長は、前項の申請書の提出があつたときは、林道の敷地外に余地がないため、やむを得ないものであり、かつ、前項第2号から第7号までに掲げる事項について、別表2に定める基準に適合する場合に限り、占用の許可をするものとする。

5 第1項の規定による許可を受けた者(以下「占用者」という。)は、第3項各号に掲げる事項を変更しようとする場合においてはあらかじめ町長の許可を受けなければならない。

(原状回復)

第8条 占用者は、占用の期間が満了した場合、又は、林道の占用を廃止した場合においては、占用施設を除去し、林道を原状に回復しなければならない。

2 町長は、占用者に対し、前項の規定により原状に回復させることが不適当と認めるときは、その措置について必要な指示を行なうものとする。

(損害賠償)

第9条 林道を使用した者が故意又は過失により林道を損傷したときは、これによつて生じた損害を賠償しなければならない。

附 則

1 この規程は、昭和49年4月1日から施行する。

2 この規程施行の際、現に林道を占用している者は、第7条により町長の許可を受けた者とみなす。

附 則(昭和60年告示第11号)

この告示は、公表の日から施行する。

附 則(平成3年告示第17号)

この告示は、公表の日から施行し、平成3年4月1日から適用する。

附 則(平成6年告示第3号)

この告示は、公表の日から施行する。

別表1

名称

起点

終点

備考

大平

大平字出合向80

大平字亀ケ淵2の1

 

金剛谷

境字東地1668

境字中尾20

 

滝入谷

境字後山32の2

境字後山116

 

横田

宮崎字大門76

宮崎字東谷30

 

上木谷

宮崎字塚田196の7

宮崎字上木谷2439

 

上木谷1号

宮崎字ヒラ谷665

宮崎字チワイ谷746

 

上木谷2号

宮崎字上木谷2438

宮崎字祖母谷2617

 

上ノ山

宮崎字鷲ノ2349

 

開設中

烏帽子山

笹川字壱反田690の1

大平字角地58

開設中

常福寺

笹川字田中4984

笹川字小栗澤4657

 

宇津谷

笹川字尻江1284

笹川字中ノ平2587

 

四倉谷

笹川字丸山3610

 

開設中

小更

南保字小更88

南保字宮前1098

 

湯上谷

南保字東井田4038

南保字大林北17

 

矢ン谷

南保字大岩4677

南保字大平山17

 

三峯

南保字壱丈地5406の1

笹川字道満4553の2

 

吉野谷

南保字葭田5722

南保字吉野谷5666

 

石谷・谷

南保字外平6316

南保字立岩6631

 

岩井谷

南保字谷川出戸6465の1

南保字谷川出戸6480

 

中山

蛭谷字山下517の1

蛭谷字山下498の1

 

蛭谷

蛭谷字岡田427

蛭谷字小戸谷1

 

蛭谷2号

蛭谷字荒戸口745

蛭谷字柿ノ木谷1116

 

相ノ又

蛭谷字阿造谷1の9

蛭谷字壱ノ宗1

 

道口

山崎字道口1の2

山崎字湯ノ瀬1の4

 

越道

山崎字湯ノ瀬1

山崎字湯ノ瀬1の2の1

 

棚山

山崎字一ノ谷54の1

棚山字中島368

 

山崎字屋又木3675の1

山崎字下上棚6844

 

山合

山崎字山合縁6711

山崎字上鍋リ谷1の17

 

蛇谷

山崎字蛇谷67

山崎字蛇谷72

 

小在池

山崎字八筬4742の4

棚山字大林上751の16

 

花房

山崎字7039の3

棚山字中島368

 

花房・熊坂

山崎字鴈三5755

山崎字西黒蔵5693

開設中

南谷

山崎字上鍋リ谷1の23

山崎字南谷1の15

 

別表2

林道占用許可基準

(施設の占用の場所)

第1 占用施設を地上に設ける場合においては、その占用施設の位置は、側溝より又は路端よりとしなければならない。

2 林道が交差し、接続し、若しくは屈曲する場所又は既設の待避所には占用施設を設けてはならない。ただし、電線についてはこの限りでない。

(橋りようにおける占用の場所)

第2 電柱、用排水路、導水管又は下水道を橋りようにとりつける場合においては、その占用施設の位置は、橋げたの両側は橋床の下としなければならない。

(占用の期間)

第3 占用の期間は、規程第7条第1号及び第2号に係るものについては6カ月以内とし、第3号から第5号までに係るものについては、1カ年以内とする。占用の期間が満了した場合において、これを更新しようとする場合の期間についても、また同様とする。

(占用施設の構造)

第4 占用施設の構造は、林道の構造又は交通に及ぼす支障を除去するために必要な措置が講ぜられていなければならない。

2 橋りようにとりつける占用施設の構造は、橋の強度に影響を与えないものでなければならない。

3 林道上の建築限界は、次の各号に掲げるところによらなければならない。

(1) 有効高は4.5メートルとすること。

(2) 有効幅員は、その林道の既定幅員とすること。

(3) 片勾配箇所の建築限界は、その勾配に応じ傾斜させること。

(工事の実施方法)

第5 占用に関する工事の実施方法は、次の各号に掲げるところによらなければならない。

(1) 林道の維持及び交通に支障を及ぼさないように必要な措置を講ずること。

(2) 工事現場には、さく又はおおいを設け、その他林道の交通の危険防止のために必要な措置を講ずること。

(工事の時期)

第6 工事は、交通に著しく支障を及ぼさない時期に行なうものでなければならない。

2 前項の場合において、林道を横断して掘さくする工事その他林道の交通をしや断する工事については、交通量の最も少ない時間に行なうものでなければならない。

(復旧方法)

第7 占用のため林道を掘さくした場合における林道の復旧方法は、次の各号に掲げるところによらなければならない。

(1) 掘さく土砂をそのまま埋めもどす場合においては、確実にしめ固めること。

(2) 掘さく土砂をそのまま埋めもどすことが不適当である場合においては、土砂の補充又は入替えを行なつた後埋めもどすこと。

(3) 砂利道の表面仕上げを行なう場合においては、路面を砂利及び土をもつて掘さく前の路面形にしめ固めること。

朝日町林道管理規程

昭和49年9月30日 告示第2号

(平成6年2月1日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第2章
沿革情報
昭和49年9月30日 告示第2号
昭和60年5月28日 告示第11号
平成3年7月1日 告示第17号
平成6年2月1日 告示第3号