○綾瀬市立学校職員の勤務時間の割振りに関する規則

昭和48年4月26日

教委規則第4号

(趣旨)

第1条 この規則は、学校職員の勤務時間、休暇等に関する条例(昭和32年神奈川県条例第57号。以下「条例」という。)第16条において読み替えられた同条例第2条第3項の規定に基づき、綾瀬市立学校に勤務する職員(以下「職員」という。)の勤務時間の割振りに関し、必要な事項を定める。

(昭53教委規則11・平14教委規則2・一部改正)

(勤務時間の割振り)

第2条 職員(非常勤職員を除く。)の勤務時間の割振りは、月曜日から金曜日までの5日間において、1日につき7時間45分とする。

2 前項の規定にかかわらず、学校の円滑な運営を期すことができないと認められる場合は、教育委員会は別に勤務時間を割振ることができる。

(平14教委規則2・全改、平21教委規則2・一部改正)

(校長の専決)

第3条 前条第2項において教育委員会の行う職員の勤務時間の割振りは、当該職員の所属する学校の長が専決する。

(昭53教委規則11・平14教委規則2・一部改正)

附 則

1 この規則は、公布の日から施行する。

2 第2条により割振られた勤務時間の中における休息時間については、教育委員会が定めるほか、なお従前の例による。

附 則(昭和53年10月19日教委規則第11号)

この規則は、昭和53年11月1日から施行する。

附 則(平成7年3月27日教委規則第5号)

この規則は、平成7年4月1日から施行する。

附 則(平成14年2月25日教委規則第2号)

この規則は、平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成21年3月30日教委規則第2号)

この規則は、平成21年4月1日から施行する。

綾瀬市立学校職員の勤務時間の割振りに関する規則

昭和48年4月26日 教育委員会規則第4号

(平成21年4月1日施行)

体系情報
第7編 育/第2章 学校教育
沿革情報
昭和48年4月26日 教育委員会規則第4号
昭和53年10月19日 教育委員会規則第11号
平成7年3月27日 教育委員会規則第5号
平成14年2月25日 教育委員会規則第2号
平成21年3月30日 教育委員会規則第2号