○知多中部広域事務組合財産及び物件等に関する条例

昭和49年4月1日

条例第4号

(趣旨)

第1条 この条例は、組合の所有する土地、建物(付属施設を含む。以下「建物等」という。)及び物品(以下「組合財産」という。)並びに組合市町から貸与を受けた土地、建物等及び物品(以下「借受物件」という。)について必要な事項を定めるものとする。

(保全及び維持管理)

第2条 管理者は、組合財産及び借受物件の保全につとめ、十分な維持管理をするものとする。

(処分の禁止等)

第3条 管理者は、借受物件を処分し、又は売却することはできない。ただし、使用に耐えない物品については、貸与を受けている組合市町長の承認を得て処分をすることができる。

(契約)

第4条 管理者は、土地、建物等及び物品の貸与を受けようとするときは、有償、無償又は返還の条件等を明らかにした契約により行うものとする。

(委任)

第5条 この条例の施行について必要な事項は、管理者が定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

知多中部広域事務組合財産及び物件等に関する条例

昭和49年4月1日 条例第4号

(昭和49年4月1日施行)

体系情報
第6編
沿革情報
昭和49年4月1日 条例第4号