○長生村通学定期購入費補助金交付要綱

令和5年3月17日

教委告示第3号

(目的)

第1条 この要綱は、鉄道等を利用して、長生村から通学する大学生等に対して、長生村通学定期購入費補助金(以下「補助金」という。)を支給することにより、大学生等及びその保護者の経済的負担の軽減を図ることを目的とする。

(定義)

第2条 この要綱において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 通学 大学生等が、居住場所(長生村の区域内に所在するものに限る。)と大学等との間の往復を、合理的な経路及び方法により行うこと。

(2) 通学定期券 通学のため交通機関を利用する大学生等が使用する定期乗車券をいう。

(3) 大学等 次に掲げる教育施設をいう。

 学校教育法(昭和22年法律第26号)に規定する大学、短期大学、専修学校、高等専門学校、高等学校及び特別支援学校をいう。

 に準じて村長が特に必要と認める教育施設

(4) 大学生等 次に掲げる者をいう。

 大学等に在籍する学生であつて、16歳に達する日以前の最初の4月2日から24歳に達する日以後の最初の4月1日までの間にあるもの

 その他村長が特に必要と認める者

(5) 保護者 次に掲げる者をいう。

 

 その他村長が特に必要と認める者

(補助対象者)

第3条 補助金の交付の対象となる者は、次の各号のいずれにも該当する者とする。

(1) 村内に住所を有する者

(2) 通学定期券を利用して通学する大学生等又はその保護者

(3) 有効期間が補助年度に属する通学定期を購入した者

(4) 申請者を含む同一世帯員に村税の滞納がない者。(現年度分は、除く。)

(補助対象経費)

第4条 補助金の対象となる経費は、大学等の正規の修業年限の期間内において、通学定期券に要する経費その他通学に要する経費であると村長が認めるものとする。

(補助金の額)

第5条 補助金の額は、定期券の購入額の2分の1以内とする。ただし、100円未満の端数があるときはこれを切り捨てた額とし、その額が5万円を超えるときは5万円とする。

(補助金の交付申請及び請求)

第6条 補助金の交付を受けようとする者は、長生村通学定期購入費補助金交付申請書兼請求書(別記第1号様式)を村長に提出するものとする。

2 前項の申請は、当該年度の9月末日又は3月末日までに行うものとする。

(補助金の交付決定通知)

第7条 村長は、前条の補助金交付申請書の提出を受けたときは、その内容を審査し、適当であると認めるときは、長生村通学定期購入費補助金交付決定通知書(別記第2号様式)により、当該申請者に通知するものとする。

(補助金の変更申請)

第8条 補助金の交付決定を受けた者(以下、「交付決定者」という。)が、申請内容に変更が生じたときは、速やかに長生村通学定期購入費補助金変更交付申請書(別記第3号様式)を村長に提出するものとする。

2 前項の変更申請の提出があつたときは、村長は、速やかに審査し、長生村通学定期購入費補助金変更交付決定通知書(別記第4号様式)を当該申請者に交付するものとする。

(補助金の取消し等)

第9条 村長は次の各号のいずれかに該当するときは交付決定者に対し、補助金の交付決定を取り消し、補助金の全部又は一部を返還させることができる。

(1) この要綱の規定に違反したとき。

(2) 虚偽の申請により補助金の交付を受けたとき。

(3) 定期券購入後に払戻しをしたとき。

(4) 前3号に掲げるもののほか、村長が不適切と認めたとき。

2 前項の規定により交付決定の取消しを受けた者は、20日以内に補助金を返納しなければならない。

(その他)

第10条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、村長が別に定める。

この告示は、令和5年4月1日から施行する。

(令和5年7月21日教委告示第5号)

この告示は、公布の日から施行する。

(令和6年3月15日教委告示第4号)

この告示は、令和6年4月1日から施行する。

画像画像

画像

画像

画像

長生村通学定期購入費補助金交付要綱

令和5年3月17日 教育委員会告示第3号

(令和6年4月1日施行)