○秩父市大滝温泉遊湯館条例

平成17年4月1日

条例第224号

(設置)

第1条 市民等の健康の保持増進を図り、これからの長寿社会に対応した生きがいのある地域社会の実現を目指し、都市住民との体験交流、更には林業就労者の憩いの場として、秩父市大滝温泉遊湯館(以下「遊湯館」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 遊湯館の名称及び位置は、次のとおりとする。

(1) 名称 秩父市大滝温泉遊湯館

(2) 位置 秩父市大滝4277番地2

(業務)

第3条 遊湯館は、次に掲げる業務を行う。

(1) 遊湯館の管理運営に関すること。

(2) 遊湯館の利用に関すること。

(3) その他遊湯館の設置の目的を達成するため必要な業務に関すること。

(利用の許可)

第4条 遊湯館を利用しようとする者は、市長の許可を受けなければならない。許可を変更する場合も同様とする。

2 市長は、前項の許可をする場合において、必要があるときは当該許可に係る利用について条件を付することができる。

(指定管理者による管理)

第5条 市長は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項の規定により法人その他団体であって、市が指定するもの(以下「指定管理者」という。)に遊湯館の管理を行わせることができる。

(利用料金)

第6条 市長が適当と認めるときは、指定管理者に当該施設の利用に係る料金を当該指定管理者の収入として収受させることができる。

2 遊湯館の利用を許可された者は、利用料金を納付しなければならない。

3 前項の場合における利用料金は、別表に定める額を超えない範囲で指定管理者が定めるものとする。この場合において、指定管理者はあらかじめ当該利用料金については、市長の承認を受けなければならない。ただし、市内に住所を有する者(乳幼児を除く。)については、遊場館利用料金を減額するものとする。

4 前項に規定するもののほか、附属設備等の利用料金については、別に規則で定める。

5 利用料金は、利用券を発行して徴収することができる。

(利用料金の減免)

第7条 指定管理者は、次の場合、市長と協議して利用料金を減額し、又は免除することができる。

(1) 公用若しくは公共用又は公益を目的とするとき。

(2) 市民福祉の向上を目的とするとき。

(3) その他、イベント等で市の観光宣伝等に寄与すると認めるとき。

(利用料金の還付)

第8条 既に納付した利用料金は、還付しない。ただし、市長が災害その他の特別の事情により還付することを適当と認めたときは、還付するものとする。

(報告の義務)

第9条 指定管理者は、管理運営内容及び事業報告を毎年度決算終了後60日以内に市長に報告するものとする。また、年度途中において市長から報告を求められた場合は、報告しなければならない。

(委任)

第10条 この条例に定めるもののほか、遊湯館の管理運営に関し必要な事項は、規則で定める。

(施行期日)

1 この条例は、平成17年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の大滝温泉遊湯館設置及び管理に関する条例(平成10年大滝村条例第2号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

(平成21年6月29日条例第27号)

この条例は、公布の日から施行する。

別表(第6条関係)

(平21条例27・一部改正)

区分

利用対象

利用時間

金額

適用

遊湯館利用料金

一般

1日

300円以上

800円以下

中学生以上

小学生

150円以上

400円以下

 

乳幼児

100円以上

200円以下

小学生未満

個室利用料金

10畳

1時間につき

1,000円以上

2,000円以下

 

8畳

1,000円以上

2,000円以下

 

7.5畳

500円以上

2,000円以下

 

備考

1 身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)に基づく3級以上の障害者又は知的障害者福祉法(昭和35年法律第37号)に基づく療育手帳制度要綱に規定するA以上の者が利用するときは、遊湯館利用料金は100分の50に相当する額以内の減額又は免除することができる。

2 遊湯館利用料金と個室利用料金は別とする。

秩父市大滝温泉遊湯館条例

平成17年4月1日 条例第224号

(平成21年6月29日施行)