○綾瀬市立学校施設の開放に関する条例施行規則

平成26年6月26日

教委規則第8号

(開放施設の管理責任)

第2条 条例第2条に規定する開放施設は、綾瀬市公立小学校及び中学校の管理運営に関する規則(昭和35年綾瀬町教育委員会規則第1号)第27条の規定にかかわらず、綾瀬市教育委員会(以下「教育委員会」という。)が管理責任を負う。

(利用できる活動)

第3条 開放施設を利用できる活動は、次の各号のいずれかに該当するものとする。

(1) 教室(特別教室棟の教室に限る。以下同じ。)を継続的に利用する社会教育に関する活動

(2) 校庭、体育館又は武道場(以下「運動施設」という。)を継続的に利用するスポーツに関する活動

(3) 前2号に掲げるもののほか、一時的に利用する社会教育活動、スポーツ活動又は公共のための活動で、教育委員会が認めるもの

(開放日及び開放時間等)

第4条 開放施設を利用できる日は、学校長が学校教育上支障がないと認める日(以下この条において「開放日」という。)とし、開放時間及び申請期間(以下この条において「開放時間等」という。)は、別表のとおりとする。ただし、教育委員会が必要であると認めるときは、開放日及び開放時間等を変更することができる。

2 学校長は、教育委員会が指定する日までに、開放日を教育委員会に通知するものとする。

(団体登録の申請)

第5条 条例第3条第1項第1号の団体登録をすることができる団体の構成人数は、第3条第1号に規定する活動の利用にあっては2人以上、同条第2号に規定する活動の利用にあっては10人以上とする。

2 団体登録の申請をしようとする者は、学校開放施設利用団体登録申請書(第1号様式)を教育委員会に提出しなければならない。

(団体登録の承認等)

第6条 教育委員会は、前条第2項に規定する申請があったときはこれを審査し、承認するときは、学校開放施設利用団体登録証(第2号様式。以下「団体登録証」という。)を交付するものとし、承認しないときは、その旨を申請をした者に通知しなければならない。

2 前項の承認を受けたもの(以下「登録団体」という。)は、登録事項に変更があった場合は、速やかに教育委員会に届け出なければならない。

(団体登録の有効期間)

第7条 団体登録の有効期間は、承認をした日から2年間とする。

(利用の申請)

第8条 利用しようとする登録団体の代表者は、団体登録証を提示し、学校開放施設利用申請書(第3号様式)を教育委員会に提出しなければならない。

2 前項の利用の申請は、別表に定める申請期間内に行わなければならない。ただし、教育委員会が特別の事情があると認めるときは、この限りでない。

(利用の許可等)

第9条 教育委員会は、申請があったときはこれを審査し、許可するときは学校開放施設利用許可決定通知書(第4号様式)を交付するものとし、許可しないときは、その旨を申請した者に通知しなければならない。

(利用者の遵守事項)

第10条 利用者は、次に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 条例第4条第1項の利用許可を受けた開放施設以外を利用しないこと。

(2) 条例第4条第2項の規定により付された条件及びこの規則に違反しないこと。

(3) 利用目的以外の目的で利用しないこと。

(4) 許可なく火気を使用し、又は危険な物品を持ち込まないこと。

(5) 許可なく原状を変更し、又はこれに工作を加えないこと。

(6) 喫煙及び飲酒はしないこと。

(7) 善良なる利用者の注意をもって、施設の維持保全を図ること。

(8) 学校職員、近隣住民、他の利用者等に対し迷惑を及ぼす行為をしないこと。

(9) その他教育委員会が指示する事項

2 登録団体の代表者は、前項各号の事項について、その責任を負う。

(管理指導員)

第11条 登録団体は、団体登録の際に満20歳以上の管理指導員を教育委員会に届け出なければならない。

2 管理指導員は、利用責任者として次に掲げる職務を行う。

(1) 利用者への適正な管理指導

(2) 利用後の原状回復、清掃の指導及び点検

(3) 解錠及び施錠

(4) その他教育委員会が指示する事項

(運動施設利用運営協議会の設置)

第12条 教育委員会は、運動施設の円滑な利用を図るため、学校ごとに運動施設利用運営協議会(以下この条において「運営協議会」という。)を設置する。

2 運営協議会は、運動施設を利用する登録団体をもって構成し、運動施設の利用日程等の調整を行うものとする。

3 第3条第3号の活動に係る利用日程等の調整は、当該活動を行う団体の代表者が運営協議会に出席して行うことができる。

(使用料の減免額)

第13条 条例第9条の規定による使用料の減免は、次の各号に掲げる区分に応じ、当該各号に定めるところによる。

(1) 条例第9条第1号から第3号までのいずれかに該当するとき 免除

(2) 条例第9条第4号から第6号までのいずれかに該当するとき(校庭照明施設の利用は除く。) 5割の減額

2 前項の減免を受けようとする者は、学校開放施設使用料減免承認申請書(第5号様式)により、教育委員会に申請しなければならない。

3 教育委員会は、減免を承認するときは学校開放施設使用料減免承認決定通知書(第6号様式)を交付するものとし、承認しないときはその旨を申請した者に通知しなければならない。

(使用料の還付申請)

第14条 条例第8条ただし書の規定により、利用者が使用料の還付を受けようとするときは、学校開放施設使用料還付申請書(第7号様式)に既に納付した使用料の領収書を添えて教育委員会に申請しなければならない。

(委任)

第15条 この規則に定めるもののほか、開放施設の利用に関し必要な事項は、教育委員会が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成26年10月1日から施行する。ただし、次項の規定は、公布の日から施行する。

(準備行為)

2 この規則の規定による利用許可の申請その他の必要な準備行為は、この規則の施行の日前に行うことができる。

(経過措置)

3 この規則の施行の際現に教育委員会から団体登録の承認を受けている者については、この規則による団体登録の承認を受けたものとみなす。

(綾瀬市立小学校及び中学校の体育施設の開放に関する規則及び綾瀬市立小学校及び中学校の学校施設利用の許可委任に関する規則の廃止)

4 次に掲げる規則は、廃止する。

(1) 綾瀬市立小学校及び中学校の体育施設の開放に関する規則(昭和59年綾瀬市教育委員会規則第6号)

(2) 綾瀬市立小学校及び中学校の学校施設利用の許可委任に関する規則(平成5年綾瀬市教育委員会規則第2号)

別表(第4条、第8条関係)

開放施設

施設区分

開放日

開放時間

申請期間

綾瀬小学校

綾北小学校

綾西小学校

早園小学校

綾南小学校

天台小学校

北の台小学校

落合小学校

土棚小学校

寺尾小学校

体育館

平日

午後6時30分から午後10時まで

利用日の属する月の3か月前から1か月前までの期間で教育委員会が別に定める日(第3条第3号に規定する一時的に利用するスポーツ活動に係る利用申請にあっては、別に定める日から利用日の3日前まで)

土曜日

日曜日

祝日

午前9時から午後10時まで

校庭

土曜日

日曜日

祝日

午前8時から午後6時まで。ただし、1月8日から2月末日まで及び12月1日から同月27日までは、午前8時から午後4時まで

プール

夏季期間のうち教育委員会が別に定める。

教育委員会が別に定める。

当日のみ

綾瀬中学校

綾北中学校

城山中学校

北の台中学校

春日台中学校

体育館

武道場

平日

土曜日

日曜日

祝日

午後6時30分から午後10時まで

利用日の属する月の3か月前から1か月前までの期間で教育委員会が別に定める日(第3条第3号に規定する一時的に利用するスポーツ活動に係る利用申請にあっては、別に定める日から利用日の3日前まで)

校庭

校庭照明施設

(綾北中学校、城山中学校及び春日台中学校に限る。)

平日

土曜日

日曜日

祝日

午後7時から午後9時まで。ただし、11月1日から2月15日までは午後6時から午後9時まで

プール(城山中学校に限る。)

夏季期間のうち教育委員会が別に定める。

教育委員会が別に定める。

当日のみ

早園小学校

綾瀬中学校

城山中学校

特別教室棟

休業日

午前9時から午後10時まで

利用日の属する月の3か月前から利用日の7日前まで

休業日以外

午後7時から午後10時まで

備考

1 利用申請書の提出期間の最終日は、日曜日、土曜日又は国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号。以下この別表備考において「法」という。)に規定する休日に当たる(中央公民館における申請の受付においては、休館日に当たる日)場合は、その直前の休日でない日とする。

2 祝日とは、法に規定する休日をいい、平日とは日曜日、土曜日及び祝日を除く日をいう。

4 夏季期間とは、7月21日から8月31日までの期間をいう。

5 1月1日から同月7日まで及び12月28日から同月31日までの期間は、学校開放を行わない。

6 校庭照明施設の利用を伴う校庭の利用にあっては、校庭照明施設の利用の申請及び承認をもって校庭の申請及び承認があったものとみなす。

画像画像画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

綾瀬市立学校施設の開放に関する条例施行規則

平成26年6月26日 教育委員会規則第8号

(平成26年10月1日施行)