○秩父市身体障害者補助犬に係る登録手数料等免除取扱要領

平成17年4月1日

訓令第44号

(趣旨)

第1条 この訓令は、身体障害者補助犬使用者の社会的経済的自立の一助とするため、秩父市手数料徴収条例(平成17年秩父市条例第70号)第6条第5項の規定に基づき、身体障害者補助犬に係る登録手数料等を免除するに当たり必要な事項を定めるものとする。

(登録等の申請)

第2条 盲導犬使用者から犬の登録等の申請を受けたときは、次により処理するものとする。

(1) 身体障害者補助犬認定証等の提示

身体障害者補助犬使用者から犬の登録等の申請があった場合は、身体障害者補助犬法施行規則(平成14年厚生労働省令第127号)第5条に規定する身体障害者補助犬認定証その他身体障害者補助犬であることを証明する書類を提示させるものとする。

(2) 申請書の確認

犬の登録等申請書の内容と、前号により提示された身体障害者補助犬認定証等とを照合し、犬の登録等申請書の余白に身体障害者番号及び身体障害者補助犬認定番号を記載するものとする。

(犬鑑札等の交付)

第3条 前条第2号により適正と判断された場合には、申請者に犬鑑札等を交付又は再交付するものとする。

附 則

(施行期日)

1 この訓令は、平成17年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この訓令の施行の日の前日までに、合併前の秩父市身体障害者補助犬に係る登録手数料等免除取扱要領、大滝村盲導犬に係る登録手数料等免除取扱要領(平成12年大滝村要領第1号)又は盲導犬に係る登録手数料等免除取扱要領(平成12年荒川村要領第1号)の規定によりなされた手続その他の行為は、それぞれこの訓令の相当規定によりなされたものとみなす。

秩父市身体障害者補助犬に係る登録手数料等免除取扱要領

平成17年4月1日 訓令第44号

(平成17年4月1日施行)

体系情報
第6編 務/第3章 税・税外収入
沿革情報
平成17年4月1日 訓令第44号