○職員の宿日直手当に関する規則

昭和47年4月1日

規則第11号

(趣旨)

第1条 この規則は、職員の給与に関する条例(昭和47年中部上北広域事業組合条例第17号。以下「条例」という。)第17条第1項及び第27条の規定に基づき、職員の宿日直手当に関し必要な事項を定めるものとする。

(昭57規則1・一部改正)

(宿直勤務及び日直勤務)

第2条 宿直勤務又は日直勤務とは、正規の勤務時間以外の時間、職員の勤務時間、休暇等に関する条例(平成7年中部上北広域事業組合条例第3号)第9条に規定する日並びに管理者が指定する日において、本来の勤務に従事しないで行う庁舎、設備、備品、書類等の保全、外部との連絡、文書の収受及び発送並びに庁内の監視等を目的とする勤務(病院事業所に勤務する医療職給料表(1)を受ける職員及び看護師等にあっては、医療業務をいう。)をいう。

2 条例第17条第1項の規則で定める管理又は監督の業務を行う宿直勤務とは、前項に規定する勤務で、病院事業所において、総看護師長、看護師長及び主任看護師が行う宿直勤務とし、その他特殊な業務を主として行う宿直勤務とは、前段以外の病院事業所において行う宿直勤務とする。

(昭57規則1・昭58規則4・平5規則5・平12規則6・平14規則7・一部改正)

(宿日直手当の額)

第3条 宿日直手当の額は、次の各号に掲げる額とする。

(1) 前条第1項の勤務1回につき、次の区分による額とする。

 医療職給料表(1)の適用を受ける職員 35,000円(執務が行われる時間が執務が通常行われる日の執務時間の2分の1に相当する時間である日に退庁時から引き続いて行われる宿直勤務にあっては、52,500円)。ただし、勤務時間が5時間以下の場合は、17,500円

 その他職員 4,400円(執務が行われる時間が執務が通常行われる日の執務時間の2分の1に相当する時間である日に退庁時から引き続いて行われる宿直勤務にあっては、6,600円)。ただし、勤務時間が5時間以下の場合は、2,200円

(2) 前条第2項前段の勤務については、その勤務1回につき、7,400円(執務が行われる時間が執務が通常行われる日の執務時間の2分の1に相当する時間である日に退庁時から引き続いて行われる宿直勤務にあっては、11,100円)。ただし、勤務時間が5時間以下の場合は、3,700円とし、同項後段の勤務については、その勤務1回につき、6,100円(執務が行われる時間が執務が通常行われる日の執務時間の2分の1に相当する時間である日に退庁時から引き続いて行われる宿直勤務にあっては、9,150円とし、勤務時間が5時間以下の場合は、3,050円)

(昭57規則1・全改、昭62規則1・平3規則16・平4規則15・平5規則5・平6規則14・平8規則2・平9規則2・平10規則6・平11規則6・平12規則6・平20規則6・平30規則9・一部改正)

(宿日直勤務命令)

第4条 宿直勤務又は日直勤務の命令は、別に定めるところにより、任命権者が行う。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和48年規則第1号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和49年規則第7号)

この規則は、公布の日から施行し、昭和49年9月1日から適用する。

附 則(昭和51年規則第7号)

この規則は、公布の日から施行し、昭和51年4月1日から適用する。

附 則(昭和52年規則第5号)

この規則は、公布の日から施行し、昭和52年4月1日から適用する。

附 則(昭和57年規則第1号)

この規則は、公布の日から施行し、昭和56年9月1日から適用する。

附 則(昭和58年規則第4号)

この規則は、昭和58年4月1日から施行する。

附 則(昭和62年規則第1号)

この規則は、公布の日から施行し昭和62年1月1日から適用する。

附 則(平成3年規則第16号)

この規則は、平成4年1月1日から施行する。

附 則(平成4年規則第15号)

この規則は、平成5年1月1日から施行する。

附 則(平成5年規則第5号)

この規則は、平成5年4月1日から施行する。

附 則(平成6年規則第14号)

この規則は、平成7年1月1日から施行する。

附 則(平成8年規則第2号)

この規則は、公布の日から施行し、平成8年1月1日から適用する。

附 則(平成9年規則第2号)

この規則は、公布の日から施行し、平成9年1月1日から適用する。

附 則(平成10年規則第6号)

この規則は、公布の日から施行し、平成10年1月1日から適用する。

附 則(平成11年規則第6号)

この規則は、公布の日から施行し、改正後の職員の宿日直手当に関する規則の規定は、平成11年1月1日から適用する。

附 則(平成12年規則第6号)

この規則は、公布の日から施行し、改正後の職員の宿日直手当に関する規則の規定は、平成12年1月1日から適用する。

附 則(平成14年規則第7号)

この規則は、平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成20年規則第6号)

この規則は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成30年規則第9号)

この規則は、公布の日から施行し、平成30年4月1日から適用する。

職員の宿日直手当に関する規則

昭和47年4月1日 規則第11号

(平成30年12月25日施行)

体系情報
中部上北広域事業組合/第5編 与/第2章 給料・手当等
沿革情報
昭和47年4月1日 規則第11号
昭和48年9月1日 規則第1号
昭和49年12月25日 規則第7号
昭和51年11月29日 規則第7号
昭和52年4月11日 規則第5号
昭和57年3月18日 規則第1号
昭和58年3月18日 規則第4号
昭和62年1月14日 規則第1号
平成3年12月26日 規則第16号
平成4年12月24日 規則第15号
平成5年3月15日 規則第5号
平成6年12月26日 規則第14号
平成8年1月26日 規則第2号
平成9年2月21日 規則第2号
平成10年2月13日 規則第6号
平成11年3月2日 規則第6号
平成12年2月1日 規則第6号
平成14年3月15日 規則第7号
平成20年2月26日 規則第6号
平成30年12月25日 規則第9号