○秩父市農業集落排水処理施設条例施行規則

平成17年4月1日

規則第148号

(趣旨)

第1条 この規則は、秩父市農業集落排水処理施設条例(平成17年秩父市条例第200号。以下「条例」という。)に基づき、農業集落排水処理施設に関し必要な事項を定めるものとする。

(集落排水設備の計画の確認申請)

第2条 第7条の規定により、集落排水設備の計画の届出をしようとする者は、集落排水設備計画届出書(様式第1号)を正副2部市長に提出するものとする。

2 前項の申請書には、平面図、立面図及び縦断面図等の図面を添付するものとする。

(集落排水設備の工事の検査)

第3条 条例第9条に規定する集落排水設備の工事が完了した旨の届出は、集落排水設備完成届(様式第2号)により、完成図及び精算書又は精算書省略証明書を添えて市長に提出するものとする。

2 条例第9条に規定する検査が完了した者には、集落排水設備章標(様式第3号)を交付する。

(使用開始等の届出)

第4条 条例第11条第1項の規定による届出は、排水処理施設使用開始(休止・廃止)(様式第4号)によってするものとする。

(使用料の減免)

第5条 条例第14条の規定により使用料を減額又は免除できる場合は、次のとおりとする。

(1) 生活困窮者で、使用料を納付することが困難であると認められるとき。

(2) 市長が公益上その他特別の事情があると認めたとき。

2 条例第14条の規定により使用料の減額又は免除を受けようとする者は、排水処理施設使用料減免申請書(様式第5号)を市長に提出するものとする。

3 市長は、前項の申請があったときは、その内容を審査して適否を決定し、排水処理施設使用料減免決定通知書(様式第6号)により通知する。

(集落排水設備の使用制限)

第6条 集落排水設備の使用者は、常にしゅんせつ掃除を怠ってはならない。

2 市長は、集落排水設備の管理について次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、必要な措置を命ずることができる。

(1) 排水処理施設を損傷し、又は損傷するおそれがあるとき。

(2) 排水処理施設の流通を阻害するおそれがあるとき。

(3) 人体に危害を及ぼすおそれがあるとき。

(4) 汚水の処理作業を著しく困難にするおそれがあるとき。

(5) 前各号のほか、特に市長が必要があると認めたとき。

(その他)

第7条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成17年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の秩父市農業集落排水処理施設条例施行規則(平成13年秩父市規則第28号)又は吉田町農業集落排水処理施設設置及び管理に関する条例施行規則(平成9年吉田町規則第10号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの規則の相当規定によりなされたものとみなす。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

秩父市農業集落排水処理施設条例施行規則

平成17年4月1日 規則第148号

(平成17年4月1日施行)