○綾瀬市消防職員人事台帳取扱規程

昭和49年3月1日

消本訓令第4号

第1条 この規程は、消防職員の人事台帳の取扱いについて必要な事項を定めるものとする。

(平15消本訓令4・一部改正)

第2条 この規程において消防職員(以下「職員」という。)とは、次に掲げるものをいう。

(1) 消防吏員(消防長を除く。)

(2) その他の職員

第3条 職員の進退、賞罰、分限及び身上について記載する人事台帳(以下「台帳」という。)の様式は別記に定めるものとする。

(平15消本訓令4・一部改正)

第4条 職員の身上に異動が生じた場合は、その事項を速やかに消防長に届け出なければならない。

(昭53消本訓令5・一部改正)

第5条 台帳は、階級順、年齢順並びに採用順位により整理しておくものとする。

(平15消本訓令4・一部改正)

第6条 台帳の記載については、次の事項を留意しなければならない。

(1) 書体は、すべて楷書とし、横書きとする。

(2) 数字は、すべてアラビア数字とする。

(3) 字体の削除は、朱線とする。

(4) 氏名にはふりがなを付する。

(5) 表彰は、消防長以上(表彰状のないものを除く。)、懲戒は、戒告処分以上とし、発令年月日及び事由を簡記する。

(6) 学歴は、学校名(学部科名)及び修業、中退又は卒業年月日を記載すること。

(7) 特殊技能は各種試験に合格し、取得した資格につきその取得年月日及び種別を記載すること。

(8) 在職履歴は休養、休職、補職等を記載すること。

(平15消本訓令4・一部改正)

第7条 前条のほか台帳記載上について、統一を期するため消防長が特に命ずることがある。

(平15消本訓令4・一部改正)

第8条 職員は、台帳貼付用として裏面に撮影年月日を記入した、たて3.5センチメートルよこ2.5センチメートルの上半身無帽写真を提出しなければならない。

2 前項の写真は、5年毎にこれを提出しなければならない。

(平15消本訓令4・一部改正)

第9条 職員が退職、死亡、出向等の場合は、これを分離しその年月日及び事由を記載し、退職順に整理しておかねばならない。

附 則

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(昭和53年10月31日消本訓令第5号)

この訓令は、昭和53年11月1日から施行する。

附 則(平成元年1月8日消本訓令第1号)

(施行期日)

1 この訓令は、公表の日から施行する。

(経過措置)

2 改正前の様式に基づいて作成した用紙は、なお当分の間、必要な調整をして使用することができる。

附 則(平成15年3月28日消本訓令第4号)

この訓令は、平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成19年3月30日消本訓令第1号)

(施行期日)

1 この訓令は、平成19年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 改正前の様式に基づいて作成した用紙は、なお当分の間、必要な調整をして使用することができる。

(平15消本訓令4・全改、平19消本訓令1・一部改正)

画像画像

綾瀬市消防職員人事台帳取扱規程

昭和49年3月1日 消防本部訓令第4号

(平成19年4月1日施行)

体系情報
第11編 防/第1章 消防本部・消防署
沿革情報
昭和49年3月1日 消防本部訓令第4号
昭和53年10月31日 消防本部訓令第5号
平成元年1月8日 消防本部訓令第1号
平成15年3月28日 消防本部訓令第4号
平成19年3月30日 消防本部訓令第1号