○秩父市職員等の旅費に関する条例施行規則

平成17年4月1日

規則第51号

(趣旨)

第1条 この規則は、秩父市職員等の旅費に関する条例(平成17年秩父市条例第60号。以下「条例」という。)の規定に基づき、職員等及び職員等以外の者に対する旅費の支給に関し必要な事項を定めるものとする。

(出張取消等の場合における旅費)

第2条 条例第3条第3項の規定により支給する旅費の額は、次に規定する額による。

(1) 鉄道賃、船賃、航空賃若しくは車賃として又はホテル、旅館その他の宿泊施設の利用を予約するため支払った金額で、所要の払戻手続を採ったにもかかわらず払戻しを受けることができなかった額。ただし、その額は、その支給を受ける者が当該出張について条例により支給を受けることができた鉄道賃、船賃、航空賃、車賃又は宿泊料の額をそれぞれ超えることができない。

(2) 外国出張に伴う支度のため支払った金額で、当該出張について条例により支給を受けることができた支度料の額の3分の1に相当する額の範囲内の額

(3) 外国出張に伴う出張雑費で既に支払った実費額

(出張命令書の様式)

第3条 条例第5条第3項に規定する出張命令書の様式は、様式第1号のとおりとする。

(請求書の様式)

第4条 条例第10条第3項に規定する請求書の様式は、次のとおりとする。

(1) 概算払に係る旅費の支給を受けようとするとき 旅費概算払請求書(様式第2号)

(2) 概算払に係る旅費の精算をしようとするとき 旅費概算払精算書(請求書)(様式第3号)

(3) 前2号に掲げるもの以外の旅費の請求をしようとするとき 旅費請求書(様式第4号)

(鉄道賃)

第5条 条例第11条に規定する鉄道賃は、次に掲げる路程により支給する。

(1) 県内に出張する場合 市長が別に定める路程表の路程

(2) 県外に出張する場合 鉄道事業法(昭和61年法律第92号)第13条に規定する鉄道運送事業者の調に係る鉄道旅客貨物運賃算出表に掲げる路程

(その他)

第6条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の秩父市旅費に関する条例施行規則(昭和63年秩父市規則第24号)、職員等の旅費の支給に関する規則(平成4年大滝村規則第8号)若しくは荒川村職員等の旅費の支給に関する規則(平成7年荒川村規則第9号)又は解散前の秩父衛生組合旅費に関する条例施行規則(昭和63年秩父衛生組合規則第6号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの規則の相当規定によりなされたものとみなす。

画像

画像

画像

画像

秩父市職員等の旅費に関する条例施行規則

平成17年4月1日 規則第51号

(平成17年4月1日施行)