○消火活動に重大な支障を生ずるおそれのある洞道等の指定

平成13年4月1日

告示第6号

火災予防条例(昭和47年条例第8号。以下「条例」という。)第45条の2第1項の規定に基づき、消火活動に重大な支障を生ずるおそれのある洞道等を次のように指定する。

条例第45条の2第1項に規定する消防長が消火活動に重大な支障を生ずるおそれのあるものとして指定する洞道、共同溝その他これらに類する地下の工作物(以下「洞道等」という。)は、通信ケーブル等の敷設、改修工事又は維持管理のための通常、人が出入りすることのできるもので、次の各号に掲げるものとする。

(1) 洞道その他これらに類する地下の工作物で、その長さ(洞道と地下の工作物が接続するものにあっては、その長さの合計)が50メートル以上のもの

(2) 共同溝(共同溝の整備等に関する特別措置法(昭和38年法律第81号)第2条第5項に規定する共同溝をいう。以下同じ)並びに共同溝に接続する洞道及び地下の工作物

(3) 前2号以外で消防長が特に必要と認める洞道等

附 則

この告示は、平成13年4月1日から施行する。

消火活動に重大な支障を生ずるおそれのある洞道等の指定

平成13年4月1日 告示第6号

(平成13年4月1日施行)

体系情報
第7章 業/第3節
沿革情報
平成13年4月1日 告示第6号