○綾瀬スポーツ公園駐車場駐車料金徴収条例

平成30年3月28日

条例第16号

(趣旨)

第1条 この条例は、都市公園法(昭和31年法律第79号)に基づき設置された綾瀬スポーツ公園の駐車場(以下「駐車場」という。)の駐車料金の徴収に関し必要な事項を定めるものとする。

(供用時間等)

第2条 駐車場の供用時間は、終日とする。ただし、市長が特に必要と認めるときは、供用時間を臨時に変更することができる。

2 前項の規定にかかわらず、市長は、駐車場の管理上必要があると認めるときは、駐車場の全部又は一部の供用を休止することができる。

(駐車することができる自動車)

第3条 駐車場に駐車することができる自動車は、道路運送車両法(昭和26年法律第185号)第3条に規定する普通自動車、小型自動車及び軽自動車であって、二輪自動車でないものとする。

(駐車料金)

第4条 駐車場を利用する者(以下「利用者」という。)は、別表に定める駐車料金を納入しなければならない。

(駐車料金を徴収しない自動車)

第5条 前条の規定にかかわらず、次の各号のいずれかに該当する自動車を駐車させる場合は、駐車料金を徴収しない。

(1) 道路交通法(昭和35年法律第105号)第39条第1項に規定する緊急自動車

(2) 国又は地方公共団体の職員が公務のために使用する自動車

(3) 当該公園の管理及び運営のために使用する自動車

(4) 前3号に掲げるもののほか、市長が特に必要と認める自動車

(駐車料金の免除)

第6条 市長は、利用者が次の各号のいずれかに該当するときは、駐車料金を免除することができる。

(1) 市が主催又は共催する事業における役員及び来賓が、駐車場を利用するとき。

(2) 障害者又は障害児(介護者を含む。)が駐車場を利用するとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が特に必要があると認めるとき。

(駐車料金の不還付)

第7条 既納の駐車料金は、還付しない。ただし、利用者の責めによらない事由により還付の必要が生じたときは、この限りでない。

(委任)

第8条 この条例について、必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、平成31年1月3日から施行する。

別表(第4条関係)

名称

単位

金額

綾瀬スポーツ公園駐車場

普通車

30分を超え1時間まで

100円

最初の1時間を超え、1時間までごと

上記の金額に100円を加算する(入場から1回当たりの1日の上限を600円とする。)

大型車

1回につき

1,500円

備考

1 この表において「普通車」とは、道路運送車両法第3条に規定する普通自動車、小型自動車及び軽自動車であって二輪自動車又は乗車定員11人以上であるバス型の自動車でないものをいい、「大型車」とは、同条に規定する普通自動車で乗車定員11人以上であるバス型のものをいう。

2 綾瀬スポーツ公園駐車場に引き続き午前0時を過ぎて駐車した場合は、それまでの合計額に、普通車については、午前0時以降の1時間までごとに100円を加算し、その日の加算額は600円を上限とするものとし、大型車については、1,500円を加算するものとする。

綾瀬スポーツ公園駐車場駐車料金徴収条例

平成30年3月28日 条例第16号

(平成31年1月3日施行)