○綾瀬市道路管理規則

昭和53年10月30日

規則第45号

(趣旨)

第1条 この規則は、道路法(昭和27年法律第180号。以下「法」という。)に基づき、本市が管理する道路及び道路予定地(以下「道路」という。)の道路管理者以外の者が行う道路に関する工事又は道路の維持、占用及び掘削について、法令その他別に定めがあるもののほか必要な事項を定めるものとする。

(平3規則8・一部改正)

(道路に関する工事又は道路の維持の申請及び承認)

第2条 法第24条の規定により、道路に関する工事又は道路の維持(以下「工事等」という。)を行おうとする者は、工事を行う日の20日前までに道路工事等施行承認申請書(第1号様式)により市長に申請しなければならない。

2 市長は、前項の規定による申請があつた場合には、当該申請に係る箇所(以下「現地」という。)を調査し、適当と認めたときは、道路工事等施行承認書(第2号様式)を申請者に交付するものとする。

(工事等の完成の届出)

第3条 前条第2項の承認を受けた者は、工事等が完了したときは、その日から7日以内に道路工事等完成届(第3号様式)を市長に提出し、検査を受けなければならない。

(平3規則8・一部改正)

(占用又は掘削の申請及び許可)

第4条 法第32条第1項の規定により、道路の占用の許可を受けようとする者、継続して占用しようとする者又は道路を掘削しようとする者は、占用又は掘削(以下「占用等」という。)をしようとする日の15日前までに、道路法施行規則(昭和27年建設省令第25号)第4条の3第1項に規定する道路占用許可申請・協議書(以下「占用許可申請書等」という。)により、次に掲げる図書のうち、市長の指示したものを添えて市長に申請しなければならない。

(1) 占用等の位置を明記した案内図

(2) 次に掲げる事項を明記した平面図

 道路境界線、歩道境界線その他適当な固定物を基準として、これと工作物の中心線との距離及びその基準物の位置

 占用等の区域

 路下管線路にあつては、起点、終点、屈曲部及び町かどにあたる箇所の町名地番

 路下管線路を屈曲し、若しくは異なる口径のものと接続し、又は既設工作物と接近若しくは交差させるときは、その状況

(3) 横断図

(4) 縦断図

(5) 占用物件の構造図

(6) 占用等が隣地の土地若しくは建物の所有者若しくは占用者に利害関係があると認められるもの又は地元居住者の同意が必要と認められるものは、その土地若しくは建物の所有者、占用者又は地元居住者の同意書

(7) その他市長が必要と認めるもの

2 市長は、前項の規定による申請があつた場合には、現地を調査し、適当と認めたときは道路占用等許可書(第4号様式)を申請者に交付するものとする。

(平3規則8・一部改正)

(占用変更許可の申請及び許可)

第5条 法第32条第3項の規定により道路占用許可事項の変更の許可を受けようとする者は、変更しようとする日の15日前までに前条第1項に規定する占用許可申請書等により市長に申請しなければならない。

2 前項の規定による申請の添付図書は、前条第1項の規定を準用するものとし、特に変更に係る部分を明記するものとする。

3 市長は、第1項の規定による申請があつた場合には、現地を調査し、適当と認めたときは、道路占用等変更許可書(第5号様式)を申請者に交付するものとする。

(平3規則8・一部改正)

(境界標の規格)

第6条 境界に埋設する境界標は、市長が別に定める規格のものとする。

(昭54規則22・全改、昭60規則21・一部改正)

(掘削の制限)

第7条 新設又は全面的な補修を行つた舗装道路は、次の各号に定める期間掘削することができない。ただし、市長が公益上特に必要があると認めたときはこの限りでない。

(1) セメントコンクリート舗装道路 5年

(2) アスフアルトコンクリート舗装道路 3年

(3) 簡易舗装道路 1年

(平3規則8・一部改正)

(占用権譲渡等の禁止)

第8条 第4条の規定により占用等の許可を受けた者(以下「占用者等」という。)は、占用等に関する権利を第三者に譲渡し、又は占用区域若しくは占用物件を第三者に使用させ、若しくは管理させてはならない。

(工事の着手及び完成の届出)

第9条 占用者等は、道路の掘削工事に着手する日の3日前までに、道路掘削工事着手届(第6号様式)を市長に提出しなければならない。

2 占用者等は、道路の掘削工事が完了したときは、その日から7日以内に道路掘削完成届(第7号様式)を市長に提出し、検査を受けなければならない。

3 市長は、前項の規定による検査の結果、掘削工事における路面の復旧の状態が適当でないと認めたときは、占用者等に対し再施工を命ずることができる。

(昭55規則16・全改、平3規則8・一部改正)

(安全施設)

第10条 占用者等は、工事期間中、交通その他の安全を維持するための必要な処置を講じなければならない。

2 交通に危険を及ぼすおそれがある工事現場には、道路標識、区画線及び道路標示に関する命令(昭和35年総理府、建設省令第3号)による標識のほか、工事標示板、囲いさく、縄張りその他現場に即した危険防止施設を設けるとともに、夜間は、赤色灯を設けなければならない。

(平3規則8・一部改正)

(路面の仮復旧)

第11条 占用者等は、道路を掘削した場合は、市長の指示する方法により速やかに仮復旧を行い、交通に支障がないようにしなければならない。

(昭56規則12・昭60規則21・平3規則8・一部改正)

(路面の復旧)

第12条 前条の規定による仮復旧工事が完了した後の路面復旧は、占用者等が市長の指示する方法により施工し、その費用(以下「路面復旧費」という。)は、占用者等の負担とする。ただし、市長が特に必要と認めた場合は、市長が施工し、その路面復旧費は、占用者等から徴収する。

2 前項本文の規定により、占用者等が路面の本復旧を施工する場合は、検査完了後1年間占用者等において路面の維持管理を行わなければならない。

(昭55規則16・全改、平3規則8・一部改正)

(路面復旧費及び監督事務費)

第13条 前条第1項ただし書により市長が施工する場合の路面復旧費は、市長が別に定める工事費基準単価と路面復旧費の算定の際の路面復旧面積(以下「裁定面積」という。)を乗じて得た額とする。

2 前条第1項本文の規定により占用者等が路面の復旧を施工する場合は、監督事務費として路面復旧費に100分の10を乗じて得た額を納入するものとする。ただし、市長が特に必要と認めたときは、これを免除することができる。

3 路面復旧費及び監督事務費は、占用等許可の日から起算して1月以内に納入しなければならない。

(昭55規則16・全改、昭57規則38・昭60規則21・平18規則42・一部改正)

(路面復旧費及び監督事務費の不返還)

第14条 既納の路面復旧費及び監督事務費は、返還しない。ただし、次の各号のいずれかに該当する場合はこの限りでない。

(1) 占用者等の責によらない理由により掘削できなくなつたとき。

(2) 占用者等が占用許可の取消しの申出をし、市長が正当な理由があると認めるとき。

(3) その他市長が特に必要と認めたとき。

(昭55規則16・旧第15条繰上、平3規則8・一部改正)

(住所変更等の届出)

第15条 占用者等は、次の各号のいずれかに該当するときは、速やかに道路占用者住所等変更届(第8号様式)にその事実を証する書類を添えて市長に提出しなければならない。

(1) 占用者等又は保証人若しくは代理人が、住所又は氏名若しくは商号を変更したとき。

(2) 占用者等である法人が解散し、又は合併したとき。

(3) 相続による権利の承継があつたとき。

(昭55規則16・旧第16条繰上、平3規則8・一部改正)

(占用の廃止)

第16条 占用者等の都合で占用を廃止したときは、道路占用廃止届(第9号様式)を市長に提出しなければならない。

2 前項の規定により占用を廃止したときは、速やかに原状に回復し、市長の検査を受けなければならない。この場合において、道路の掘削を伴うときは、第4条及び第9条から第14条までの規定を準用する。

(昭55規則16・旧第17条繰上・一部改正、平3規則8・一部改正)

(損害賠償)

第17条 占用者等は、工事期間中又は工事完了後の保証期間中及び占用中に、そのものに起因して生じた道路損傷又は事故若しくは紛争等すべてのことについて、自己の責任において損害賠償するか又は原形に復旧しなければならない。

(昭55規則16・旧第18条繰上)

(代執行)

第18条 市長は、占用者等が法令若しくはこの規則に基づく義務若しくは市長の命令を履行しないとき又は履行しても不十分と認めるとき若しくは道路を不法に占用している者があるときは、その者に代つて執行し、又は不法占用物件を撤去し、これに要した費用は、占用者等から徴収するものとする。

(昭55規則16・旧第19条繰上)

(委任)

第19条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、別に定める。

(平3規則8・追加)

附 則

(施行期日)

1 この規則は、昭和53年11月1日から施行する。

(旧規則の廃止)

2 綾瀬町道路管理規則(昭和46年綾瀬町規則第7号。以下「旧規則」という。)は、廃止する。

(経過措置)

3 旧規則の規定による路面復旧費及び監督事務費は、この規則の施行にかかわらず、昭和54年3月31日まで、なお従前の例による。

4 この規則施行の際、旧規則の規定に基づいて承認等を受けた占用等でなお継続中のものは、この規則の規定に基づいて承認を受けたものとみなす。

附 則(昭和54年4月1日規則第22号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和55年4月1日規則第16号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和56年3月28日規則第12号)

この規則は、昭和56年4月1日から施行する。

附 則(昭和56年4月30日規則第22号)

この規則は、昭和56年5月1日から施行する。

附 則(昭和57年4月24日規則第26号)

この規則は、昭和57年5月1日から施行する。

附 則(昭和57年11月1日規則第38号)

この規則は、公布の日から施行し、昭和57年10月1日以降に申請のあつたものから適用する。

附 則(昭和58年4月25日規則第15号)

この規則は、昭和58年5月1日から施行し、同日以降に申請のあつたものから適用する。

附 則(昭和59年4月28日規則第18号)

この規則は、昭和59年5月1日から施行し、同日以降に申請のあつたものから適用する。

附 則(昭和60年5月28日規則第21号)

この規則は、昭和60年6月1日から施行し、同日以降に申請のあつたものから適用する。

附 則(平成3年3月1日規則第8号)

この規則は、平成3年4月1日から施行し、同日以降に申請のあつたものから適用する。

附 則(平成18年8月30日規則第42号)

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際、現に改正前の綾瀬市道路管理規則第4条の規定による占用許可申請書等を受理しているものについては、なお従前の例による。

(昭60規則21・一部改正)

画像

(昭60規則21・平3規則8・一部改正)

画像

(昭60規則21・一部改正)

画像

(昭60規則21・一部改正、平3規則8・旧第5号様式繰上・一部改正)

画像

(昭60規則21・一部改正、平3規則8・旧第7号様式繰上・一部改正)

画像

(昭60規則21・一部改正、平3規則8・旧第8号様式繰上・一部改正)

画像

(昭55規則16・昭60規則21・一部改正、平3規則8・旧第9号様式繰上・一部改正)

画像

(昭55規則16・昭60規則21・一部改正、平3規則8・旧第10号様式繰上)

画像

(昭55規則16・昭60規則21・一部改正、平3規則8・旧第11号様式繰上)

画像

綾瀬市道路管理規則

昭和53年10月30日 規則第45号

(平成18年8月30日施行)

体系情報
第10編 設/第2章
沿革情報
昭和53年10月30日 規則第45号
昭和54年4月1日 規則第22号
昭和55年4月1日 規則第16号
昭和56年3月28日 規則第12号
昭和56年4月30日 規則第22号
昭和57年4月24日 規則第26号
昭和57年11月1日 規則第38号
昭和58年4月25日 規則第15号
昭和59年4月28日 規則第18号
昭和60年5月28日 規則第21号
平成3年3月1日 規則第8号
平成18年8月30日 規則第42号