○綾瀬市消防自動車管理規程

昭和55年6月1日

消本訓令第2号

(趣旨)

第1条 この訓令は、法令その他別に定めがあるもののほか、消防の用に供する自動車(以下「消防自動車」という。)の管理について必要な事項を定める。

(平13消本訓令2・一部改正)

(消防自動車の管理)

第2条 消防自動車の管理は、各消防自動車を使用する所属長(以下「管理者」という。)が行い、消防総務課長が総括管理者となる。

(平13消本訓令2・全改)

(管理者の注意義務)

第3条 管理者は、運転者に対して法令を遵守させるとともに常に運転者の健康状態に注意をして消防自動車の安全な運行を図るよう努めなければならない。

(運行前点検)

第4条 運転者は、別に定める運行前点検要領に基づき点検し、その結果を運行前点検表(第1号様式)に記入し、管理者に報告するものとする。この場合において、異状があつた場合は、直ちに道路運送車両法(昭和26年法律第185号)第50条の規定により、消防長から任命された者(以下「整備管理者」という。)に報告しなければならない。

2 整備管理者は、前項の報告があつた場合は、直ちに状況を確認し、運行できるか否かを管理者に報告し、管理者は、その旨を総括管理者に報告しなければならない。

(平13消本訓令2・全改)

(特殊車両の始業点検)

第5条 はしご車及び救助工作車(以下「特殊車両」という。)の運転者は、前条の規定に基づく運行前点検のほか、別に定める特殊車両の装備に関する始業点検要領に基づき始業点検を実施し、その結果をはしご車点検表(第2号様式)及び救助工作車点検表(第3号様式)に記入し、管理者に報告するものとする。この場合において、異状があつた場合管理者は、直ちにその旨を総括管理者に報告しなければならない。

2 前項の報告を受けた総括管理者は、速やかに適正な措置を講じなければならない。

3 第1項に定める始業点検の種類は、毎日点検及び月例点検とする。

4 はしご車点検表及び救助工作車点検表については、3年間保管するものとする。

(平13消本訓令2・追加)

(運転状況報告)

第6条 運転者は、自動車の使用状況を運転記録票(第4号様式)の所定欄に必要事項を記載しなければならない。

2 管理者は、毎月の自動車の使用状況を翌月5日までに運転月報(第5号様式)により総括管理者に報告しなければならない。

(昭62消本訓令1・一部改正、平13消本訓令2・旧第5条繰下・一部改正)

(委任)

第7条 この訓令に定めるもののほか、必要な事項は、その都度消防長が定める。

(平13消本訓令2・旧第6条繰下)

附 則

この訓令は、公表の日から施行する。

附 則(昭和57年8月1日消本訓令第3号)

この訓令は、公表の日から施行する。

附 則(昭和58年7月1日消本訓令第1号)

この訓令は、公表の日から施行する。

附 則(昭和62年3月1日消本訓令第1号)

この訓令は、公表の日から施行する。

附 則(平成8年10月18日消本訓令第7号)

この訓令は、平成8年11月1日から施行する。

附 則(平成11年9月30日消本訓令第3号)

この訓令は、平成11年10月1日から施行する。

附 則(平成13年4月27日消本訓令第2号)

この訓令は、平成13年5月1日から施行する。

(平13消本訓令2・全改)

画像画像

(平13消本訓令2・全改)

画像

(平13消本訓令2・全改)

画像

(平13消本訓令2・全改)

画像

(平13消本訓令2・全改)

画像

綾瀬市消防自動車管理規程

昭和55年6月1日 消防本部訓令第2号

(平成13年5月1日施行)

体系情報
第11編 防/第1章 消防本部・消防署
沿革情報
昭和55年6月1日 消防本部訓令第2号
昭和57年8月1日 消防本部訓令第3号
昭和58年7月1日 消防本部訓令第1号
昭和62年3月1日 消防本部訓令第1号
平成8年10月18日 消防本部訓令第7号
平成11年9月30日 消防本部訓令第3号
平成13年4月27日 消防本部訓令第2号