○千葉県市町村消防賞じゆつ金条例施行規則

昭和五十二年四月一日

規則第四号

(目的)

第一条 この規則は、千葉県市町村消防賞じゆつ金条例(昭和五十二年条例第三号。以下「条例」という。)の施行に関し、必要な事項を定めることを目的とする。

(賞じゆつ金の授与申請)

第二条 任命権者は、当該千葉県市町村総合事務組合規約(昭和三十年千葉県告示第四百九十六号)第三条第一項第七号に掲げる事務を共同処理する団体(以下「共同処理団体」という。)の消防職員に賞じゆつ金を授与すべき事由が生じたときは、当該共同処理団体の長を経て、速やかに賞じゆつ金授与内申書(別記第一号様式)次の各号に定める書類を添えて組合長に提出しなければならない。

 功績調書(別記第二号様式)

 消防職員の履歴書

 医師の死亡診断書又は障害の程度に関する診断書

 現場見取図

 前各号に掲げるもののほか、殉職者に係る賞じゆつ金についての賞じゆつ金内申書には、戸籍謄本及び生計関係申立書(別記第三号様式)

2 消防職員の扶養親族に、婚姻の届出をしないが事実上婚姻関係と同様の事情にある者があるときは、その旨を証する書類を前項の書類に添付するものとする。

(決定及び通知)

第三条 組合長は、賞じゆつ金の支給を決定したときは、当該共同処理団体の長に通知し、賞じゆつ金を受けるべき者に対し賞じゆつ金を授与しなければならない。

2 組合長は、審査のため必要があると認めるときは、共同処理団体の長若しくは事務担当者の出頭を求め、又はこれらの者から必要な書類を提出させることができる。

(審査委員会)

第四条 審査委員会に、委員長を置き、委員の互選によりこれを定める。

2 委員長は、審査委員会に関する事務を掌理する。

3 委員長に事故があるときは、あらかじめ委員長の指定した委員がその職務を代理する。

4 審査委員会は、委員長が招集し議長となる。

5 審査委員会は、半数以上の委員が出席しなければ、会議を開くことができない。

6 審査委員会の議事は、出席委員の過半数をもつてこれを決し、可否同数のときは、委員長の決するところによる。

7 審査委員会は、必要と認める場合は、関係共同処理団体の消防組織を代表する者の事情説明を求めることができる。

(補則)

第五条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、その都度組合長が定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、昭和五十二年四月一日から施行する。

附 則(昭和五九年二月二〇日規則第一号)

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(経過規定)

2 この規則の公布の日から昭和五十九年三月三十一日までの間の鎌ケ谷市の消防職員の事故に係る賞じゆつ金については、なお従前の例による。

附 則(昭和六一年六月一日規則第九号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成四年一〇月三一日規則第五号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成九年四月一日規則第三号)

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までの間の市原市の消防職員の事故に係る賞じゆつ金については、なお従前の例による。

附 則(平成九年一一月二六日規則第五号)

(施行期日)

1 この規則は、平成十年四月一日から施行する。

(経過措置)

2 平成十年三月三十一日以前の浦安市の消防職員の事故に係る賞じゆつ金の授与額及び特別負担金の算定については、なお従前の例による。

附 則(平成一二年五月三一日規則第九号)

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

画像

千葉県市町村消防賞じゆつ金条例施行規則

昭和52年4月1日 規則第4号

(平成12年5月31日施行)