○火葬場指定管理者候補者選定審査会設置要綱

平成18年12月26日

訓令第6号

(設置)

第1条 安房郡市広域市町村圏事務組合(以下「組合」という。)が設置する火葬場の指定管理者の候補者を公正に選定するため、火葬場指定管理者候補者選定審査会(以下「審査会」という。)を設置する。

(所掌事項)

第2条 審査会は、次に掲げる事項について調査審議し、理事会に報告するものとする。

(1) 指定管理者の候補者の予定者を選出すること。

(2) 公募に係る募集要項、仕様書等の内容について審査すること。

(3) 指定管理者の候補者を選定するための評価項目及びその点数並びに基準評価値を審査すること。

(4) 地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第11項の規定により指定管理者の指定を取り消し、又は期間を定めて管理の業務の全部若しくは一部の停止を命ずる際に意見を述べること。

(5) 前各号に掲げるもののほか、指定管理者に関し特に必要があると認められる事項について調査審議すること。

(組織)

第3条 審査会の委員は、関係市町の環境衛生担当課長及び組合事務局長をもってこれに充てる。

2 審査会に会長を置き、委員の互選により選出する。

3 会長は、会務を総理し、審査会を代表する。

4 会長に事故あるときは、あらかじめ会長が指名した委員がその職務を代理する。

(会議)

第4条 審査会の会議(以下「会議」という。)は、理事長が招集し、会長が会議の議長となる。

2 会議は、委員の半数以上が出席しなければ開くことができない。

3 委員は、自らが会議に出席できないときは、あらかじめ会長の承認を得て、当該委員の指名した者を代理人として当該会議に出席させることができる。

4 審査会は、必要があると認めるときは、会議に委員以外の者の出席を求め、意見を聞くことができる。

(庶務)

第5条 審査会の庶務は、組合事務局において処理する。

(委任)

第6条 前各条に定めるもののほか、審査会の運営その他必要な事項は、審査会が理事会の同意を得て定める。

この訓令は、公示の日から施行する。

火葬場指定管理者候補者選定審査会設置要綱

平成18年12月26日 訓令第6号

(平成18年12月26日施行)

体系情報
第7章 業/第2節 火葬場
沿革情報
平成18年12月26日 訓令第6号