○長生村おめでとう赤ちやんプレゼント事業実施要綱

平成29年3月13日

告示第6号

(趣旨)

第1条 この要綱は、出生した子の健やかな成長を願い、長生村(以下「村」という。)に居住する保護者の出産に祝意として、子育てに係る商品券を支給することに関し必要な事項を定めるものとする。

(受給資格)

第2条 商品券の支給を受けることができる者は、子の出生日において住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)の規定に基づき村の住民基本台帳に記録されている者で、平成29年4月1日以降に出生した子を現に養育しているもの(ただし、出生した子が村の住民基本台帳に記録されない場合を除く。)とする。

(商品券)

第3条 商品券の種類については、村が選定したものとする。

2 商品券の額は、出生した子一人につき次に掲げる額とする。ただし、第2子以降の子の数え方については、その子と同一の世帯で養育している兄又は姉に38万円を超える年間所得がある場合は、子の数に含めないものとする。

(1) 第1子及び第2子 1万円

(2) 第3子以降 2万円

(支給の申請)

第4条 商品券の支給を受けようとする者は、子が出生した日から3か月以内に、長生村おめでとう赤ちやんプレゼント事業商品券支給申請書(別記第1号様式)を村長に提出するものとする。

(支給の決定等)

第5条 村長は、前条の規定による申請があつた場合は、速やかに支給の可否を決定し、支給することが適当と認めるときは、その対象となる者に対し、商品券を支給する。

(受給資格の喪失)

第6条 商品券の支給を受けようとする者が、第4条に規定する申請をする日までに当該出生した子が村内に住所を有しなくなつたとき又は同条に規定する申請をしないで出生の日から3か月を経過したときは、商品券の受給資格を失う。

(商品券の返還)

第7条 村長は、虚偽の申請その他不正な手段により、商品券が支給されている者がいるときは、商品券の全部又は当該商品券の額面金額と同等の額の返還を命ずることができる。

2 前項の規定による商品券の返還命令については、長生村おめでとう赤ちやんプレゼント事業商品券返還命令書(別記第2号様式)により受給者に通知するものとし、当該通知を受けた受給者は、村長が定める期限までに返還しなければならない。

(支給台帳)

第8条 村長は、長生村おめでとう赤ちやんプレゼント事業商品券支給台帳(別記第3号様式)を備え付け、必要事項を記録するものとする。

(その他)

第9条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、村長が別に定める。

この告示は、平成29年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

長生村おめでとう赤ちやんプレゼント事業実施要綱

平成29年3月13日 告示第6号

(平成29年4月1日施行)