○千葉市病院事業の設置等に関する条例施行規程

平成23年3月31日

病院局規程第1号

(趣旨)

第1条 この規程は、千葉市病院事業の設置等に関する条例(昭和43年千葉市条例第12号。以下「条例」という。)第14条の規定に基づき、条例の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(平成26病院局規程6・一部改正)

(診療時間等)

第2条 病院の診療時間、診療受付時間及び休診日は、次のとおりとする。ただし、病院事業管理者(以下「管理者」という。)が特に必要があると認めるときは、臨時に診療時間若しくは診療受付時間を変更し、又は休診日を定めることができる。

(1) 診療時間 午前8時30分から午後5時30分まで

(2) 診療受付時間 午前8時30分から同11時30分まで

(3) 休診日

 日曜日及び土曜日

 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

 1月2日、3日及び12月29日から同月31日まで

2 前項の規定にかかわらず、入院患者及び急病患者に対しては、診療時間外又は休診日においても診療を行う。

(夜間応急診療)

第3条 市立海浜病院においては、夜間の急病患者に対し、応急的な診療(以下「夜間応急診療」という。)を行う。

2 夜間応急診療の診療科目は、次のとおりとする。

(1) 内科

(2) 小児科

3 夜間応急診療の診療時間は、午後7時(前条第1項第3号に規定する休診日は午後6時)から翌日午前6時までとする。ただし、管理者が特に必要があると認めたときは、この限りでない。

(平成25病院局規程12・一部改正)

(権限の委任)

第4条 管理者は、院長に対し、入院及び退院に関する権限を委任する。

(入院手続)

第5条 病院に入院しようとする者は、入院証書を院長に提出しなければならない。

(手術等に係る手続等)

第6条 病院において手術、麻酔、検査又は処置(以下「手術等」という。)を受けようとする者は、当該手術等に係る同意書を院長に提出しなければならない。

(使用料等)

第7条 条例第6条第2項ただし書に規定する使用料は、別表第1に掲げるとおりとする。

2 条例第6条第4項の規定により管理者が定める診断書等の交付に係る手数料の額は、別表第2に掲げるとおりとする。

(平成26病院局規程6・一部改正)

(入院料の納入)

第8条 病院に入院した者(以下「入院者」という。)は、所定の入院料を納入しなければならない。

2 前項に規定する入院料の納入は、その月分を2回にわけ、1日から15日までの分をその月の25日までに、16日から月末までの分を翌月の10日までに、その月の中途で退院するときは、退院の際納入するものとする。ただし、千葉市立青葉病院における入院料の納入は、その月分を翌月の10日までに、月の中途で退院するときは、退院の際納入するものとする。

(使用料等の減免)

第9条 条例第7条の規定による使用料及び手数料(以下「使用料等」という。)の減免は、次の各号に該当する者に対して行う。

(1) 生活困窮者

(2) 災害等により使用料等を支払うことが困難になった者

(3) 前2号に掲げるもののほか、特別の理由があると認められる者

2 前項の規定により使用料等の減免を受けようとする者は、市立青葉病院駐車場使用料の減免を受けようとする場合を除き、病院使用料等減免申請書に、その理由を証する書類を添えて、管理者に申請しなければならない。

3 市立青葉病院駐車場使用料の減免の手続については、別に定める。

(退院)

第10条 院長は、入院者が次の各号の一に該当するときは、退院を命ずることができる。

(1) 療養を必要としなくなったとき。

(2) 他の疾患の治療上入院を不適当と認めたとき。

(3) 院内の秩序をみだし、又は医師若しくは職員の指示に従わないとき。

(4) 使用料等を滞納したとき。

(嘱託医の利用)

第11条 市内の医療機関に従事し、かつ、病院の嘱託医として委嘱された医師は、病院を診療又は研修のために利用することができる。

(病院運営委員会)

第12条 千葉市病院運営委員会(以下「委員会」という。)に委員長及び副委員長を置く。

2 委員長及び副委員長は、委員の互選により定める。

3 委員長は、会務を総理し、委員会を代表する。

4 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故があるときは、その職務を代理する。

5 委員会は、委員長が招集し、その議長となる。

6 委員会は、委員の過半数が出席しなければ、会議を開くことができない。

7 委員会の議事は、出席委員の過半数で決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

8 前各項に定めるもののほか、委員会の運営に関し必要な事項は、委員長が委員会に諮って定める。

(様式)

第13条 この規程の施行に必要な書類の書式は、別に定める。

(委任)

第14条 この規程に定めるもののほか、病院の管理に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

この規程は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成25年8月30日病院局規程第12号)

この規程は、平成25年9月1日から施行する。

附 則(平成25年9月30日病院局規程第18号)

この規程は、平成25年10月1日から施行する。

附 則(平成26年3月28日病院局規程第6号)

1 この規程は、平成26年4月1日から施行する。

2 この規程による改正後の千葉市病院事業の設置等に関する条例施行規程第7条、別表第1及び別表第2の規定は、平成26年4月1日以後について適用し、同日前については、なお従前の例による。

附 則(平成27年1月1日病院局規程第1号)

この規程は、平成27年1月1日から施行する。

附 則(平成30年6月27日病院局規程第11号)

この規程は、公布の日から施行し、平成30年4月1日から適用する。

附 則(平成31年3月19日病院局規程第3号)

1 この規程は、平成31年10月1日から施行する。

2 この規程による改正後の別表第2の規定は、この規程の施行の日以後の診断書等の交付に係る手数料について適用し、同日前の診断書等の交付に係る手数料については、なお従前の例による。

別表第1

(平成25病院局規程18・一部改正、平成26病院局規程6・旧別表・一部改正、平成27病院局規程1・平成30病院局規程11・一部改正)

区分

金額

非紹介患者初診加算料

2,500円

再診患者加算料

400円

特別長期入院料

保険外併用療養費に係る厚生労働大臣が定める医薬品等(平成18年厚生労働省告示第498号)第10号に規定する通算対象入院料の基本点数に100分の15を乗じて得た点数(その点数に1点未満の端数があるときは、これを切り捨てて得た点数)に、10円を乗じて得た額

産科診療料金

初診料

健康保険法(大正11年法律第70号)第76条第2項の規定により厚生労働大臣が定めた算定方法(以下「健保額の算定方法」という。)の例により算定した額

再診料

健保額の算定方法の例により算定した額

妊婦指導料

1回につき 3,560円

検査料

健保額の算定方法の例により算定した額

投薬・注射料

健保額の算定方法の例により算出した額

分べん料及び分べん介助料

時間(第2条第1項第1号に規定する診療時間をいう。以下同じ。)内分べんの場合

1児につき

120,000円

深夜(午後10時から午前6時までをいう。以下同じ。)分べんの場合

1児につき

140,000円

時間外(時間内及び深夜以外をいう。)分べんの場合

1児につき

130,000円

産科医療補償制度分べん加算料

1児につき 16,000円

入院料

健保額の算定方法の例により算定した額

新生児入院料

健保額の算定方法の例により算出した額

育児相談料

1回につき 3,560円

健康診断料

健保額の算定方法の例により算定した額

保険診療以外の診療料金

医科

健保額の算定方法の例により算定した額。ただし、自動車損害賠償保障法(昭和30年法律第97号)の規定による損害賠償の対象となる診療については、健保額の算定方法の例により算定した額に、当該額に100分の50を乗じて得た額を加えた額

歯科

健保額の算定方法の例により算定した額。ただし、自動車損害賠償保障法の規定による損害賠償の対象となる診療については、健保額の算定方法の例により算定した額に、当該額に100分の50を乗じて得た額を加えた額

歯冠修復

インレー(金合金)

25,000円(1歯面増すごとに8,000円加算)

全部鋳造冠(金合金)

1歯につき 50,000円

根面キャップ(金合金)

1歯につき 15,000円

支台歯(金合金)

1歯につき 10,000円

ブリッジ・ダミー

硬質レジン

1歯につき 60,000円

陶材焼付

1歯につき 80,000円

金合金

1歯につき 50,000円

前装冠

陶材焼付

1歯につき 80,000円

義歯

局部床義歯

レジン床義歯

19,000円(1歯増すごとに4,500円加算)

金属床義歯

コバルトクロム

80,000円(1歯増すごとに7,500円加算)

チタン

99,000円(1歯増すごとに9,500円加算)

金合金

219,000円(1歯増すごとに28,500円加算)

全部床義歯

レジン床義歯

100,000円

金属床義歯

コバルトクロム

200,000円

チタン

250,000円

金合金

600,000円

維持装置

鋳造鉤(金合金)

1装置につき 20,000円

線鉤(金合金)

1装置につき 15,000円

鋳造バー

コバルトクロム

1装置につき 40,000円

チタン

1装置につき 60,000円

金合金

1装置につき 100,000円

アタッチメント(コバルトクロム)

1装置につき 30,000円

コーヌス冠(金合金)

内冠

1装置につき 30,000円

外冠

1装置につき 20,000円

その他

義歯修理

簡単なもの

5,000円

複雑なもの

10,000円

市立青葉病院特別室使用料

個室A1日につき 14,000円

個室B1日につき 10,000円

個室C1日につき 8,000円

個室D1日につき 6,000円

個室E1日につき 5,000円

市立海浜病院特別室使用料

個室A1日につき 10,000円

個室B1日につき 3,500円

洗濯機使用料

1回につき 100円

乾燥機使用料

1回につき 100円

市立青葉病院駐車場使用料

1時間までごとにつき 100円

(駐車時間が30分以内のとき又は外来患者及び入院患者の入退院時の付添人については、無料)

備考 この表に掲げるもの以外のものについては、管理者がその都度定める金額による。

別表第2

(平成26病院局規程6・追加、平成31病院局規程3・一部改正)

死体検案書

1通につき 3,240円3,300円

診断書

1通につき 1,080円1,100円

(消費税を課せられないものについては、1,000円)

特殊な診断書

死亡診断書

1通につき 1,080円1,100円

(消費税を課せられないものについては、1,000円)

その他複雑なもの

1通につき 3,240円3,300円

(消費税を課せられないものについては、3,000円)

証明書

簡単なもの

1通につき 540円550円

(消費税を課せられないものについては、500円)

複雑なもの

1通につき 2,160円2,200円

(消費税を課せられないものについては、2,000円)

出生証明書

1通につき 1,080円1,100円

備考 この表に掲げるもの以外のものについては、管理者がその都度定める金額による。

千葉市病院事業の設置等に関する条例施行規程

平成23年3月31日 病院局規程第1号

(令和元年10月1日施行)

体系情報
第14編 公営企業/第2章 病院事業/第1節 組織・処務
沿革情報
平成23年3月31日 病院局規程第1号
平成25年8月30日 病院局規程第12号
平成25年9月30日 病院局規程第18号
平成26年3月28日 病院局規程第6号
平成27年1月1日 病院局規程第1号
平成30年6月27日 病院局規程第11号
平成31年3月19日 病院局規程第3号