○綾瀬市職員の任用に関する規則

昭和63年4月1日

規則第14号

(趣旨)

第1条 この規則は、地方公務員法(昭和25年法律第261号。以下「法」という。)その他別に定めるものを除くほか、綾瀬市職員(以下「職員」という。)の任用に関し必要な事項を定めるものとする。

(用語の意義)

第2条 この規則において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 採用現に職員でない者を職員の職に任命することをいう。

(2) 昇任職員を当該職員の職より上位の職に任命することをいう。

(3) 降任職員を当該職員の職より下位の職に任命することをいう。

(4) 転任職員を昇任及び降任の場合を除き、他の職に任命することをいう。

(任命の方法)

第3条 市長は、職員の職に欠員を生じた場合(新たに職員の職が設定され、それに職員が充てられていない場合を含む。)には、採用、昇任、降任又は転任のいずれかの方法により職員を任命するものとする。

(競争試験)

第4条 職員の採用及び昇任は、第15条又は第16条の規定に基づき選考によることができる場合を除き、競争試験(以下「試験」という。)により行うものとする。

(平元規則38・一部改正)

(試験の方法)

第5条 試験は、次の各号に掲げる方法のうち3以上を併せて行うものとする。

(1) 筆記試験

(2) 作文試験(論文)

(3) 身体検査

(4) 体力検査

(5) 経歴評定

(6) 口頭試問

(7) その他職務遂行の能力を客観的に判定することができる方法

(試験の公示)

第6条 採用試験を行う場合には、市広報に登載する等適切な方法により公示するものとする。

2 昇任試験を行う場合には、受験資格を有するすべての職員に通知その他適切な方法により周知させるものとする。

第7条 採用試験の公示の内容は、次の各号に掲げる事項とする。

(1) 当該試験の対象となる職

(2) 当該試験の対象となる職の職務の概要

(3) 受験資格

(4) 当該試験の方法、時期及び場所

(5) 受験申込書の入手、提出の場所、時期及び手続

(6) その他市長が必要と認める事項

2 昇任試験の通知又は公示の内容は、採用試験の場合に準じて市長がその都度定める。

(受験の資格要件)

第8条 受験の資格要件は、受験者として必要な最低の学歴、免許、経歴等を有することとし、試験の種類に応じて市長がその都度定める。

2 市長は、昇任試験を受けることができる職員の範囲に関して、特に必要があると認めるときは、別に定めることができる。

(試験の実施の委任)

第9条 市長は、試験の実施に関し必要があると認めるときには、その事務の全部又は一部について、他の任命権者に委任することができる。

(任用候補者名簿)

第10条 任用候補者名簿(以下「名簿」という。)は、試験の行われた職の区分に応じて作成する。

2 次条及び第12条の規定による場合のほかは、名簿に記載された事項についていかなる訂正又は変更をも行うことはできない。

(名簿からの削除)

第11条 市長は、任用候補者が次の各号のいずれかに該当する場合においては、当該候補者を名簿から削除するものとする。

(1) 当該試験を受ける資格が欠けていたことが明らかとなつた場合

(2) 受験の申込み又は試験において、主要な事実について虚偽若しくは不正の行為をし、又はしようとしたことが明らかとなつた場合

(3) 当該名簿から選択されて任命された場合

(4) 任用に関する市長又は他の任命権者からの照会に応答しない場合

(5) 任用の辞退の申出があつた場合

(6) 心身の故障のため、当該名簿の対象となる職の職務の遂行に支障があり、又はこれに堪えられないことが明らかとなつた場合

(7) その他市長が定める場合

(平6規則11・一部改正)

(名簿の訂正)

第12条 市長は、名簿の作成の過程において事務上の誤りがあつたことを発見した場合又は任用候補者の氏名の変更その他名簿の記載事項について異動があつたことを確認した場合においては、速やかに名簿の訂正を行うものとする。

(名簿の失効)

第13条 市長は、次の各号のいずれかに該当する場合は、名簿を失効させることができる。

(1) 当該名簿が確定後1年を経過した場合

(2) 当該名簿に記載された任用候補者がなくなつた場合

(3) その他市長が認める場合

(名簿への復活)

第14条 市長は、次の各号のいずれかに該当する場合には、任用候補者名簿から削除された任用候補者を当該名簿に復活させることができる。

(1) 第11条第4号に該当して削除された者が、当該照会等に応じることができなかつたことについて、正当な理由があると認められる場合

(2) 第11条第6号に該当して削除された者が、その理由が消滅したと認められる場合

(選考により採用することができる職)

第15条 市長は、次の各号のいずれかに該当する職への採用は、選考により行うことができる。

(1) 綾瀬市一般職の職員の初任給・昇格・昇給等に関する規則(昭和36年綾瀬町規則第5号)別表第1に規定する級別標準職務表の4級から8級までの欄に掲げる職務の職(以下「役付職員」という。)

(3) 国及び他の地方公共団体の試験又は選考に合格した者をもつて補充しようとする職で、当該試験又は選考に係る職と同等以下であると市長が認めるもの

(4) かつて職員であつた者をもつて補充しようとする職で、その者がかつて任用されていた職と職務の複雑と責任の度が同等以下であると市長が認めるもの

(5) 前各号に規定するもののほか、試験によることが適当でないと市長が認める職

(6) 特殊な専門的知識若しくは技術を必要とする職で前号に該当しない職

(平元規則38・平6規則11・平29規則19・一部改正)

(選考による昇任)

第16条 市長は、次の各号のいずれかに該当する職への昇任は、選考により行うことができる。

(1) 役付職員への昇任又は現に役付職員の職にある職員の上位の職への昇任

(2) 前条第2号から第6号までに規定する職員のうち選考による昇任が適当と認められる職にある者の昇任

2 前項に規定するもののほか、市長は職員の勤務実績、勤務年数等を勘案して特に昇任させる必要があると認めたときは、選考により昇任を行うことができる。

(平19規則12・一部改正)

(選考の方法)

第17条 選考は、選考される者の当該職の職務の遂行能力の有無を判定するものとし、次の各号の規定する方法によるものとする。

(1) 採用の場合は、口頭試問、身体検査及び人物性行の判定並びに経歴、教育程度、技術、技能又は適性の判定による。ただし、市長が必要があると認める場合は、一般的知識及び専門的知識について判定を行うことができる。

(2) 昇任の場合は、勤務成績の判定、経歴評定その他の方法によるものとし、それらの基準については、市長が別に定める。

(選考基準の特例)

第18条 市長は、前条第2号に規定する基準にかかわらず生命をとして職務を遂行しそのために危篤となり、又は心身に著しい障害がある状態となつた者を選考により昇任させることができる。

(条件付採用期間の延長)

第19条 職員が条件付採用期間の開始後6月間において実際に勤務した日数が90日に満たない場合には、その日数が90日に達するまで、その条件付採用の期間を延長するものとする。

2 採用後直ちに所定の研修又は教育を受け、その後実務に従事する職員については、当該研修又は教育の期間中は条件付採用とする。

(臨時的任用職員)

第20条 市長は、次の各号のいずれかに該当する場合においては、現に職員でない者を臨時的に任用できる。

(1) 災害その他重大な事故のため、当該職に法第17条に規定する任命の方法により、職員を任命するまでの間、欠員にしておくことができない緊急の場合

(2) 当該職が、臨時的任用を行う日から1年未満の期間内に廃止されることが予想される臨時のものである場合

(3) 職に欠員を生じた場合において、名簿がなく、当該職について法第17条に規定する任命の方法により職員を任命するまでの間、欠員にしておくことができない場合

(委任)

第21条 この規則に定めるもののほか、職員の任用に関し必要な事項は別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、昭和63年4月1日から施行する。

(旧規則の廃止)

2 職員の任用に関する規則(昭和44年綾瀬町規則第7号)は、廃止する。

附 則(平成元年5月29日規則第38号)

この規則は、公布の日から施行し、平成元年4月1日から適用する。

附 則(平成6年3月30日規則第11号)

この規則は、平成6年4月1日から施行する。

附 則(平成19年3月30日規則第12号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成29年3月31日規則第19号)

この規則は、平成29年4月1日から施行する。

綾瀬市職員の任用に関する規則

昭和63年4月1日 規則第14号

(平成29年4月1日施行)