○中部上北広域事業組合分担金徴収条例

平成5年3月15日

条例第4号

(趣旨)

第1条 この条例は、中部上北広域事業組合規約(昭和47年許可青森県知事指令第1983号。)第17条の規定に基づき、同規約第2条に規定する町(以下「関係町」という。)の中部上北広域事業組合(以下「組合」という。)の経費の分担金(以下「分担金」という。)の徴収について必要な事項を定めるものとする。

(平17条例2・一部改正)

(分担金の納入)

第2条 関係町は、分担金を納入しなければならない。

(平17条例2・一部改正)

(分担金の算出)

第3条 前条に規定する分担金は、次の各号に掲げる額を合算した額とする。

(1) 組合の運営に要する総経費(次号に掲げるものを除く。)は、人口割、均等割、入所者割、利用割、収集割、投入量割、世帯数割、面積割等を基礎として分担区分表を作成し、これに基づき算出した関係町の負担することとなる割合で積算して得た額

(2) 特定の費用について、管理者が関係町長と協議し、一部の関係町がその費用を負担することを適当と認め、当該関係町が負担することとなる額

(平17条例2・一部改正)

(分担加算金)

第4条 前条に規定する分担金で、当該年度途中においてなお不測の費用負担が生じた場合その分担金の加算額は、管理者が関係町長と協議して定めるものとする。

(平17条例2・一部改正)

(分担金の納入方法)

第5条 分担金の納入方法は、当該年度分担金を次の各期に区分し、納入通知書により組合に納入するものとする。ただし、各期の納期により難いときは、この限りでない。

期別

納期

納入額

第1期

4月

分担金総額の10分の1

第2期

5月

分担金総額の10分の1

第3期

6月

分担金総額の10分の1

第4期

7月

分担金総額の10分の1

第5期

8月

分担金総額の10分の1

第6期

9月

分担金総額の10分の1

第7期

10月

分担金総額の10分の1

第8期

11月

分担金総額の10分の1

第9期

12月

分担金総額の10分の1

第10期

1月

分担金総額の10分の1

年度途中における不測の経費負担

随時

関係町長が協議して定めた額

注 1,000円未満の端数が生じた場合は、第1期分に加算し、調整する。

(平17条例2・令2条例3・一部改正)

(委任)

第6条 この条例の施行に関し必要な事項は、管理者が別に定める。

附 則

この条例は、平成5年4月1日から施行する。

附 則(平成17年条例第2号)

この条例は、平成17年3月31日から施行する。

附 則(令和2年条例第3号)

この条例は、公布の日から施行し、令和2年1月1日から適用する。

中部上北広域事業組合分担金徴収条例

平成5年3月15日 条例第4号

(令和2年3月13日施行)

体系情報
中部上北広域事業組合/第6編 務/第1章 財産・契約
沿革情報
平成5年3月15日 条例第4号
平成17年2月10日 条例第2号
令和2年3月13日 条例第3号