○公立七戸病院使用料及び手数料徴収条例施行規則

昭和54年2月27日

規則第3号

(趣旨)

第1条 この規則は、公立七戸病院使用料及び手数料徴収条例(平成6年中部上北広域事業組合条例第11号。以下「条例」という。)の施行について必要な事項を定めるものとする。

(点数表の採用)

第2条 条例第2条第2項の規定による使用料及び手数料は、別表に掲げるとおりとする。

2 前項に規定する使用料及び手数料のほか、徴収すべき事項が生じたときは、院長の申出により管理者が別に定めるものとする。

(昭55規則10・昭58規則1・平4規則3・平6規則9・平6規則12・一部改正)

(その他の者の使用料及び手数料)

第3条 老人保健及び社会保険等によらない者の使用料及び手数料は、この規則に定めるものを除くほか、前条第1項に規定する診療報酬点数表等の点数に慣行の1点単価を乗じて得た額とする。ただし、次項第4号及び第5号の場合にあっては、同表の点数に慣行の1点単価及び消費税法(昭和63年法律第108号)第29条及び地方税法(昭和25年法律第226号)第72条の83に規定する税率(以下「消費税」という。)を乗じて得た額とする。この場合において、1円未満の端数が生じたときは、その端数金額を四捨五入するものとする。

2 前項の慣行の1点単価は、次の各号による。ただし、診療報酬点数表等に定めのないものは、別表に定める額に消費税を乗じて得た額とする。この場合において、1円未満の端数が生じたとき、その端数金額を四捨五入するものとする。

(1) 自動車損害賠償保障法(昭和30年法律第97号)による交通事故に係る自由診療 20円

(2) 地方公務員災害補償法(昭和42年法律第121号)又は国家公務員災害補償法(昭和26年法律第191号)に基づく診療 10円

(3) 労働者災害補償法(昭和22年法律第50号)に基づく診療 青森県労働基準局の労災診療費算定基準により算定した額

(4) 契約に基づく診療 10円以上20円以下で当該契約書に定める額

(5) 前各号以外の自由診療 10円

(平4規則3・全改、平6規則9・平6規則12・平9規則4・平10規則2・一部改正)

(使用料及び手数料の減免)

第4条 条例第4条の規定による使用料及び手数料の減額又は免除は、次の各号のいずれかに該当する者についてすることができる。

(1) 使用料及び手数料を納付する資力がないと認められる者

(2) 学術研究上必要と認められる疾病患者

(3) その他管理者が減額し、免除することを適当と認めた者

(平6規則12・一部改正)

(同業医の利用)

第5条 七戸町及び東北町に在住する医業を行うものが、公立七戸病院の施設を利用するため監視、検査、エックス線診断及びその他の診療を委託したときは、所定の料金をもって依託使用料とすることができる。

2 前項の手続方法等は、院長が別に定め、管理者の承認を受けるものとする。

(平17規則8・一部改正)

(委任)

第6条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、管理者の承認を得て院長が別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和55年規則第10号)

この規則は、公布の日から施行し、昭和55年1月1日から適用する。

附 則(昭和58年規則第1号)

この規則は、昭和58年2月1日から施行する。

附 則(昭和59年規則第11号)

この規則は、昭和59年5月1日から施行する。

附 則(昭和62年規則第8号)

この規則は、昭和62年7月1日から施行する。

附 則(平成元年規則第5号)

この規則は、平成元年4月1日から施行する。

附 則(平成3年規則第11号)

この規則は、公布の日から施行し、平成3年10月1日から適用する。

附 則(平成4年規則第3号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成5年規則第11号)

この規則は、平成5年4月1日から施行する。

附 則(平成6年規則第9号)

この規則は、公布の日から施行し、平成6年4月1日から適用する。

附 則(平成6年規則第12号)

この規則は、公布に日から施行する。

附 則(平成9年規則第4号)

この規則は、平成9年4月1日から施行する。

附 則(平成10年規則第2号)

この規則は、平成10年4月1日から施行する。

附 則(平成11年規則第8号)

この規則は、平成11年4月1日から施行する。

附 則(平成17年規則第8号)

この規則は、平成17年3月31日から施行する。

附 則(平成18年規則第4号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成21年規則第11号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成24年規則第6号)

この規則は、平成24年8月1日から施行する。

附 則(平成26年規則第2号)

この規則は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(令和元年規則第22号)

この規則は、公布の日から施行し、令和元年10月1日から適用する。

別表(第2条関係)

(令元規則22・全改)

点数表によらないもの及び定めのないものの料金表

種別

区分

料金

備考

消費税

入院室使用料

特室A

1日につき 5,500円

各室の等級については、室の構造、設備等を勘案して管理者が定める。

500円

特室B

1日につき 3,300円

300円

個室

1日につき 2,200円

200円

文書手数料

診断書

一般診断書(死体検案書を含む。)

1件につき 2,200円

内容が特に複雑でその作成に長時間を要するものについては、11,000円を超えない範囲内で院長が別に定めることができる。

200円

健康診断書

1件につき 2,200円

200円

生命保険診断書

1件につき 5,500円

500円

自動車損害保険法診断書

1件につき 5,500円

500円

身体障害者診断書

1件につき 11,000円

1,000円

各種年金障害診断書

1件につき 5,500円

500円

証明書

普通のもの

1件につき 1,100円


100円

複雑のもの

1件につき 2,200円

200円

死体検案料


1件につき 5,500円


500円

死体処置料


1件につき 5,500円

感染症及び特殊なものについては、1件につき11,000円を超えない範囲内で院長が別に定めることができる。

500円

備考 本表に定める以外の使用料については、それぞれに類推して院長が別に定めるものとする。

公立七戸病院使用料及び手数料徴収条例施行規則

昭和54年2月27日 規則第3号

(令和元年12月13日施行)

体系情報
中部上北広域事業組合/第6編 務/第2章 使用料・手数料
沿革情報
昭和54年2月27日 規則第3号
昭和55年12月26日 規則第10号
昭和58年1月31日 規則第1号
昭和59年4月23日 規則第11号
昭和62年6月29日 規則第8号
平成元年3月20日 規則第5号
平成3年12月6日 規則第11号
平成4年4月1日 規則第3号
平成5年3月15日 規則第11号
平成6年4月6日 規則第9号
平成6年10月1日 規則第12号
平成9年3月31日 規則第4号
平成10年2月13日 規則第2号
平成11年3月2日 規則第8号
平成17年2月10日 規則第8号
平成18年2月10日 規則第4号
平成21年11月30日 規則第11号
平成24年7月20日 規則第6号
平成26年2月26日 規則第2号
令和元年12月13日 規則第22号