○綾瀬市消防職員が行う立入検査の証票を定める規則

昭和57年2月10日

規則第5号

(趣旨)

第1条 この規則は、消防法(昭和23年法律第186号)第4条第2項(第16条の3の2第3項、第16条の5第3項又は第34条第2項において準用する場合を含む。)の規定に基づき、消防職員が行う立入検査の証票について必要な事項を定めるものとする。

(平14規則39・平20規則26・一部改正)

(様式)

第2条 消防職員が立入検査をする場合の証票(以下「立入検査証」という。)は、別記様式とする。

(有効期間)

第3条 立入検査証の有効期間は、発行の日から3年間とする。

(提示)

第4条 消防職員は、職務を執行しようとするときは、立入検査証を携帯し、関係のある者の請求があるときは、これを示さなければならない。

(平14規則39・一部改正)

(委任)

第5条 この規則に定めるもののほか、立入検査証について必要な事項は、消防長が定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成元年1月8日規則第1号)

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 改正前の様式に基づいて作成した用紙は、なお当分の間、必要な調整をして使用することができる。

附 則(平成14年10月10日規則第39号)

(施行期日)

1 この規則は、平成14年10月25日から施行する。

(経過措置)

2 改正前の様式に基づいて作成した用紙は、なお当分の間、必要な調整をして使用することができる。

附 則(平成20年11月20日規則第26号)

この規則は、公布の日から施行する。

(平元規則1・平14規則39・平20規則26・一部改正)

画像

綾瀬市消防職員が行う立入検査の証票を定める規則

昭和57年2月10日 規則第5号

(平成20年11月20日施行)

体系情報
第11編 防/第3章 予防・警防
沿革情報
昭和57年2月10日 規則第5号
平成元年1月8日 規則第1号
平成14年10月10日 規則第39号
平成20年11月20日 規則第26号