○朝日町簡易水道布設分担金賦課徴収条例

昭和32年4月1日

条例第3号

(目的)

第1条 この条例は、朝日町簡易水道条例(昭和32年朝日町条例第2号)に規定する簡易水道(以下「水道」という。)により利益を受ける者に対し分担金の賦課徴収について定めることを目的とする。

(分担金賦課徴収)

第2条 町は、水道を布設する場合町長は、その水道により利益をうける者より分担金を賦課徴収する。

(分担額)

第3条 分担金の額は、その水道の布設に要する費用の額から次の各号の額を控除した額とする。

(1) 国及び県の当該水道布設に対する補助金

(2) 町が予算の範囲内において負担する額

(賦課徴収の基準)

第4条 分担金の賦課徴収基準は、予算の定めるところにより不均一又は均一にして、給水栓割又は戸数割にてその受益者毎に町長が定める。

(納付期日)

第5条 分担金の納付期日は、町長が別に定める。

(施行に関し必要な事項)

第6条 この条例の施行について、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行し、朝日町簡易水道条例(昭和32年朝日町条例第2号)施行の日から適用する。

朝日町簡易水道布設分担金賦課徴収条例

昭和32年4月1日 条例第3号

(昭和32年4月1日施行)

体系情報
第10編 設/第4章
沿革情報
昭和32年4月1日 条例第3号