○綾瀬市消防職員倫理規程

平成13年11月30日

消本訓令第3号

(目的)

第1条 この訓令は、綾瀬市消防職員(以下「職員」という。)の職務に係る倫理を保持し、職務の執行の公正さに対する市民の疑惑や不信を招くような行為の防止を図り、もって公務に対する市民の信頼を確保することを目的とする。

(準用)

第2条 職員の倫理の保持等については、綾瀬市職員倫理規程(平成13年綾瀬市訓令第2号。以下「市訓令」という。)の規定を準用する。この場合において、市訓令第3条第1項中「綾瀬市職員の職の設置等に関する規則(昭和53年綾瀬町規則第44号。以下「規則」という。)第4条第1項に規定する部長及び市長室長、規則第6条第1項第1号に規定する担当部長並びに会計管理者」とあるのは「消防長」と、第4条第2項第2号中「任命権者」とあるのは「市長」と読み替えるものとする。

(平21消本訓令2・平29消本訓令6・一部改正)

附 則

この訓令は、平成13年12月1日から施行する。

附 則(平成21年3月26日消本訓令第2号)

この訓令は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成29年12月6日消本訓令第6号)

この訓令は、公表の日から施行する。

綾瀬市消防職員倫理規程

平成13年11月30日 消防本部訓令第3号

(平成29年12月6日施行)

体系情報
第11編 防/第1章 消防本部・消防署
沿革情報
平成13年11月30日 消防本部訓令第3号
平成21年3月26日 消防本部訓令第2号
平成29年12月6日 消防本部訓令第6号