○火葬場の設置及び管理に関する条例

昭和47年3月29日

条例第9号

(設置)

第1条 本組合は、火葬場を設置する。

(名称及び位置)

第2条 火葬場の名称及び位置は次のとおりとする。

名称

位置

安房聖苑

南房総市山名345番地

長狭地区火葬場

鴨川市東町1850番地の17

(指定管理者による管理)

第3条 火葬場の管理は、地方自治法(昭和22年法律第67号。以下「法」という。)第244条の2第3項に規定する指定管理者(以下「指定管理者」という。)に行わせることができる。

(業務の範囲)

第4条 指定管理者が行う業務の範囲は、次のとおりとする。

(1) 火葬場の運営及び維持管理に関する業務

(2) その他理事会が必要と認める業務

(使用の許可)

第5条 火葬場を使用しようとする者(以下「使用者」という。)は、理事会に申請し、その許可を受けなければならない。

(死体の処理)

第6条 使用者は、死体を理事会に委託し、その遺骨は、理事会の指定する時刻までに処理しなければならない。

2 使用者が、前項の指定時刻までに遺骨を処理しないときには、理事会がこれを処理することができる。この場合において使用者は、異議を申し立てることができない。

(使用料)

第7条 火葬場の使用料は別表のとおりとし、使用を許可する際に徴収する。

(使用料の減免)

第8条 理事会は必要と認めるときは、使用料を減額し、又は使用料の徴収を免除することができる。

(使用料の返還)

第9条 既納の使用料の返還はしない。ただし、止むを得ない事由により、火葬場の使用を中止した場合で理事会が返還することを相当と認めたときは、当該使用料の全部又は一部を返還することができる。

(指定管理者の指定の手続等)

第10条 理事会は、指定管理者の指定をしようとする場合は、規則で定めるところにより、公募するものとする。ただし、緊急の必要により公募することができないときは、この限りでない。

2 前項の規定により公募した場合において、公募がないときは、再度の公募を要しない。

3 指定管理者の指定を受けようとする法人その他の団体(以下「法人等」という。)は、規則で定めるところにより、理事会に申請しなければならない。

4 理事会は、前項の規定による申請の内容を次に掲げる基準により審査し、火葬場を最も適切に管理することができると認める法人等を、法第244条の2第6項の規定による議会の議決を経て、指定管理者として指定するものとする。

(1) 使用者の平等な利用を確保するものであること。

(2) 火葬場の効用を最大限に発揮するとともに、その管理に要する経費を縮減するものであること。

(3) 火葬場の管理を安定して行う能力を有すること。

(4) 火葬場の適切な管理に支障を及ぼすおそれがないこと。

(5) 前各号に掲げるもののほか、理事会が定める基準

5 理事会は、前項の規定により指定管理者を指定したときは、その旨を告示するものとする。法第244条の2第11項の規定により指定管理者の指定を取り消し、又は管理の業務の全部若しくは一部の停止を命じたときも、同様とする。

6 前各項に定めるもののほか、指定管理者の指定の手続等に関し必要な事項は、規則で定める。

(管理の基準)

第11条 指定管理者は、法令、条例、条例に基づく規則その他理事会の定めるところに従い、火葬場の管理を行わなければならない。

(損害賠償)

第12条 使用者の責に帰すべき事由により火葬場を破損又は滅失した場合は、理事会の認定に基づき損害を賠償しなければならない。

(規則への委任)

第13条 この条例の施行について必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、昭和47年4月1日から施行する。

附 則(昭和49年3月28日条例第4号)

この条例は、昭和49年4月1日から施行する。

附 則(昭和52年3月28日条例第2号)

この条例は、昭和52年4月1日から施行する。

附 則(昭和52年3月28日条例第4号)

この条例は、公布の日から起算して1月を超えない範囲において規則で定める日から施行する。

(昭和52年3月規則第1号で、同52年4月1日から施行)

附 則(昭和53年9月7日条例第2号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(昭和57年3月8日条例第3号)

この条例は、昭和57年4月1日から施行する。

附 則(昭和59年3月5日条例第4号)

この条例は、公布の日から起算して3月を超えない範囲において規則で定める日から施行する。

(昭和59年5月規則第3号で、同59年5月31日から施行)

附 則(昭和60年3月5日条例第2号)

この条例は、昭和60年4月1日から施行する。

附 則(昭和62年3月25日条例第2号)

この条例は、昭和62年4月1日から施行する。

附 則(平成13年12月28日条例第8号)

この条例中別表第2の改正規定は、公布の日から、その他の規定は、平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成14年3月27日条例第1号)

この条例は、平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成18年2月28日条例第1号)

この条例は、平成18年3月20日から施行する。

附 則(平成18年12月26日条例第6号)

1 この条例は、平成19年4月1日から施行する。

2 指定管理者の指定に関する手続及び指定管理者が管理を行うための準備行為は、この条例の施行の日前においても行うことができる。

附 則(平成23年6月1日条例第4号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成24年3月29日条例第5号)

この条例は、平成24年10月1日から施行する。

別表(第7条関係)

火葬場使用料

区分

圏域内

圏域外

火葬場使用料

大人1体につき

15,000円

50,000円

小人(12歳未満)

1体につき

10,000円

30,000円

死産児1体につき

10,000円

30,000円

改葬1棺につき

15,000円

50,000円

四肢1人につき

10,000円

30,000円

備考 圏域内とは、死亡者又は使用者が圏域内(安房郡市広域市町村圏事務組合規約(昭和45年千葉県指令第1876号)第3条に規定する市町をいう。)に住所を有するものとする。なお、圏域内に住所を有するか否かを判断し難いときは、圏域内に住所を有する者とみなす。

火葬場の設置及び管理に関する条例

昭和47年3月29日 条例第9号

(平成24年10月1日施行)

体系情報
第7章 業/第2節 火葬場
沿革情報
昭和47年3月29日 条例第9号
昭和49年3月28日 条例第4号
昭和52年3月28日 条例第2号
昭和52年3月28日 条例第4号
昭和53年9月7日 条例第2号
昭和57年3月8日 条例第3号
昭和59年3月5日 条例第4号
昭和60年3月5日 条例第2号
昭和62年3月25日 条例第2号
平成13年12月28日 条例第8号
平成14年3月27日 条例第1号
平成18年2月28日 条例第1号
平成18年12月26日 条例第6号
平成23年6月1日 条例第4号
平成24年3月29日 条例第5号