○綾瀬市警防規程

平成4年12月25日

消本訓令第5号

(趣旨)

第1条 この訓令は、消防組織法(昭和22年法律第226号)、消防法(昭和23年法律第186号)等に基づき、火災、水災、救急、救助事故及びその他の災害(以下「災害」という。)から市民の生命、身体及び財産を保護するために行う活動等について、必要な事項を定めるものとする。

(用語の意義)

第2条 この訓令において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 災害出動 災害が発生し、又は発生するおそれがあるときに実施する災害の警戒、防除、鎮圧等被害の拡大を防止するために行う出動をいう。

(2) 消防隊等 消防車等をもって編成した各隊を総称していう。

(3) 現場最高指揮者 災害出動した消防隊等を統括指揮し、災害現場でのすべての権限を有する者をいう。

(平15消本訓令6・一部改正)

(消防隊等の配置)

第3条 消防隊等の名称及び配置場所は、別表第1に定めるとおりとする。

(災害出動等の種別)

第4条 災害出動等の種別は、次の各号に定めるとおりとする。

(1) 災害出動

 火災出動 火災を覚知したときに即時に行う出動

 救助出動 人命救助活動を実施するための出動

 救急出動 傷病者等を医療機関等へ搬送するための出動

 救急支援出動 傷病者の救命率向上及び救急出動現場における安全確保等を図り、救急隊を支援するための出動

 風水害出動 風水害等自然災害活動を実施するための出動

 警戒出動 覚知時に火災と断定することが困難な場合又は怪煙の上昇、自動火災報知設備の吹鳴、可燃性ガス漏えい等火災が発生するおそれがあると認められるときの出動

 応援出動 消防相互応援協定等に基づくほか、消防長が必要と認めたときに行う近隣市町等への出動及び緊急消防援助隊の出動要請による他都道府県への出動

 特命出動 からに定めるもののほか、災害の規模及び状況によって、消防長又は現場最高指揮者が特別に必要があると認めたときの出動

(2) 業務出向

前号に規定する災害出動以外のものとする。

(平10消本訓令4・平18消本訓令3・平20消本訓令2・平29消本訓令1・一部改正)

(災害出動体制)

第5条 消防隊等は、常に災害発生等に備え有効な出動体制を確立しておかなければならない。

2 災害出動体制について必要な事項は、別に定めるものとする。

(指揮系統)

第6条 災害現場における指揮系統は、別に定めがあるもののほか、原則として次のとおりとする。

副署長―主幹又は総括副主幹―副主幹、主査、主任、消防主事及び消防主事補

(平5消本訓令1・平15消本訓令6・平25消本訓令6・一部改正)

(現場最高指揮者)

第7条 現場最高指揮者は、現に災害出動している者のうち最上級者が当たる。この場合において、同職名者が複数出動し同一活動を行う場合の現場最高指揮者の決定は、原則として別表第2に定める順位によるものとする。

(現場指揮本部の設置)

第8条 現場最高指揮者は、災害の規模及び状況に応じて現場指揮本部を設置するものとする。

2 現場指揮本部の設置及び運用について必要な事項は、別に定めるものとする。

(鎮火の決定等)

第9条 鎮圧及び鎮火は、現場最高指揮者が決定するものとする。

2 鎮火決定については、再燃火災防止活動を実施した後としなければならない。

3 再燃火災防止活動について必要な事項は、別に定めるものとする。

(消防水利の整備及び維持管理)

第10条 消防水利は、火災発生時等において有効に活用するため、常にその整備及び維持管理を行うものとする。

2 消防水利の整備及び維持管理について必要な事項は、別に定めるものとする。

(警防調査)

第11条 災害発生時等における防ぎょ活動を円滑に実施するため、消防対象物の警防調査を実施するものとする。

2 警防調査について必要な事項は、別に定めるものとする。

(消防通信)

第12条 消防通信は、その設備及び機能等を最大限に発揮させるとともに、有効適切な運用を図らなければならない。

2 消防通信について必要な事項は、別に定めるものとする。

(消防訓練)

第13条 災害発生時等において有効適切な活動を行うため、常に技術向上を目的とした消防訓練を実施しなければならない。

2 消防訓練の実施について必要な事項は、別に定めるものとする。

(出動報告等)

第14条 災害出動した消防隊等の指揮者は、災害出動報告書作成基準表(別表第3)により活動状況を報告しなければならない。ただし、出動後において災害以外のものと判明した場合は、第3項の規定によるものとする。

2 前項の規定による災害出動のうち救急出動した救急隊の指揮者は、傷病者搬送票(第3号様式の3)を作成した場合は、必要に応じて医療機関に写しを交付し、又は必要に応じて情報の提供を行うことができる。ただし、特別に医療機関が定めた様式がある場合は、これを傷病者搬送票に替えるものとする。

3 業務出向した消防隊等の指揮者は、必要に応じて業務出向報告書(第15号様式)により活動状況を報告しなければならない。ただし、出動後において災害と判明した場合は、第1項の規定によるものとする。

4 前項の規定に基づく業務出向報告書には、必要に応じて第7号様式第8号様式及び第9号様式を添付するものとする。

(平7消本訓令1・平8消本訓令3・平11消本訓令2・平15消本訓令6・平18消本訓令3・一部改正)

(消防活動検討会)

第15条 警防調査結果及び災害出動の内容を検討し、消防活動を迅速適確に遂行するため、消防活動検討会を実施するものとする。

2 消防活動検討会の実施について必要な事項は、別に定めるものとする。

(平8消本訓令3・追加)

附 則

(施行期日)

1 この訓令は、平成5年1月1日から施行する。

(綾瀬市警防規程の廃止)

2 綾瀬市警防規程(昭和60年綾瀬市消防本部訓令第5号)は、廃止する。

附 則(平成5年3月30日消本訓令第1号)

この訓令は、平成5年4月1日から施行する。

附 則(平成7年1月18日消本訓令第1号)

この訓令は、公表の日から施行する。

附 則(平成8年3月29日消本訓令第3号)

この訓令は、平成8年4月1日から施行する。

附 則(平成10年12月10日消本訓令第4号)

(施行期日)

1 この訓令は、平成11年1月1日から施行する。

(経過措置)

2 改正前の様式に基づいて作成した用紙は、なお当分の間、必要な調整をして使用することができる。

附 則(平成11年3月31日消本訓令第2号)

(施行期日)

1 この訓令は、平成11年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 改正前の様式に基づいて作成した用紙は、なお当分の間、必要な調整をして使用することができる。

附 則(平成15年3月28日消本訓令第6号)

(施行期日)

1 この訓令は、平成15年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 改正前の様式に基づいて作成した様式は、なお当分の間、必要な調整をして使用することができる。

附 則(平成15年11月21日消本訓令第9号)

この要綱は、平成15年11月21日から施行する。

附 則(平成18年3月31日消本訓令第3号)

この訓令は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成20年12月18日消本訓令第2号)

(施行期日)

1 この訓令は、平成21年1月1日から施行する。

(経過措置)

2 改正前の様式に基づいて作成した用紙は、なお当分の間、必要な調整をして使用することができる。

附 則(平成24年12月28日消本訓令第1号)

(施行期日)

1 この訓令は、平成25年1月1日から施行する。

(経過措置)

2 改正前の様式に基づいて作成した用紙は、なお当分の間、必要な整理をして使用することができる。

附 則(平成25年3月29日消本訓令第6号)

この訓令は、平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成26年3月31日消本訓令第1号)

この訓令は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成29年3月30日消本訓令第1号)

この訓令は、公表の日から施行する。

附 則(平成31年4月25日消本訓令第3号)

この訓令は、公表の日から施行する。

別表第1(第3条関係)

(平8消本訓令3・全改、平15消本訓令6・平15消本訓令9・平26消本訓令1・一部改正)

消防隊等の名称及び配置

消防署

本署

消防第1担当

第1消防隊

第2消防隊

救助第1担当

救助隊

消防第2担当

第1消防隊

第2消防隊

救助第2担当

救助隊

消防第3担当

第1消防隊

第2消防隊

救助第3担当

救助隊

分署

北分署第1担当

消防隊

救急隊

南分署第1担当

消防隊

救急隊

北分署第2担当

消防隊

救急隊

南分署第2担当

消防隊

救急隊

北分署第3担当

消防隊

救急隊

南分署第3担当

消防隊

救急隊

備考 第2消防隊は、救急隊として従事することができる。

別表第2(第7条関係)

(平5消本訓令1・平8消本訓令3・平15消本訓令6・平15消本訓令9・一部改正)

現場最高指揮者決定順位表

区分

順位

名称等

1 配置

本署

分署

2 担当名

消防第1担当

消防第2担当

消防第3担当

救助第1担当

救助第2担当

救助第3担当

3 隊名

第1消防隊・救助隊・分署消防隊

第2消防隊・分署救急隊

備考

1 区分1から3の順で決定するものとする。

2 上段のものを上位とする。

別表第3(第14条関係)

(平18消本訓令3・全改、平20消本訓令2・平24消本訓令1・平26消本訓令1・一部改正)

災害出動報告書作成基準表

災害出動種別

様式

火災

救助

救急

救急支援

風水害

応援

特命

火災出動報告書(第1号様式)

 

 

 

 

 

救助出動報告書(第2号様式)

 

 

 

 

 

救急出動報告書(第3号様式)

 

 

 

 

 

傷病者記録票(第3号様式の2)

 

 

 

 

 

 

傷病者搬送票(第3号様式の3)

 

 

 

 

 

 

救急救命処置記録票(第3号様式の4)

 

 

 

 

 

 

救急支援出動報告書(第4号様式)

 

 

 

 

 

 

風水害出動報告書(第5号様式)

 

 

 

 

 

応援出動報告書(第6号様式)

 

 

 

 

 

活動状況概要書(第7号様式)



現場略図(第8号様式)

現場活動図(第9号様式)

 

消防協力者調(第10号様式)

死傷者調(第11号様式)

 

災害出動者名簿(第12号様式)

 

り災別焼損状況(第13号様式)

 

 

 

 

 

被救助者調(第14号様式)

 

 

 

 

備考 ○印は必ず作成し、△印は必要に応じて作成するものとする。

(平20消本訓令2・全改)

画像画像

(平20消本訓令2・全改)

画像画像

(平24消本訓令1・全改)

画像

(平24消本訓令1・全改)

画像

(平24消本訓令1・全改、平31消本訓令3・一部改正)

画像

(平18消本訓令3・追加)

画像

(平24消本訓令1・全改、平29消本訓令1・平31消本訓令3・一部改正)

画像画像

(平20消本訓令2・全改)

画像

(平20消本訓令2・全改)

画像

(平18消本訓令3・旧第6号様式繰下・一部改正)

画像

(平20消本訓令2・全改)

画像

(平18消本訓令3・旧第8号様式繰下)

画像

(平18消本訓令3・旧第9号様式繰下)

画像画像

(平18消本訓令3・旧第10号様式繰下)

画像

(平18消本訓令3・旧第11号様式繰下)

画像

(平7消本訓令1・追加、平18消本訓令3・旧第12号様式繰下)

画像

(平7消本訓令1・追加、平18消本訓令3・旧第13号様式繰下)

画像

(平20消本訓令2・全改)

画像

綾瀬市警防規程

平成4年12月25日 消防本部訓令第5号

(平成31年4月25日施行)

体系情報
第11編 防/第3章 予防・警防
沿革情報
平成4年12月25日 消防本部訓令第5号
平成5年3月30日 消防本部訓令第1号
平成7年1月18日 消防本部訓令第1号
平成8年3月29日 消防本部訓令第3号
平成10年12月10日 消防本部訓令第4号
平成11年3月31日 消防本部訓令第2号
平成15年3月28日 消防本部訓令第6号
平成15年11月21日 消防本部訓令第9号
平成18年3月31日 消防本部訓令第3号
平成20年12月18日 消防本部訓令第2号
平成24年12月28日 消防本部訓令第1号
平成25年3月29日 消防本部訓令第6号
平成26年3月31日 消防本部訓令第1号
平成29年3月30日 消防本部訓令第1号
平成31年4月25日 消防本部訓令第3号