○ふるさとあわらサポート条例施行規則

平成20年3月26日

規則第1号

(趣旨)

第1条 この規則は、ふるさとあわらサポート条例(平成20年あわら市条例第1号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(事業の指定等)

第2条 条例第2条の規定に基づき、寄附者が寄附金の使途をあらかじめ指定するときは、次に掲げる事業の中から指定するものとする。

(1) 芦原温泉駅周辺に活気を取り戻し、快適な都市空間に生まれ変わらせるための事業

(2) ゆのまち情緒にあふれ、にぎわいと華やぎを感じさせる温泉街づくりのための事業

(3) 子どものことを考えた学校づくりのための事業

(4) 北潟湖や竹田川を自然の息吹に満ちた空間によみがえらせるための事業

(5) 子どもを生み、育てやすい環境と施設づくりのための事業

(6) その他あわら市を元気にするために市長が必要と認める事業

2 市長は、寄附者が条例第2条の規定による寄附金の使途の指定をしないときは、前項各号に掲げる事業の中から当該寄附金を充てるべき事業を指定するものとする。

3 市長は、前項の規定による指定を行ったときは、当該寄附金に係る寄附者にその内容を報告するものとする。

(寄附の申込み)

第3条 寄附の申込みは、ふるさとあわらサポート申込書(様式第1号)により行うものとする。

2 前項の規定にかかわらず、市長が特に必要があると認めるときは、同項に規定する方法以外の方法で寄附の申込みを行うことができる。

(寄附金の額)

第4条 寄附金は、1口5,000円とする。ただし、市長が認めるときはこの限りでない。

(公序良俗に反する寄附金の取扱い)

第5条 市長は、申込みに係る寄附金を受け入れることが公の秩序又は善良の風俗に反すると認めるときは、当該寄附金の受入れを拒否し、又は既に収受した寄附金を返還することができる。

2 市長は、前項の規定により寄附金の受入れを拒否し、又は既に収受した寄附金を返還したときは、その理由及び経過を記録しておくものとする。

(寄附金台帳)

第6条 市長は、寄附金の適正な管理を図るため、ふるさとあわらサポート寄附金台帳(様式第2号)を整備するものとする。

(基金の処分)

第7条 条例第8条の規則で定める場合は、第2条第1項各号に掲げる事業を行う場合とする。

(運用状況等の公表)

第8条 市長は、毎年5月末日までに、ふるさとあわらサポート基金の運用状況、寄附金の額その他必要な事項を公表するものとする。

(その他)

第9条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成27年12月8日規則第27号)

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この規則による改正前のふるさとあわらサポート条例施行規則に定める様式による用紙は、当分の間、所要の調整をして使用することができる。

画像

画像

ふるさとあわらサポート条例施行規則

平成20年3月26日 規則第1号

(平成27年12月8日施行)