○朝日町排水路整備事業補助金交付要綱

昭和56年7月1日

告示第11号

(趣旨)

第1条 この要綱は、朝日町補助金等交付規則(昭和51年朝日町規則第3号。以下「規則」という。)第21条の規定に基づき、朝日町排水路整備事業補助金の交付に関し、必要な事項を定めるものとする。

(補助金の交付)

第2条 町長は、朝日町における生活用排水路(以下「生活用排水路」という。)の整備を図り、環境の改善を促進するため、補助対象事業者が行う事業に要する経費に対し、予算の範囲内において補助金を交付するものとする。

(交付の対象事業及び補助率)

第3条 前条に規定する補助対象事業及びこれに対する補助率は、別表のとおりとする。

(交付申請書及び添付書類)

第4条 規則第3条に規定する補助金交付申請書(様式第1号)に次に掲げる書類を添えて、町長に提出しなければならない。

(1) 事業計画の概要

(2) 設計書

(3) 位置図

(交付条件)

第5条 規則第5条に規定する条件は、次に掲げるとおりとする。

(1) 補助事業の内容を変更する場合においては、町長の承認を受けること。ただし、次条に規定する軽微な変更については、この限りでない。

(2) 補助事業を中止し、又は廃止する場合においては、町長の承認を受けること。

(3) 補助事業が予定の期間内に完了しない場合、又は当該補助事業の遂行が困難となつた場合においては、すみやかに町長に報告しその指示を受けること。

(軽微な変更)

第6条 前条第1号ただし書の軽微な変更とは、工事費の1割以内の変更とする。

(実績報告書及び添付書類)

第7条 補助事業が完了したときは、規則第12条の規定によりすみやかに実績報告書(様式第2号)及びこれに添付すべき書類を町長に提出しなければならない。

(補助金の交付の方法)

第8条 補助金の交付は、精算払いとする。

附 則

この告示は、昭和56年度分の補助金から適用する。

附 則(平成17年告示第11号)

この告示は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成27年告示第23号)

この告示は、平成27年4月1日から施行する。

別表(第3条関係)

補助対象事業及び補助率

事業主体

補助対象事業

事業費

補助率

農業用排水路を除き、生活用排水路を整備する受益町内会

1 農業用施設としての各補助対象施設とならない生活用排水路であつて、共同利用施設のもの

2 受益する町内会が認めるもの

当該事業費1箇所当たり30万円以上200万円以内とし、単年度事業費は15万円以上100万円以内とする。

排水路工及び附帯施設事業費の45%以内

画像画像

画像画像

朝日町排水路整備事業補助金交付要綱

昭和56年7月1日 告示第11号

(平成27年4月1日施行)