○秩父市広報規則

平成17年4月1日

規則第12号

(市の広報活動)

第1条 市は、市政に関する情報を市民に提供し、市政に対する理解と協力を得るため、次の広報活動を行う。

(1) 広報紙市報ちちぶ(以下「広報紙」という。)の発行

(2) 声の市報ちちぶの発行

(3) 市勢要覧、パンフレット等の発行

(4) インターネットによる広報

(5) その他広報活動に関すること。

2 前項各号により市民に提供する情報は、次のとおりとする。

(1) 市の予算、決算及び財政事情に関すること。

(2) 各種法令、条例、規則等に関すること。

(3) 市の諸施策、行事等に関すること。

(4) 各種催物、講座等に関すること。

(5) その他市長が必要と認める事項

(広報活動の実施)

第2条 広報紙は、毎月10日に発行する。ただし、1月号は、1月1日に発行する。

2 前項の規定にかかわらず、市長が必要と認めるときは、広報紙の発行日を変更し、号外若しくは付録を発行し、又は休刊することができる。

3 声の市報ちちぶは、毎月発行する。

4 前3項以外の広報活動は、必要に応じ随時行う。

(広報広聴推進員)

第3条 広報に関する情報の提供及び連絡調整を行い、広報事務の円滑な運営を図るため、広報広聴推進員を置くことができる。

(平20規則21・一部改正)

(外部からの広報紙掲載の審査)

第4条 市民その他の者から、広報紙に掲載の依頼を受けた場合において、当該原稿に係る秩父市行政組織規則(平成19年秩父市規則第2号)第12条に規定する課(所)の長(以下「課(所)長」という。)は、その内容の適格性を審査するものとする。

(平19規則30・平29規則15・一部改正)

(広報紙掲載原稿の提出)

第5条 (所)長は、広報紙に掲載する原稿を広報主管課長の定める期日までに、広報主管課長に送付しなければならない。この場合において、原稿は、課(所)長の決裁を経るものとする。

(広報紙の編集及び校正)

第6条 広報主管課長は、当該課(所)長から送付された原稿に対し、編集上の都合により掲載事項の選択、字句の変更等適宜の修正及び原稿の差戻しをすることができる。

2 広報主管課長から送付された校正刷りは、当該課(所)長の決裁を経るものとする。

(広報紙の配布)

第7条 広報紙は、原則として無料配布とする。ただし、市長が必要と認めるときは、有料配布することができる。

(ホームページ掲載の手続)

第8条 (所)長は、ホームページに掲載する原稿を、秩父市グループウェアシステムを用い、公開期間及び必要事項を付して広報主管課長に送付しなければならない。

(ホームページの編集)

第9条 第6条第1項の規定は、ホームページの編集について準用する。

(ホームページの内容確認)

第10条 (所)長は、ホームページに掲載された内容を正確かつ最新に保つため、随時内容の確認をしなければならない。

(ホームページの内容修正)

第11条 (所)長は、ホームページの内容を修正する必要が生じたときは、速やかに修正しなければならない。この場合において、第8条の規定を、修正の手続について準用する。

(ホームページの内容削除)

第12条 (所)長は、ホームページの内容を削除する必要が生じたときは、広報主管課長に依頼し、速やかに削除しなければならない。

(その他)

第13条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

この規則は、平成17年4月1日から施行する。

(平成19年3月30日規則第30号)

この規則は、平成19年4月1日から施行する。

(平成20年5月12日規則第21号)

この規則は、公布の日から施行する。

(平成29年3月23日規則第15号)

(施行期日)

1 この規則は、平成29年4月1日から施行する。

秩父市広報規則

平成17年4月1日 規則第12号

(平成29年4月1日施行)