○綾瀬市社会教育委員条例

平成26年3月27日

条例第12号

(趣旨)

第1条 この条例は、社会教育法(昭和24年法律第207号。以下「法」という。)第15条及び第18条の規定に基づき、社会教育委員の設置、委嘱の基準、定数及び任期に関し必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 本市に社会教育委員(以下「委員」という。)を置く。

(委嘱)

第3条 委員は、次に掲げる者のうちから教育委員会が委嘱する。

(1) 公募による市民

(2) 学校教育の関係者

(3) 社会教育の関係者

(4) 家庭教育の向上に資する活動を行う者

(5) 学識経験者

(定数)

第4条 委員の定数は、10人以内とする。

(任期)

第5条 委員の任期は、2年とする。ただし、委員が欠けた場合における補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

2 委員は、再任されることができる。

(委任)

第6条 この条例の施行に関し必要な事項は、教育委員会規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の際、現に改正前の綾瀬市附属機関の設置に関する条例(以下「改正前の条例」という。)によって委嘱された委員については、この条例の規定により委嘱されたものとみなし、その任期は、改正前の条例の規定による任期の残任期間とする。

3 この条例により新たに委員となる者の任期は、改正前の条例の規定により選出された委員の任期満了日とする。

(綾瀬市附属機関の設置に関する条例の一部改正)

4 綾瀬市附属機関の設置に関する条例(昭和53年綾瀬町条例第13号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう〕略

綾瀬市社会教育委員条例

平成26年3月27日 条例第12号

(平成26年4月1日施行)