○綾瀬市管理職員特別勤務手当に関する規則

平成28年3月31日

規則第23号

(趣旨)

第1条 この規則は、綾瀬市一般職の職員の給与に関する条例(昭和29年綾瀬町条例第6号。以下「条例」という。)第15条の2の規定に基づき、管理職員特別勤務手当に関し必要な事項を定めるものとする。

(管理職員特別勤務手当の額等)

第2条 条例第15条の2第2項に規定する規則で定める額は、次の各号に掲げる区分に応じ、当該各号に定める額とする。

(1) 綾瀬市職員の管理職手当に関する規則(昭和44年綾瀬町規則第12号)別表(以下この条において「別表」という。)1の項に掲げる職 6,000円

(2) 別表2及び3の項に掲げる職 5,000円

(3) 別表4の項に掲げる職 4,000円

(支給の方法)

第3条 管理職員特別勤務手当は、月の初日から末日までの1月を計算期間とし、当月分を翌月の給料支給日に支給する。

(管理職員特別勤務票)

第4条 任命権者は、管理職員特別勤務票を作成し、これを保管しなければならない。

(平31規則14・一部改正)

(庶務事務システムによる処理)

第5条 この規則の規定により行うこととされる手続について、庶務事務システム(職員の勤務等の管理に関する事務を行うための電子情報処理システムで人事主管課が所管するものをいう。以下「システム」という。)を利用することができるときは、原則としてシステムにより行うものとする。

2 この規則の規定により作成することとされている書類については、システムにより作成する電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によっては認識することができない方式で作られた記録をいう。)をもって代えることができる。

(平31規則14・追加)

(委任)

第6条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

(平31規則14・旧第5条繰下)

附 則

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成31年3月31日規則第14号)

この規則は、平成31年4月1日から施行する。

綾瀬市管理職員特別勤務手当に関する規則

平成28年3月31日 規則第23号

(平成31年4月1日施行)

体系情報
第5編 与/第3章 手当等
沿革情報
平成28年3月31日 規則第23号
平成31年3月31日 規則第14号