○千葉県市町村災害弔慰金及び災害障害見舞金支給規則

昭和四十九年八月十七日

規則第四号

(趣旨)

第一条 この規則は、千葉県市町村災害弔慰金の支給等に関する条例(昭和四十九年条例第一号。以下「条例」という。)の規定に基づき支給する災害弔慰金(以下「弔慰金」という。)及び災害障害見舞金(以下「障害見舞金」という。)の支給に関し、条例第十九条の規定により必要な事項を定めるものとする。

(市町村長の報告)

第二条 条例第九条第一項の規定による条例第二条に規定する災害による死亡と認められる死亡が発生した場合の報告は、自然災害死亡報告書(決定書)(様式第一号)次の各号に掲げる書類を添えてしなければならない。

 死亡地の区域を管轄する官公署の発行する死亡の原因、状況等を記載した被災証明書

 死亡した者及び遺族(条例第三条に規定する遺族をいう。以下同じ。)の戸籍謄本(外国人にあつては、外国人登録証明書の写その他遺族であることを証するに足る書類)

第三条 条例第九条第一項の規定による条例第六条に規定する障害者と認められることとなつた場合の報告は、自然災害障害報告書(決定書)(様式第二号)次の各号に掲げる書類を添えてしなければならない。

 負傷し又は疾病の原因となつた災害の発生した地の区域を管轄する官公署の発行する被災の原因、状況等を記載した被災証明書

 障害者の住民票の謄本(外国人にあつては、外国人登録証明書の写)

 医師の診断書(様式第三号)

(資料の提出等)

第四条 組合長は、条例第九条第二項に規定する認定を行うため必要があると認めるときは、共同処理団体の長又は遺族若しくは障害者その他関係人に対し、必要と認める書類その他の資料の提出又は口述を求めることができる。

(決定通知等)

第五条 組合長は、弔慰金を支給することに決定したときは、災害弔慰金支給決定通知書(様式第四号)により当該共同処理団体の長に通知し、遺族に弔慰金を支給するものとする。

2 組合長は、弔慰金を支給しないことに決定したときは、その旨を当該共同処理団体の長に通知しなければならない。

第六条 組合長は、障害見舞金を支給することに決定したときは、災害障害見舞金支給決定通知書(様式第五号)により当該共同処理団体の長に通知し、障害者に障害見舞金を支給するものとする。

2 組合長は、障害見舞金を支給しないことに決定したときは、その旨を当該共同処理団体の長に通知しなければならない。

(支給記録簿)

第七条 組合長は、自然災害弔慰金及び災害障害見舞金支給記録簿(様式第六号)を備え、常に明確に整備するものとする。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(千葉県市町村総合事務組合の組織、処務及び財務に関する規則の一部改正)

2 千葉県市町村総合事務組合の組織、処務及び財務に関する規則(昭和四十一年規則第一号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう〕略

附 則(昭和五六年二月一日規則第一号)

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(千葉県市町村総合事務組合の組織、処務及び財務に関する規則の一部改正)

2 千葉県市町村総合事務組合の組織、処務及び財務に関する規則(昭和四十一年規則第一号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう〕略

附 則(昭和五八年一一月二八日規則第六号)

この規則は、千葉県市町村災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例(昭和五十八年条例第六号)の施行の日から施行する。

(施行の日=昭和五八年一一月二八日)

附 則(平成一二年五月三一日規則第九号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成一六年三月三〇日規則第三号)

(施行期日)

1 この規則は、平成十六年四月一日から施行する。

画像画像

画像画像

画像

画像

画像

画像

千葉県市町村災害弔慰金及び災害障害見舞金支給規則

昭和49年8月17日 規則第4号

(平成16年4月1日施行)