○綾瀬市緑の保全及び緑化の推進に関する条例

昭和59年3月23日

条例第13号

(目的)

第1条 この条例は、本市における緑の保全及び緑化の推進に関し必要な事項を定め、良好な都市環境の形成を図り、もつて健康で文化的な都市生活の確保に寄与することを目的とする。

(市長の責務)

第2条 市長は、公共施設の緑化に努めるとともに本市の緑化事業を積極的に推進するものとする。

2 市長は、市民(市民以外の者で市内に土地を所有し、又は管理する者を含む。以下同じ。)及び事業者(市内に工場若しくは事業所を設置し、又は市内で事業活動を行う者をいう。以下同じ。)が行う緑化事業に対して必要の都度指導、援助等を行うものとする。

(昭60条例10・一部改正)

(市民等の協力)

第3条 市民及び事業者(以下「市民等」という。)は、本市における緑が適正に確保されるよう自ら努めるとともに市長が行う緑化事業に協力するものとする。

(昭60条例10・一部改正)

(緑化事業)

第4条 市長は、自然環境の保全及び緑化の推進を図るため、次の各号に掲げる事業を行うものとする。

(1) 緑化思想啓発事業

広く市民等に緑化思想の高揚及び普及を図るために広報活動を活発に行うとともに緑の実践団体の育成を進め、緑化意識の向上を図る。

(2) 緑地保全事業

 本市の緑地を対象に風致、美観等の維持を図るため、その一団の樹容が美観上特に優れている区域を一団の緑地として指定を行う。

 市内の独立樹木を対象に風致、美観等の維持を図るため、その樹木の樹容が美観上特に優れている樹木を保全樹木として指定を行う。

(3) 生垣設置奨励事業

市民等の生垣設置を奨励し、緑化の推進及び生活環境の向上を図る。

(昭60条例10・平12条例23・一部改正)

(基準)

第5条 前条に規定する緑地保全事業及び生垣設置奨励事業の対象基準は、規則で定める。

(助成)

第6条 市長は、緑化事業の達成を図るため、緑地保全事業にあつては樹木管理助成金を、生垣設置奨励事業にあつては生垣設置奨励金を別表に定めるところにより交付する。

(昭60条例10・一部改正)

(委任)

第7条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、昭和59年4月1日から施行する。

附 則(昭和60年3月29日条例第10号)

この条例は、昭和60年4月1日から施行する。

附 則(平成12年3月30日条例第23号)

この条例は、平成12年4月1日から施行する。

別表(第6条関係)

(昭60条例10・全改)

区分

交付額

備考

樹木管理助成金(年額)

(1) 一団の緑地

1平方メートル当たり50円

 

(2) 保全樹木

1本につき1,000円

同一土地内において5本を限度とする。

生垣設置奨励金

(1) 樹木の高さが1メートル以上のもの

1メートル当たり3,000円

交付は1回限りとし、1回の金額は10万円を限度とする。

(2) 樹木の高さが0.7メートル以上1メートル未満のもの

1メートル当たり2,000円

綾瀬市緑の保全及び緑化の推進に関する条例

昭和59年3月23日 条例第13号

(平成12年3月30日施行)

体系情報
第10編 設/第1章 都市計画
沿革情報
昭和59年3月23日 条例第13号
昭和60年3月29日 条例第10号
平成12年3月30日 条例第23号