○綾瀬市教育委員会会議規則

昭和56年10月1日

教委規則第19号

目次

第1章 総則(第1条~第8条の2)

第2章 議案の発議及び撤回(第9条・第10条)

第3章 議事日程(第11条~第13条)

第4章 議事(第14条~第16条)

第5章 発言(第17条~第30条)

第6章 表決(第31条~第40条)

第7章 会議録(第41条・第42条)

第8章 辞職(第43条~第45条)

第9章 請願又は陳情(第46条~第49条)

第10章 規律(第50条・第51条)

第11章 補則(第52条)

第1章 総則

(趣旨)

第1条 この規則は、地方教育行政の組織及び運営に関する法律(昭和31年法律第162号)第16条の規定に基づいて、綾瀬市教育委員会(以下「委員会」という。)の会議その他委員会の議事の運営について必要な事項を定めるものとする。

(平27教委規則3・一部改正)

(招集)

第2条 会議の招集通知は、開会の日の7日前までに、会議開催の日時及び場所(以下「会議場」という。)並びに会議に付すべき事件を記載した書面をもつて行う。ただし、緊急を要する場合は、この限りでない。

2 委員は、招集された期日の開会時刻までに指定された会議場に参集しなければならない。

(平19教委規則3・一部改正)

(欠席の届出)

第3条 会議に出席できない委員は、会議前日までにその理由を教育長に届出なければならない。

(平27教委規則3・一部改正)

(会議)

第4条 会議は、定例会及び臨時会とする。

2 定例会は、毎月1回招集とする。

3 臨時会は、教育長が必要があると認めたとき又は委員2人以上から会議に付議すべき事件を示して会議の招集の請求があったときに招集する。

(昭62教委規則9・平27教委規則3・一部改正)

(会期)

第5条 会議の会期は、1日とする。

2 会期中に議事を終了できないとき、又は特に必要があるときは、教育長は、会議に諮り会期を延長することができる。

(平27教委規則3・一部改正)

(会議の開閉)

第6条 会議は、教育長がこれを開閉する。

(平27教委規則3・一部改正)

(会議が成立しない場合の処置)

第7条 委員の出席が定足数に満たないとき、又は会議中定足数を欠いたときは、教育長は、延会又は休憩を宣告する。

(平27教委規則3・一部改正)

(会議の公開等)

第8条 会議は、公開とする。ただし、次の各号に掲げる事項について審議し、及び報告を受ける場合において、教育長又は委員の発議により教育長及び出席委員の3分の2以上の多数で議決したときは、これを公開しないことができる。

(1) 任免、賞罰等職員の身分取扱いその他の人事に関すること。

(2) 訴訟、審査請求その他の争訟に関すること。

(3) 個人に関する情報を含み、会議を公開することにより個人の権利利益を害するおそれのある事項

(4) 前各号に定めるもののほか、会議を公開することにより教育行政の公正又は円滑な運営に著しい支障が生じるおそれのある事項

2 会議を公開しないときは、教育長は、教育長が指定する者以外の者を、すべて会議場の外に退去させなければならない。

(平12教委規則9・全改、平13教委規則6・平27教委規則3・平28教委規則2・一部改正)

(傍聴)

第8条の2 傍聴の手続、傍聴人の守るべき事項その他傍聴に関し必要な事項は、別に定める。

(平12教委規則9・追加)

第2章 議案の発議及び撤回

(発議の手続)

第9条 委員は、議案を発議しようとするときは、その案を添え、理由を付して、あらかじめこれを教育長に提出しなければならない。

2 教育長は、発議案を印刷して各委員に配布しなければならない。

3 緊急を要するもの又は簡易なものは、前2項の規定にかかわらず会議開会の際口頭でこれを発議することができる。

(平19教委規則3・平27教委規則3・一部改正)

(発議案の撤回)

第10条 発議案を撤回しようとするときは、発議者の全部からこれを請求しなければならない。

第3章 議事日程

(議事日程記載事項等)

第11条 会議に付する事件及びその順序並びに会議の日時は、これを議事日程に記載しなければならない。

2 教育長は、議事日程を印刷して、あらかじめ各委員に配布する。

(平27教委規則3・一部改正)

(日程の変更)

第12条 教育長が必要と認めるとき、又は委員から緊急事件若しくは議事日程の変更の動議があつたときは、教育長は討論を行わないで会議に諮り、議事日程を変更することができる。

(平27教委規則3・一部改正)

(議事未了の場合)

第13条 議事日程に定めた事件について会議を開くことができなかつたとき、又は議事を終了することができなかつたときは、教育長は、更にその日程を定めなければならない。

(平27教委規則3・一部改正)

第4章 議事

(教育長の宣告)

第14条 教育長は、会議事件を議題とするときは、その旨を宣告しなければならない。

2 教育長は、審議上必要があると認めたときは、2以上の会議事件を一括して議題とすることができる。

(平27教委規則3・一部改正)

(議事の順序)

第15条 議事は、前回会議録の承認、報告及び議案の審議の順序によつてこれを行う。ただし、教育長が必要と認めたときは、会議に諮り、この順序を変更し、又は省略することができる。

2 議事の審議は、提案理由の説明、質疑、討論及び表決の順序によつてこれを行う。ただし、教育長が必要がないと認めた場合は、質疑及び討論の区別を省略することができる。

(平27教委規則3・一部改正)

(教育長の報告、説明及び助言)

第16条 委員会は、議案その他に関し、必要があるときは、教育長又はその指定する事務局職員より、報告、説明又は助言を求めることができる。

第5章 発言

(発言)

第17条 発言は、教育長の許可を受けなければすることができない。

2 発言は、簡明にし、議題の範囲を超えてはならない。

3 発言は、その中途において他の発言によつて妨げられない。ただし、議事進行に関して教育長が発言を許したときは、この限りでない。

(平27教委規則3・一部改正)

(発言の継続)

第18条 延会又は休憩のため発言を終わらなかつた委員は、更にその議事を始めたときは、前の発言を継続することができる。

(動議)

第19条 動議は、賛成者がなければ議題とすることができない。

2 議題となつた動議は、提案者において撤回又は変更することができない。ただし、会議に諮りその承認を得たときは、この限りでない。

(動議の緊急取扱いの手続)

第20条 動議の緊急及び先決の認定は、教育長が会議に諮り、討論を行わないでこれを定める。

(平27教委規則3・一部改正)

(質疑内容の限界)

第21条 質疑に当たつては、自己の意見を述べることができない。

(質疑終了の動議)

第22条 質疑が多数あるため、質疑を終了することが困難であるときは、委員は、質疑終了の動議を提出することができる。

2 前項の動議に1人以上の賛成者があるときは、教育長は、討論を用いないで会議に諮り、これを決する。

(平27教委規則3・一部改正)

(質疑終了の宣告)

第23条 質疑が終わつたとき、又は前条第1項の動議が可決されたときは、教育長は、質疑の終了した旨を宣告する。

(平27教委規則3・一部改正)

(討論)

第24条 質疑が終わつたとき、又は第22条第1項の動議が可決されたときは、討論に入る。

(討論時間の制限)

第25条 教育長は、必要と認めたときは、会議に諮り、あらかじめ討論時間を制限することができる。

(平27教委規則3・一部改正)

(討論の許可順序)

第26条 討論においては、教育長は、最初に反対者を発言させ、次に賛成者及び反対者をなるべく交互に発言させなければならない。

(平27教委規則3・一部改正)

(討論の終了)

第27条 教育長は、討論が終わつたときは、その終了を宣言する。

2 討論が終わらない場合であつても、委員は、その終了の動議を提出することができる。

3 前項の動議が提出されたときは、教育長は、会議に諮り討論を用いないで決める。

(平27教委規則3・一部改正)

(修正動議)

第28条 委員は、修正案を提出することができる。

2 前項の修正案は、1人以上の賛成者と共にあらかじめ文書により教育長に提出しなければならない。ただし、緊急を要する場合は、口頭によることができる。

3 教育長は、前項本文の修正案を委員に配布しなければならない。ただし、緊急を要する場合は、この限りでない。

(平19教委規則3・平27教委規則3・一部改正)

(修正案の表決順序)

第29条 同一の議題について、数個の修正案が提出された場合は、教育長の決する順次によつて、原案に最も遠いものから順序表決に付さなければならない。

(平27教委規則3・一部改正)

(原案の表決の時期)

第30条 すべての修正案が否定されたときは、原案について表決を採る。

第6章 表決

(表決の宣告)

第31条 教育長は、表決を採ろうとするときは、表決に付す問題を宣告しなければならない。

2 教育長が前項の宣告をした後は、何人も議題について発言することはできない。

(平27教委規則3・一部改正)

(不在委員の表決)

第32条 表決の際に、現に会議場にいない委員は、表決に加わることができない。

(平12教委規則9・一部改正)

(表決の方法)

第33条 表決は、起立及び投票とし、教育長において適宜にこれを採用する。

2 教育長は、表決の結果を宣告しなければならない。

(平27教委規則3・一部改正)

(起立による表決)

第34条 起立による表決を採ろうとするときは、教育長は、問題を可とする者を起立させ、その起立者の多少を認定して、その可否の結果を宣告する。

2 教育長は、便宜上前項の起立を挙手に代えることができる。

(平27教委規則3・一部改正)

(投票による表決)

第35条 教育長が必要と認めるとき、又は2人以上の委員から要求のあつたときは、教育長は、投票による表決を採らなければならない。

(平27教委規則3・一部改正)

(投票用紙の様式)

第36条 委員会において行う投票用紙の様式は、教育長が定める。

(平27教委規則3・全改)

(立会人)

第37条 投票を行う場合においては、教育長は、2人以上の投票立会人と共に投票を点検しなければならない。

2 前項の立会人は、委員の中から会議に諮ってこれを定める。

(平27教委規則3・追加)

(投票の結果)

第38条 投票の点検が終わったときは、教育長は、直ちにその結果を会議に報告しなければならない。

(平27教委規則3・追加)

(表決更正の禁止)

第39条 委員は、自己の表決について更正を求めることができない。

(平27教委規則3・旧第37条繰下)

(異議の有無を諮る表決の方法)

第40条 議題に対して異議を唱える者がないときは、教育長は、表決の手続をふまえないで全会一致を以て議決したものと認めてその旨を宣告することができる。

(平27教委規則3・旧第38条繰下・一部改正)

第7章 会議録

(平27教委規則3・旧第8章繰上)

(記載事項)

第41条 教育長は、事務局職員に会議録を作成させ、議事のほか、開会及び閉会の年月日、教育長及び出席、欠席委員の氏名その他教育長において必要と認めた事項を記載させなければならない。

(平19教委規則3・一部改正、平27教委規則3・旧第42条繰上・一部改正)

(署名委員)

第42条 会議録には、教育長の指名する委員と共に教育長が署名しなければならない。

(平27教委規則3・旧第43条繰上・一部改正)

第8章 辞職

(平27教委規則3・旧第9章繰上)

(辞表の提出)

第43条 委員は、辞職しようとするときは、教育長に辞表を提出しなければならない。

(平27教委規則3・旧第44条繰上・一部改正)

(辞職同意の議事)

第44条 教育長は、辞表を朗読させ、討論を用いないで会議に諮るものとする。

(平27教委規則3・旧第45条繰上・一部改正)

(辞表に無礼の言辞ある場合の処置)

第45条 辞表に無礼の言辞があると認めるときは、教育長は、朗読を省略して、その要領を会議に報告することができる。

(平27教委規則3・旧第46条繰上・一部改正)

第9章 請願又は陳情

(平27教委規則3・旧第10章繰上)

(請願又は陳情の手続)

第46条 請願又は陳情をしようとする者(以下「請願者等」という。)は、次の事項を記載し、自署押印した文書を、委員会に提出しなければならない。

(1) 請願者等の住所及び氏名(法人その他の団体にあつては、その所在地、名称及び代表者の氏名)

(2) 請願又は陳情の要旨

(3) 文書の提出年月日

(平12教委規則9・全改、平27教委規則3・旧第47条繰上)

(会議への付議)

第47条 請願書を受理したときは、教育長は会議に付し、採択すべきか否かを決定しなければならない。また、陳情書を受理したときは、教育長は会議に付さなければならない。

(平12教委規則9・全改、平27教委規則3・旧第48条繰上・一部改正)

(事情の陳述)

第48条 請願書を提出した者は、教育長の許可する時間内において、請願に関して事情を述べることができる。

2 前項の規定により請願に関する事情を述べようとする者は、あらかじめ文書により、教育長に申し出なければならない。

(平12教委規則9・全改、平27教委規則3・旧第49条繰上・一部改正)

(通知)

第49条 委員会は、請願の審議を終了し採決したときは、その結果を請願者に文書により通知しなければならない。

(平12教委規則9・追加、平27教委規則3・旧第50条繰上)

第10章 規律

(平27教委規則3・旧第11章繰上)

(品位の尊重)

第50条 教育長及び委員は、委員会の品位を尊重し、他人の発言を重んじ、秩序を守り、すべて道義に基づいて会議を運行しなければならない。

(平12教委規則9・旧第50条繰下、平27教委規則3・旧第51条繰上・一部改正)

(懲罰)

第51条 教育長及び委員がこの規則の規定に違反したとき、又は体面を汚すような行動があつたときは、委員会は、これを懲罰に付すことができる。

(平12教委規則9・旧第51条繰下、平27教委規則3・旧第52条繰上・一部改正)

第11章 補則

(平27教委規則3・旧第12章繰上)

(疑義)

第52条 この規則について疑義があるときは、教育長が決する。この場合において、教育長は、会議に諮りこれを決することができる。

(平12教委規則9・旧第52条繰下、平27教委規則3・旧第53条繰上・一部改正)

附 則

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和62年6月30日教委規則第9号)

この規則は、昭和62年7月1日から施行する。

附 則(平成12年5月30日教委規則第9号)

この規則は、平成12年6月1日から施行する。

附 則(平成13年11月30日教委規則第6号)

この規則は、平成14年1月11日から施行する。

附 則(平成19年3月14日教委規則第3号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成27年2月27日教委規則第3号)

この規則は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月18日教委規則第2号)

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

綾瀬市教育委員会会議規則

昭和56年10月1日 教育委員会規則第19号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第7編 育/第1章 教育委員会
沿革情報
昭和56年10月1日 教育委員会規則第19号
昭和62年6月30日 教育委員会規則第9号
平成12年5月30日 教育委員会規則第9号
平成13年11月30日 教育委員会規則第6号
平成19年3月14日 教育委員会規則第3号
平成27年2月27日 教育委員会規則第3号
平成28年3月18日 教育委員会規則第2号