○綾瀬市神崎遺跡資料館条例

平成27年12月24日

条例第38号

(趣旨)

第1条 この条例は、綾瀬市神崎遺跡資料館の設置、管理等に関し必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 国指定史跡神崎遺跡を通じて、綾瀬の歴史や文化を学ぶ場を提供することにより、市民の郷土愛を育み、文化の向上に寄与するため、綾瀬市神崎遺跡資料館(以下「資料館」という。)を綾瀬市吉岡3425番地5に設置する。

(入館の制限)

第3条 綾瀬市教育委員会(以下「教育委員会」という。)は、次の各号のいずれかに該当するときは、資料館への入館を拒否し、又は退館を命ずることができる。

(1) 資料館における秩序を乱し、又は公益を害するおそれがあると認められるとき。

(2) 資料館の施設を損傷するおそれがあると認められるとき。

(3) 集団的又は常習的に暴力その他不法行為を行うおそれがある組織の利益となると認められるとき。

(4) 前3号に掲げるもののほか、教育委員会が資料館の管理上支障があると認めるとき。

(入館料)

第4条 資料館の入館料は、無料とする。

(物品販売等の禁止)

第5条 資料館において、物品の販売、広告、宣伝、寄附募集行為その他これらに類する行為をしてはならない。ただし、教育委員会の許可を受けた場合は、この限りでない。

(損害賠償)

第6条 資料館の施設等を故意又は過失により損傷し、又は滅失させた者は、教育委員会の指示に従いこれを原状に回復し、又はその損害を賠償しなければならない。ただし、教育委員会が特別の事情があると認めるときは、この限りでない。

(委任)

第7条 この条例に定めるもののほか、資料館の管理等に関し必要な事項は、教育委員会規則で定める。

附 則

この条例は、平成28年5月1日から施行する。

綾瀬市神崎遺跡資料館条例

平成27年12月24日 条例第38号

(平成28年5月1日施行)

体系情報
第7編 育/第4章 文化財
沿革情報
平成27年12月24日 条例第38号